カンボジア国旗

ラタナキリ


Button to english Versionto Englishi Version

Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

象トレッキング

1日目 : 決定から1時間後、まずは「滝見物」とバイクで象のいる村へと向かいましたが、どこにもその姿は見えません。手配をしたばかりなので、「今こちらに向かっているところ」だそうです。象の到着まで30分、豚と鶏がやたら元気に走り回っている、平和な部落の見学をしていました。

象トレッキング

この象に乗って、カティエング滝までトレッキングです



象の背中からの眺め


 象の背は「高い!」。目線がグンと上がり視界が開け、それだけで偉くなったような気分になってしまいます。でもこの象さん、お腹がすいていたのか文字通り、「道草ばかり食う」のです。その都度怒られながら、右に行ったり左に行ったり。言葉がわかれば象使いに「ゆっくり食べさせてあげて」と言いたかったのですが、彼も私も片言のカンボジア語ですからこれは無理な話でした。

象の背中からの眺め

最初は道路を通り
ゴム園を通過

やがてゴム園の中に入り
小川を渡る

最後に小川を渡りました

 しばらく車道を歩いた後、左の森の中にズシンズシンと入っていきました。雑木林かと思っていましたが、ここはゴム園。刻みを付けられた木々の下には、樹液を受けるための容器が置かれ、森の忍者か妖精のように、働く人々の影が視界に見え隠れしています。やがて小川を渡るとトレッキングも終わり、カティエング滝に着いたのです。



注 : バイク・チャーター料は、英語の話せるガイド兼ドライバー付きで1日15ドル、半日なら10ドル。 四駆車(悪路のため普通車は無理)チャーターは1日35ドル、但しドライバーは英語が話せない事が多いので、英語ガイド料は別途必要。尚、象への支払いは前金で15ドル(1時間10ドルの計算)でした。


Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

Ka Tieng(カティエング)滝

 座板の上で1時間余り前後左右に揺られていたので、お尻と背中の一部がヒリヒリと痛い。「帰りも板の上か」と思っていましたら、小川の手前で先回りしたドライバーが待っていました。帰りがバイクと言うことは、そうあの小川は自力で渡らないといけないのです!

Ka Tieng(カティエング)滝

 他に観光客がいなかったこともあり、動くもの聞こえる音は滝のものだけ。水音に耳を傾けじっと滝を見つめていると、滝つぼに吸い込まれジャングルの一部になってしまいそうな、そんな怖ささえ覚えました。パンフレットには『水浴びも出来ます』と書いてありましたが、もし泳げたとしても私にはこの滝つぼに入る勇気はありません。


Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

Yeak Lom (ヤクロム)湖

 滝の後は町の反対側にある火山湖、ヤクロムに向かいます。町から9キロ、"少数民族のモニュメント"を右折し1キロほど走ると湖の入り口で、入域料は1ドルでした。1995年、湖を含む5,000ヘクタールの地域は保存地区に指定され、訓練を受けたレンジャーが監視の目を光らせているとか。そのおかげでしょう、カンボジアには珍しく散乱する生ごみも見当たらずきれいです。

モニュメント

少数民族のモニュメント
リゾート地のような桟橋

リゾート地のような桟橋

 湖に近づくと最初に目に飛び込んできたのが、水着姿の外国人で賑わうこのデッキ。まるでリゾート地のような雰囲気で、"静かな湖畔"を想像してきた身にはちょっとガッカリ。「奥にもう1つ桟橋がある」とドライバーが言うので、シアヌーク国王の別荘跡の横を通り、薄暗い小道を先へと急ぎます。



釣りをしていた少年

釣りをしていた少年
釣り餌

釣果

釣り餌と釣果
湖のジオラマ

湖周辺のジオラマ

 向かいに少数民族のクラフトショップと展示館のある、この第2桟橋まで来るととても静か。少年達が釣りをしていたので、しばらくその様子を眺めていました。仕掛けは簡単なのにほぼ入れ食い状態、見る見るビニール袋が豊かになっていくのですから、感心してしまいます。但し、この湖で釣りが出来るのは周辺に居住している彼らだけ、観光客には許されていませんからご注意下さい。



ヤクロム湖

第2デッキ付近から見た、静かなヤクロム湖

 ここから湖面を眺めていると、『村人は湖や周囲の森に精霊が住むと信じ、水を汚さず木を切らずこの地域を守ってきた』と言うことが実感できます。自然に対し畏怖の気持ちを抱く、と言うのは世界に誇れるアジアの文化ですよね。自然を制圧し操作しよう、と言う西洋流ではこれからの世界は成り立たなくなります。アジアの人々よ、頑張りましょう!?


Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

2日目


カンボジア

「カンボジア編」に戻る
日本編

「日本編」に戻る
海外編

「海外編」に戻る

Valid HTML 4.01 Transitional