中国国旗

中国


Button to English Versionto English Version

Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

上海博物館

5月18日 : 洛陽発 17:42 の夜行列車。翌19日の 11:20 上海着。

 上海では外灘(ワイタン:バンド)の名建築の一つ、東風飯店に泊まりたいと駅から直行しましたのに…、閉まったドアには「建て替えのため閉鎖中」という無情の張り紙。一瞬途方に暮れましたが、やはり宿探しで通りかかった旅行者に、「新城飯店でも同じぐらいの値段で泊まれますよ」と聞きそちらに移動しました。

上海博物館

鼎(かなえ)の様な形状をした、上海博物館

 上海で最初に行ったのは"上海博物館"。1階の古代青銅器室では、"臥薪嘗胆"の主役の一人、呉王夫差の使用したタライ(BC476年ごろ)も展示されていました。

臥薪嘗胆(がしんしょうたん) : 春秋(770〜403 BC)時代、越王勾践(こうせん)に父を殺された呉王夫差(ふさ)が、毎晩薪の上に寝て復讐を誓い会稽でこれを破る。その時勾践が味わった敗者の屈辱を(これが会稽の恥)、苦い胆をなめて忘れまいとし473BC、ついに呉を滅ぼした。

 この故事から、仇をはらそうと長い間苦心・苦労を重ねること。転じて、将来の成功を期して長い間辛苦艱難すること、を指すことわざになりました。




開館時間 : 09:00〜17:00(入館は16:00まで)
土曜日は20:00まで(入館は19:00まで)

入場料 : 20元

音声ガイド : 40元(ただし保証として、パスポートか400元(7000円または50US$)を預ける


Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

古代陶磁器館

 この博物館は広い! 特に音声ガイドを聞きながらですと、1階だけでも随分と時間がかかりもうお昼。レストランで食事をしながら(カレーセットで40元)、パンフレットを調べて、興味のある展示から見ていくことにしました。下に「観覧案内」を載せておきますので、参考にして下さい。

珍しい女性騎馬像

珍しい女性騎馬像(唐)

1階
  • 古代青銅器館
  • 古代彫刻館
  • レストラン
  • ミュージアムショップ

2階
  • 古代陶磁器館
  • 喫茶室・売店

3階
  • 歴代絵画館
  • 歴代書法館
  • 歴代印璽館

4階
  • 少数民族工芸館
  • 古代玉器館
  • 歴代貨幣館
  • 明清家具館



印璽館

蛇と翼を持つ人物像

"蛇と翼を持つ人物像"のスタンプ
 4階の印璽館には、志賀島の金印に良く似た印も展示されていましたが、もっとも魅力に感じたのはこのスタンプです。

 「水の中に棲みながら空を飛ぶこともできる」

 という設定は、遠いユカタン半島の"翼を持つ蛇"ケツァルコアトルという神様を連想させます。

 世界は広い、でも近い。



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

少数民族工芸館

チベット族の衣装

チベット族の衣装
ポタラ宮の屋上で

ポタラ宮の屋上で


Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

上海の夜

50日余のチベット・中国旅行も後わずか、数日後には帰国です

老年ジャズバンド

旅の記念に和平飯店のバーに出かけ、

オリジナルカクテル"上海"を手に、老年ジャズバンドに耳を傾けました



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ


「中国編」の続き ("魯迅記念館"へ)


中国国旗

「中国編」に戻る
日本編

「日本編」に戻る
海外編

「海外編」に戻る

Valid HTML 4.01 Transitional