チェコ国旗 チェコ
Button to English Versionto English Version

Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

 1991年、"ベルリンの壁"崩壊直前に入ったプラハの夜。開いている店もなく街の明かりは消え、タイムマシンで突然中世に放り込まれたようでした。でも、旧市街の街並みとカレル橋上での人々との触れ合いは、別世界を彷徨う心細さと高揚感を充分満足させてくれました。あの感動をもう一度味わいたくて、1996年に再訪してみましたが…、街はすっかり様変わり。これも自然の流れなのでしょうが、ちょっと残念な気もします。

 DVD欄で紹介した「存在の耐えられない軽さ」は、フランスに亡命したチェコ作家のベストセラーの映画化。そのジャケットから最初「もしやポルノ?」と疑問でしたが(小説を読んでいないので)、中盤ロシア軍の軍事介入あたりからその人間ドラマにグイグイ引き込まれていきます。あの時代、チェコに生きた人々の心の揺れと存在感の軽重を、鮮やかに切り取った秀作です。



プラハの眺め

百塔の街プラハ



「ビザ情報」 : 1998年8月15日より入国ビザが不要になり、チェコが身近になりました。! ヨーロッパ旅行の途中で、「チェコの温泉に入っておいしいビールを味わう」という楽しみ方が、気楽にできますね!


Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

日本編

「日本編」に戻る
海外編

「海外編」に戻る

Valid HTML 4.01 Transitional