カンボジア国旗

プノンペン


Button to English Versionto English Version

Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

プノンペンと王宮

 『15世紀半ば、王都アンコールがアユタヤ王朝(タイ)に占領されると、都を交易にも有利なプノンペンに移した。しかしその後、強力な隣国ベトナム・タイに対抗する王が出ないまま、数百年の間に何度か都を移すことになる。1863年、カンボジアはフランスの保護領となり、1866年、当時の首都ウドンからプノンペンへと遷都された』。

 フランスの都市計画により街が作られたので、往時は"東洋のパリ"と呼ばれるほど美しく、かつ繁栄していたのだとか。古き良き時代のプノンペン、見てみたかったですね。

王宮

バイヨンを思わす、仏頭を戴いた「即位殿」が印象的な王宮

 ところが1975年、この国は悪夢に襲われます。ポル・ポト軍による首都占拠、そして知識層の大量虐殺・・・。数年後、クメール・ルージュの手からカンボジアを取り戻してから、和平への長い道のりを人々は歩いてきました。私が最初に訪問した1996年当時、荒れ果てた街の様子にショックを受けたものでしたが、各国の援助もあって今は(外観上は)平和そのものです。

 でもその影で、貧富の差は確実に広がっていますし、売春やエイズ、麻薬の問題も抱えています。2003年1月末、タイ女優の発言に端を発したタイ大使館焼き討ち事件は、かつて隣国から受けた深い傷がまだ癒えていないことを物語っています。最大の援助国日本の一国民としましても、この国の未来は気にかかることです。



きらびやかな王族の衣装

きらびやかな王族の衣装
 王宮の中心的な建物、巨大な即位殿は塔の上にバイヨン風の仏頭を戴き、ここが特別な領域であることを周囲に主張しているようです。

 中庭を挟んで即位殿と向き合うように建てられているのが「ナポレオン三世の館」。三世の夫人からの贈答品、と言う建物の外観は、お菓子細工のように可愛らしい。

 内部は資料館になっていて、王族の歴史や写真、彼らが着用した衣装などが並べられています。

 2階のベランダから、装飾アーチ越しに眺める即位殿やお隣のシルバーパゴダ、エキゾチックで絵になりますよ。




Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

シルバー・パゴダ

 王宮の南隣には100年程前に建立された王立の寺院、通称”シルバー・パゴダ"があります。正式名称は"エメラルド寺院"、お隣のタイラオス同様、エメラルド仏を本尊として祀ったお寺です。

シルバー・パゴダ

銀のタイルが敷き詰められているので、"シルバー・パゴダ"

 通称の由来は、床に敷き詰められた銀のタイル。総数5000枚以上(20cm角で1kgの銀板が!です)、と言う豪華さですが、堂内は一面絨毯に覆われていて「銀を踏みしめて歩いている」と言う"有り難い"感じはいたしません。一部銀の床を見せている場所がありますので、そこで納得してください。ちなみに、堂内は撮影禁止です。



 他の見どころは境内の回廊に描かれた「ラーマーヤマ」物語。建立年が新しいのに傷みが目に付くのは、長く続いた内乱のためなのでしょう。カンボジアの文化財保護、と言いますとアンコール遺跡群が中心ですが、こういった場所にも援助の手を入れて欲しいですね。

回廊壁画

シルバー・パゴダ回廊壁画

 内容は良く判りませんが、ちょっと気になったのが"巨人が橋になって一行を助ける"このシーン。以前タイでも、同様の図柄を見たのを思い出しました。他にも意外な発見があり、物語を知らなくとも充分楽しめます。街の喧騒から逃れたい時などにはうってつけ、かな?


Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

国立博物館

 一度外に出まして、今度は王宮の北隣にある国立博物館に向かいます。遠くからでもパッと目に飛び込んでくる、赤い建物は優美で印象的。以前はチケット売り場に近づくと、ワッと物乞いさん達に取り囲まれ、ちょっと興ざめしたものでしたが、最近はその辺も解消され一国の博物館としての体面も整ってきたようです。

博物館中庭

4つの池を擁した、博物館中庭

 ここにはクメール芸術の粋が集められています。彼らがどんな世界観を持ち、何を崇拝しどう祀ったか、アンコール遺跡群を訪問予定の方、既に見学された方共々、こちらもお忘れなく。横たわるビシュヌ神の胸像、現地にはレプリカが置かれている"ライ王"像の本物、そしてジャヤヴァルマン7世の坐像。この3つだけでも、見に来る価値はあると思いますよ。



博物館入館案内

博物館入館案内
 館内はカメラ類持込禁止、入り口でカメラや大きな荷物は預けることになります。第一展示室は装身具などの小物中心で、彫像などは左手の展示室から館内を時計回りに、年代順に並べられています。

 中で私が一番好きなのは、バイヨンを建てたジャヤヴァルマン7世の坐像。

 両手は失われていますが、深い瞑想に入っているその姿は、周辺に安らかな静けさを漂よわせています。仏像ではないのですが、前に立つと自然に手を合わせたくなってしまう、そんな雰囲気を持っている像です。




 7年前に最初に訪れた時、薄暗い館内は鳥の糞の匂いが漂い、ガラスケースも破損や汚れが目立ちました。その荒廃した有様に鑑賞すると言うより「これで収蔵品は大丈夫なの?」と心配の方が先に立ったものです。その後何度か通ううち匂いも薄れ、館内が穏やかな雰囲気に変わってきたのが判りました。

 アフガンの博物館が壊滅的打撃を受けた事でもわかるよう、博物館はその国の状態を表すバロメーターのようなもの、政情が安定しないと人は生きるのに必死で、文化財を守る余裕なんて生まれませんものね。きな臭いこんな世の中ですから、「世界が平和でありますように」と祈らずにはいられません。



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

キャピタル・ホテル

キャピタル・ホテル

 バックパッカー馴染みの、キャピタル・ホテル。最近は旅行代理店並みにツァーにも力を入れているようです。各方面への移動はいくらぐらいかかるのか、効率的にプノンペンを見て回るには等など、ここのパンフレットから一部ご紹介しますので、旅行計画の参考にして下さいね。



チケット

行き先
出発時間
料金
シェムリアップ(バス)
6:45AM
5ドル
シェムリアップ(高速船)
6:30AM
22ドル
シアヌークビル
7:15AM / 12:30PM
2.5ドル
サイゴン(ベトナム)
6:45AM
6ドル

フロント

ここで紹介した情報は、2003年1月現在のものです。



主な1日ツァー

行き先
出発時間
料金
市内観光(王宮、キリング・フィールド、市場等)
8:30 (8:45)AM
6ドル (3ドル)
プノン・チソー(トンレ・バティ、タ・プロム)
8:30 (9:00)AM
8ドル (5ドル)
ウドン
9:00AM
6ドル(3ドル)
メコン・ヴィレッジ(メコン・アイランドと織物の里)
8:00AM
10USD

 1日ツァーはガイド、昼食、入場料込み。括弧内はガイドなしの出発時間と料金です。



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ


プノンペン編の続きへ



カンボジア国旗

「カンボジア編」に戻る
日本編

「日本編」に戻る
海外編

「海外編」に戻る

Valid HTML 4.01 Transitional