カンボジア国旗

ラタナキリ


Button to english Versionto Englishi Version

Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

廃墟ルンハット

5日目 : 昨日までで目ぼしい場所はほぼ走破しました。バイクと水シャワーと洗濯の毎日にほとほと疲れ果て、今日こそ本当に休みたかったのですが、「1970年代にアメリカ軍の爆撃で廃墟になった、昔の首都を見に行きませんか?」と言われれば、行きたくなるのが人情。後1日我慢すれば、お湯シャワーと洗濯機の生活に戻れるのだから、と自分に言い聞かせ最後の踏ん張りをすることにしました。

標識

標識
バンルン南西の分岐点

バンルン南西の分岐点

 この分岐からルンハットまで31キロ、約1時間の道のりです。プノンペンまでは585キロとなっていますが陸路での直行便はなく、バンロン〜ストゥントレン(車)〜クラチエ(車かボート)〜コンポンチャム(ボート)〜プノンペン(車かボート)と、バス、ピックアップトラック、ボートなどを乗り継ぎ、飛行機なら50分ほどの距離を1泊2日をかけて移動するそうです。



 バンルンから小1時間で前方に寺院の屋根が見えてきました。ルンハットです。でもバイクはここで止まらず、スレポック川に沿った道を奥へ奥へと走っていきます。やがて草むしたロータリーでTraはエンジンを止め、「ここが町の中心。あれが水道塔」と説明を始めました。1,2キロ先には、ポルポト時代に刑務所として使われていた地下室(現在は貯水槽になっていて中は見えません)とか、数軒の廃墟などがありました。ルンハットはかなり大きな町だったようです。

水道塔のみ

都市を偲ばせるものは水道塔のみ 
スレポック川

水位計も設置された、スレポック川

 川沿いに広がった、緑濃くしっとりとしたルンハット。"西部開拓の村"のように埃っぽいバンルンより、よっぽど首都としてふさわしいと感じました。でも、いくら爆撃されたからとはいえ、何故この地を再興しなかったのでしょう。疑問をぶつけると、「毎年この川が氾濫するから」と言う答えが返ってきましたが、とてもそれだけとは思えません。「せっかくの場所をもったいないな」、と言うのが正直な感想です。


Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

村の結婚式

村の結婚式

式場は、村で唯一のレストラン

 ルンハットに見るべきものは、さしてありません。でも幸か不幸か、この日は村のレストランで結婚式をあげていました。幸は、新婚カップルの写真を撮れたこと、不幸は、ここが村で唯一の飲食店のため、昼食を取りそこなってしまったこと、です。

村の結婚式

クメールの民族衣装と
村の結婚式

西洋式のドレスで記念撮影



結婚式に集まった子供達

結婚式に集まった子供達
中国系の方々なのか、ゲートには"結婚"の二文字



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

涅槃仏

 ルンハットは見るものがないので(?)、結婚式を見学したり木陰のサトウキビ・ジュース屋さんでボーッとしたりと、今までで一番ゆっくりできました。帰路につきバンルンが近づくと、「あー、これでラタナキリともお別れなんだ」と徐々にセンチになってきます。

涅槃仏
 帰る前にジャングルの写真が撮りたくて、「見晴らしの良い場所に行きたい」と頼んでみました。すると連れて行ってくれたのが、ワット・ラタナラムの裏山にあるこの涅槃仏。

 そう期待していなかったのですが、他に高い山もないため周囲が良く見渡せます。町の中心からは空港へ行く十字路を直進、少し走った右手です。カラフルな門が見えてきますのですぐわかりますよ。


 頭の方向に見えているのがバンルン・タウン、ですがランドマーク的建物がないので木々に隠れて判りにくい。顔を向けているのがベンサイがあるサン川方面。そして背中側が、2日目に行ったジルコン鉱山七段の滝、そして今日走ってきたルンハット方面、となります。



涅槃仏のある丘

涅槃仏のある丘は良き展望台
こちらは背中側、ジルコン鉱山やルンハット方面が見渡せます

 ガイドさんの勧めるままに、無我夢中でバイクの背にしがみついていた5日間。ここから今まで走り回った大地を眺め、やっと自分がどこにいたのかわかった気持ちになれました。



番外 : 突然ですが、ジルコン鉱山を見学してから記念に宝飾品を買って帰りたくなり、強行軍の合間に町の宝石店を見て歩いていました。研磨に出した原石で指輪を作ってみたのですが、どうしても色(濃い茶色)が気に入らない。

指輪
 町に帰ってから宝石店と細工店の間を行き来して、新しいジルコンを購入、出発までに指輪の石を交換してもらうことにしました。

 翌朝市場に受け取りに行き、その仕上がりに大満足。今度は成功です。




Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

さようなら、ラタナキリ

6日目 : いよいよプノンペンに戻る日です。市場で指輪を受け取り指にはめ、ルンルン気分で空港に向かいました。出発1時間前になり、乗客は徐々に集まってきましたが、飛行機どころか窓口にも人の気配がありません。飛行機のない滑走路はかっこうの通学路。人懐っこい子供たちの写真を撮ったり、他の観光客たちとおしゃべりをして飛行機の到着を待ちました。

プノンペンからの飛行機

赤土を巻き上げ、プノンペンからの飛行機が到着

 11時近くになってやっと職員が現れ、搭乗手続きが始まりました。プノンペンからの飛行機が到着したのはそろそろお昼、と言う時間です。結局この日、飛行機は1時間半ほど遅れての離陸。知人に迎えを頼んでいたので一人でハラハラしていましたが、皆さんは結構この"間"を楽しんでいたようにも見受けられました。正確な時間で運行される方が珍しい、ことなのかもしれませんね。



さようなら、ラタナキリ

 6日前には不安な気持ちで見下ろしたジャングルを、今は「この赤土の道をバイクで走っていのか」と懐かしい気持ちで見つめています。将来この地域には、サファリパーク的観光開発も予定されていると聞きました。ラタナキリを知ってもらう事には賛成ですが、安易なリゾート開発だけはして欲しくないもの。自然が今のまま残りますように、そう祈らずにはおられません。

「さようなら、そしてありがとう、私のラタナキリ!」



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

ラタナキリ編に戻る


カンボジア

「カンボジア編」に戻る
日本編

「日本編」に戻る
海外編

「海外編」に戻る

Valid HTML 4.01 Transitional