カンボジア国旗

シェムリアップ


Button to english Versionto Englishi Version

Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

アンコール・トム南大門

南大門

観光バスも通れる、高さ20mの巨大な南大門

 アンコール・ワットから北へ1キロ半行くと、頂上に4面仏を戴いたアンコール・トムの大門に達します。最初にこの門を見た時はその異様さに、「ギョッ!」としたものです。『12世紀末、チャンパ(現ベトナム)軍に荒らされた都再建のため、ジャヤヴァルマン7世が作り上げた、一辺3キロの城塞都市"アンコール(都)・トム(大きな)"』。延長12キロの城壁には合計5ヶ所の大門が築かれ、アンコール・ワットからの道を南に迎えるこの南大門はいつも観光客で賑わっています。



南大門欄干

橋の欄干、モチーフは乳海攪拌
バイヨンの南大門風

ミニ・アンコール・ワットの入り口

 お堀(今はほとんど干上がっていますが)に架けられた橋の両サイドには、巨人が並び大蛇の胴体を抱えています。このモチーフはあの有名な乳海攪拌でしょうか。するとこの綱引きの支点は、アンコール・トムの中心にあるバイヨン? プノンペン近郊にある通称ミニ・アンコール・ワットの入り口は、この南大門にソックリでした。比べてみてね。


Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

バイヨン

バイヨン

岩峰のようなバイヨン。第一回廊に人が群れているのが判ります。

 南大門からしばらく走ると正面に、今まで見たこともないような荒々しい形状、岩山のようにゴツゴツとした建造物が見えてきました。『チャンパ軍から祖国を奪回したジャヤヴァルマン7世が、永遠の平和を願って建立した』、アンコール・トムの中心(実際、各門からも1.5キロの距離に位置してます)"バイヨン"寺院です。



観世音菩薩像

クメールの微笑み : 観世音菩薩像

 第二回廊まで来ると上の仏面がチラチラと望めて気もそぞろ。いそいそと登ってはきましたが、この上部テラスをどう表現したら良いのでしょう。観世音菩薩を信仰した王がその尊顔を、中央祠堂は勿論のこと周囲の小塔の上にも4面仏として刻んだ。どこを歩いてもどちらを向いても、巨大な(お顔の長さ1.75〜2.40m)菩薩像の微笑みに囲まれてしまうのですから、何とも贅沢でミステリアス。仏の慈悲に思いを寄せる、王の篤い気持ちが伝わってくるような空間でした。


Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

回廊ギャラリー

バイヨン第一回廊

上部天井が失われ、明るく暑いバイヨン第一回廊

 東にあるバイヨンの入り口から第一回廊に入りました。外壁のように見えますが、それは天井が崩れてなくなっているため。こちらの浮き彫りにも、ラーマーヤナ物語やアプサラなどアンコール・ワットと同じ主題のものもありますが、特筆すべきは庶民の生活が彫られていること。市場、闘鶏、出産、建築、料理、と当時の生活が垣間見られて楽しいですよ。



闘鶏シーン

闘鶏シーン
向かって右は中国人だとか
バイヨンの浮き彫り

料理シーン
ブタを大鍋に入れるところです



行軍中の象

行軍中する象のレリーフ
当時の"戦車"と言えそうです
バイヨン前の象乗り場

現代の象(観光用)
奥に見えているのがバイヨン

アンコール・ワットと比べると全体的に粗いのですが、彫りが深いためか力強さを感じます



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

王宮周辺

象のテラス

象のテラス、階段部分

 バイヨンを通り越し右手に休憩所が並ぶ、まるで公園のような芝生の広場で車は止まりました。左手はかつて王宮が有った場所で、長く延びる"象のテラス"が印象的です。当時王宮や人々の住まいは木造だったため総て失われ、今はピラミッド形寺院の"ピミアナカス(天上の宮殿の意)"や男池・女池が点在するだけです。



 そのうち不思議な建造物、両サイドに浮き彫りがある通路がワナのように口を開けている、の前に出ました。途中で曲がっているので見通しがきかず、高さも6mはあるので狭い通路に入るとまるで迷路。壁面に何段にもわたって彫られた、女神やアシュラ、ナーガの姿は壮観で、なんで以前来た時に気付かなかったの不思議です。時にはガイド同伴もありがたいですね。

ライ王(レプリカ)が見守る城都

ライ王(レプリカ)が見守る、城都アンコール・トム
象のテラス越しにバイヨンまで見渡せます(うっすら見えていますよ)。

 そこを出ますと癩(ライ)王のテラス、これで王宮を一周したことになります。彼は性器が表現されていないため、癩病を患った王として名づけられたそうですが、異説が多くまだ定まっていないようです。ちなみに彼の本物は、プノンペンの国立博物館で見られます。



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

プノン・バケン

プノン・バケン登山道

この急坂を登ります。下にバスが小さく見えているの、わかりますか。

 夕陽見学、と言ったらまずプノン・バケン。アンコール・ワットとバイヨンの中間点と言う立地の良さからか、ツァー客が来るのはほとんどここでしょう。個人的には、トンレサップに沈む幻想的な夕陽が見られるプノン・クロムが好きですが、町から遠いですからね。



 『ロリュウスで即位したヤショヴァルマン1世(889〜915年:ロレイ建立)は、須弥山(メール山)に見立てたこの山の上に"プノン・バケン"を建て、それを中心に自分の王都"ヤショダラプラ(ヤショヴァルマンの都:第一次アンコール王朝を)"建設した。』

プノン・バケン

西バライ(貯水池)に沈む夕陽 : プノン・バケン

 当時カンボジアの王権は世襲ではなく実力主義。『勝ち取った王位の正当性を示すため新王は、神の世界を具現する、自分独自の王都を築かなければならなかった』とは大変ですね。民衆を納得させるために「前王より大きく立派な寺院を」と王達が励んだ結果が、この地に点在する遺跡群や今も目を楽しませてくれる浮き彫り達、と言うことになります。

 王達の、栄華と苦労を思いながらこの落日を眺めるのもまた一興。



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ


タ・プロムへ



カンボジア

「カンボジア編」に戻る
日本編

「日本編」に戻る
海外編

「海外編」に戻る

Valid HTML 4.01 Transitional