ハンガリー国旗 ハンガリー
Button to English Versionto English Version

Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

 1991年晩秋、プラハから列車でブタペストに降り立った時、活気のある街の様子と夜の明るさに接し、プラハとの違いに驚きました。まだロシア崩壊前でしたが、ハンガリーは西にも東にも偏らない(西は資本主義、東は社会主義のことです。判りますか?)独自の政策、「第三の道」を取っていたのです。"東欧"と言うだけで固く重苦しいイメージのあった当時、ライトアップされた"くさり橋"は衝撃的ですらありました。

 その後のソ連邦解体、チェコスロヴァキアの分離独立など、この地域の人々は激動の時を過ごしてきたはずです。1996年にヨーロッパ再訪の機会があった時、迷わずこの地域を選んだのは、その変化を自分の目で見てみたかったからです。




くさり橋夜景

ライトアップされた「くさり橋」 : 1996年10月


Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

日本編

「日本編」に戻る
海外編

「海外編」に戻る

Valid HTML 4.01 Transitional