ギリシア国旗

サントリーニ島/ギリシア


Button to English Versionto English Version

Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

アトランティス伝説の島



イアの教会

イア : 青いドームを持つ教会


Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

アクロティリ

 40メートルにもおよぶ火山灰の下から姿を現し「エーゲ海のポンペイ」とも呼ばれるアクロティリ遺跡。BC15世紀におこった火山の噴火で埋ったこの古代都市では今でも発掘調査が進行中で、工場のようなトタン屋根がかけられている発掘現場が公開されています。(月曜日は休みです)

2匹のアンテロープ
 この遺跡の発見でサントリーニ島「アトランテイス伝説モデル説」が急浮上してきたといいます。

 躍動的で色鮮やかな壁画を持つ家や大瓶を備えた商店など、高度の文明を築いていたことを偲ばせる遺構を見ているとその説が説得力を持って迫ってくるようです。

 アテネ考古学博物館に展示されている「2匹のアンティロープ」。この壁画の線の持つのびやかさが好きです。

2匹のアンティロープ

 トロイ戦争迷宮ラビュリントス、 そしてアトランティスと、神話のかなたから歴史的事実へとインターレースのように鮮明度を増す伝説たち。なんとなくワクワクする話ではありませんか。



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

サントリーニの壁画

 この遺跡で発掘された「ボクシングをする少年たち」「2匹のアンテロープ」などの色鮮やかに残る壁画は、現在アテネの考古学博物館2階に展示されています。島に渡る時間のない方はここに来て遠くアトランティスへと思いを馳せてはいかがでしょうか。

ボクシングをする少年たち
漁師
ボクシングをする少年
漁師

 これらの壁画の「赤」を見ているとクノッソス宮殿(クレタ島)の壁画が連想されます。互いに影響を与え合いながら繁栄し、何故か同じ時期に突然姿を消した2つ文明、アトランティスとミノア。今後の発掘調査にもよるのですが、心情的にはこの島が「アトランティス」であって欲しい気がします。



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

ティラ

 ティラの町は300mという断崖絶壁の上にあります。フェリーボートはここから11キロほど離れたアティニオス港に接岸、バスでティラに入りますのでこの急坂を登る必要はないのですが、ここはやはりロバに乗って坂を上がりたいもの。そのためにロープ・ウェイでフィロスの港まで降りることにします。

ロバ

右端が私を乗せてくれた「ロバ」君です

 料金はどちらも800ドラクマ。ロバは人が引いてくれるわけではなく「足でお腹を蹴れば進むから」と教えられただけで「ゴー」です。飼い主がいないと彼らは気まぐれ、ピタッと停まったり追われると競争のように走り出したりなので素晴らしい景色を楽しんでいるゆとりなどありません。写真は降りてからのこの1枚のみでした。



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

イア

 ティラからバスで40分、島の北端にあるイアは夕陽と青いドームの教会で有名な小さな町。このページ最初の写真もここで撮影したものです。どちらを向いても、「いかにもサントリーニ」という絵になる風景が見られ、ここでは誰でもが芸術家気分を味わえそうです。

教会のベル

このあたり絵ハガキやガイドブックで良く見かける風景がひろがります



昼下がり

昼下がり

散策の後はこんなカフェでくつろぎたい



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

エーゲ海の夕陽


 夏時間(時計を1時間早める)を採用しているギリシアの日没は8時半近く。夕食時間もその頃とあってレストランは混雑しますので海側の席で夕陽を見たいと思ったら少し早めに行って良い席を取りましょう。

エーゲ海の夕陽

テラス

たかが・・・、されど・・・、という「サントリーニの夕陽」。やはり感激ものです。



夕陽の後、海から町に目を移すと窓の灯が点々とつき始めました。

ティラの町

ティラの町の夜景



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ


ギリシア編

「ギリシア編」に戻る
日本編

「日本編」に戻る
海外編

「海外編」に戻る

Valid HTML 4.01 Transitional