キューバ国旗

キューバ


Button to english Versionto Englishi Version

Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

ハバナへ

 昨年 ベトナムで会ったマングローブ・プロジェクトのSさんから「ベトナムが統一を勝ち取れたのはホー・チ・ミンが偉大だったから。今の世界でそれに匹敵する人物をと言ったらカストロ。彼が存命中にハバナに行きたい」。と言う話を「チケットはメキシコで」という情報共々聞き、キューバの名がインプットされました。

 1998年1月念願叶い実現したメキシコ旅行。まず最初にキューバ旅行の手配をしてから遺跡巡りをするつもりでした。ところがこの時ローマ法王のキューバ訪問を翌週に控えチケットは「All Full」。やっと手配が出来たのはユカタン半島のメリダ、彼が帰国して数日後のことです。その上それを手にしたのは"当日の朝"、なのですから飛行機に乗り込むまでヒヤ汗をかき通しのキューバ行きになってしまいました。

 ハバナに降り立った第一印象は「寒い」。1月末のキューバの気温は、蒸し暑かったユカタン半島とは上着一枚分は違います。その肌寒さの中、空港から市内へ向かう車中で、最初に目に留まったのがこれ。「あれなんだろう?」。

メトロ・バス

メトロ・バスことカメージョ(ラクダの意)

 それがハバナ市民の足、メトロ・バスでした。格好からか後尾のラクダのマークのせいか、通称は"カメージョ"。トレーラーのようなこの180人乗りのバスは、朝夕の通勤時には「呼吸も出来ないくらい」混むそうです。アメリカによる経済封鎖による外貨不足で、「必要なだけの車両を輸入できない」のが原因らしいのですが、長引く封鎖は政治・経済の問題、と言うより人道問題という意味合いも帯びてきているようです。


Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

チェ・ゲバラ

 キューバ、と言うとカストロとゲバラしか知りません。革命を成功させた彼らに敬意を表し、「まずは革命博物館へ!」と、海岸沿いのマレコン通りをプンタ要塞まで歩きました。この日は風が強く、岸壁にあたった大波の水しぶきが車道にまでかかります。知らずに歩いていた私もビショ濡れになりましたが、「これも又楽し」かな。

チェ・ゲバラ
 かつて大統領官邸だったという堂々たる博物館。解説がスペイン語だけなので、時々出てくる彼らの写真と、年度を表わす数字から流れを想像しながらの見学です。

 ウッカリ見落とし入り直した裏手の広場には、1956年12月、カストロが同志とともに亡命先のメキシコから密航した時のヨット「グランマ号」などが展示されています。

 ボリビアで殺されたゲバラの遺骨が、昨年30年ぶりに帰ってきたからでしょうか、特別コーナーに並べられた写真や遺品に、キューバの人々の彼への熱い想いを感じました。


 閉塞した生活からの脱却を革命の英雄に求めるかのように、町にはゲバラ・グッズが溢れています。買ったのはこのキーホルダーと「アスタ・シエンプレ」というCD。アメリカドルでしか買えないこれらの品物、ドル獲得のため血道を上げる市民の姿を、アメリカの圧政を打ち破るために闘った彼は、今どんな想いで見ているのでしょう。



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

カバーニャ要塞

 ハバナ市内と要塞のある対岸とは海底トンネルで結ばれていますが、車専用ということなので博物館前からタクシーに乗りました。これがクラシックカー好きの人なら泣いて喜びそうな50年代の大型アメリカ車。「これで良く動いているな」と思わせる車のシートは、ガムテープでしっかり修理がしてありました。

カバーニャ要塞

右手の赤い屋根のあたりがチェ・ゲバラの執務室

 カバーニャ要塞の彼の執務室からのハバナの眺めは素晴らしい。革命の先頭をきる活動家でありながら、粗野ではない。シャイで多感なゲバラが好んだらしい風景に、しばし時のたつのを忘れて見入ってしまいました。



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ


「キューバ編」の続き


キューバ編

「キューバ編」に戻る
日本編

「日本編」に戻る
海外編

「海外編」に戻る

Valid HTML 4.01 Transitional