ハンガリーの国旗

ハンガリー


Button to English Versionto English Version

Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

ブダペストの温泉

 内陸国ハンガリーには海岸はないが「熱い豊かな海がある」と言われています。 それが豊富に湧き出る温泉で、ビザ申請の旅行目的の個所にも「療養」という文字があることからもこの国が国際的な温泉療養地だということがわかります。

 長期療養の人だけでなく旅行者も気軽に入れる温泉が、ありがたいことに首都ブダペストにもたくさんあるのです。ハンガリー式にエプロン姿で入浴する所、水着着用のプール形式の温泉、その両方を備えている所と様々です。水着着用の所以外は曜日で男女を分けていることが多いようなので、事前に確認して出かけて下さいね。

セーチェニ温泉

 この写真はセーチェニ温泉内部。チェス盤のような床がおしゃれ。

 前回(4年前)はルダッシュ温泉にしか入れませんでしたので、今回は「温泉巡りをするぞ!」と満を持してのブダペスト入りです。



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

「キラーイ温泉」

 まず最初に行ったのが「キラーイ」。ここは16世紀にトルコの王様によって建てられたという歴史のある温泉。この雰囲気のあるドームをご覧下さい。このドームの下にどんなお風呂が待っているのかと思うとワクワクしてきますよね。さあ、入りましょう。

ドーム
ハンガリー式温泉の入りかた
  • チケットを買う。(ここは250フォント:約200円)
  • 脱衣所入り口でチケットを渡しエプロンをもらう。
  • 空いているキャビンに入り服を脱いでエプロンを着ける。
  • 鍵をかけ浴室に。この時係りの人も鍵をかけてくれます。
  • シャワーで体を洗ってから浴槽に入りましょう。
  • 出る時には係りの人に声をかけてキャビンの鍵を開けてもらいます。でないと

     「ドアが開かない!」 と私のように真っ青になりますよ。


 薄暗く湯気の充満した浴室の中央には大きな円形の浴槽がありました。目が慣れてくるとそれを取り囲むようにいくつかの浴槽があるのがわかります。ドームから射し込む光が幻想的で異国情緒たっぷり。これを見て「あれ、あの温泉(日本の)に似ている。」と思いました。きっと設計者はここキラーイに代表されるようなハンガリーの温泉をを参考にしたのかもしれません。

 えっ、「そこはどこ?」かって。まあ、そう急がないで、後程ちゃんとご紹介しますから。まずこのコーナーでは持っていくと便利な物をお伝えしておきます。それは、石鹸、シャンプー、タオル、ビーチサンダル、そしてビニール袋(タオルなどを入れ浴室まで持っていくのに使います)です。




Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

「ラーツ温泉」

ラーツ温泉
 「キラーイ」も「ラーツ」もメインの浴槽は円形でドーム天井の浴室中央にデンと鎮座しています。

 36〜38度とかなり「ぬるめ」ですが、温度・深さの異なる浴槽がいくつかとサウナが用意されていますので、熱めの好きな方もご安心を。

ドナウ川岸

 日本の温泉との一番の違いは浴槽の深さでしょうか、ここでは胸元(1.2m)ぐらいあるのです。

 この深さのためか移動するのには歩くより泳ぐ方が楽。体格の良い方々が悠然と(裸で)泳いでいる様は壮観で、「お風呂の中では泳がないで下さい。」なんて張り紙がしてあるどこかの国より人間くさくて「いいな。」と思いました。ここでは泳ぐ人、体操をする人、寝ている人と様々で各人各様に温泉を楽しんでいます。

 それにしましても日本の温泉の入り方ってお行儀が良すぎると思いませんか。もう少し多様化しても良いと思うのですが、いかがでしょう。はだかで泳ぐのは初めての経験でしたが「気持ち良い!」ですよ。



岡谷「ロマネット」

 「ドーム式の温泉に入ってみたいけれどハンガリーまでは行かれないな。」と皆さん思ってますでしょう。では、先ほど予告いたしました「ここと似ている日本の温泉」を発表いたします。それは岡谷にあります「ロマネット」です。ねっ、ここなら(ハンガリーよりは)近いでしょう。

岡谷ロマネット
利用案内

朝風呂 : 5:30〜9:00 (料金200円)
全館営業時間 : 10:00〜22:30 (木曜休館)
料金 : 風呂のみ 500円
 全館(風呂とプール) 800円

電話 : 0266ー27ー6080 (諏訪湖の近くです)

 この浴室以外にも大きめのサウナとネックシャワーやフローティング装置のあるプールなどがあります。宣伝料はもらっていませんが、わりと気に入っている温泉なので是非一度行ってみて下さい。



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

「セーチェニ温泉」

 上野公園のような市民公園の中にある温泉で、水着着用で混浴です。この温泉コーナーの最初の写真がここ「セーチェニ温泉」の室内の様子です。

 湯量が多いことでも知られているこの温泉は、屋内に深さ温度が異なる大小の5つ(だったかな?)の浴槽、中庭には下の写真のような巨大な露天風呂、競泳用プール、サウナまで備えていて大型健康ランドといった雰囲気でした。マッサージやペディキュアのサービスも受けられますので1日楽しめそう。 料金は350フォント(約260円)でした。

プール

 広い露天風呂(というより温泉プール)。プールの縁に寄りかかりおしゃべりしている人が目立ちます。隣には競泳用のプールもありますので、こちらはのんびりとしたい人向き。



「ペディキュア」

 ペディキュアとは足の手入れのこと。かかとの角質化した皮膚を小刀でカットしてくれる、と聞いたものですから「恐いもの見たさ。」で試してみることにしました。 この日は混んでいたのか診療室で1時間も順番待ち。でもそのおかげでじっくり観察することが出来ましたし写真も撮らせてもらえました。

ペディキュア
「ペディキュア」の手順
  • 足をお湯に入れてふやかしておく。
  • 足裏の角質化した部分を小刀状のメスで削り取る。
  • 爪の中や周囲の甘皮などの手入れ。
  • まめや魚の目などがあれば処置してくれます。
 1時間も診療室にいたので親しみを感じてくれたのでしょうか。それとも何をしても怒らない人物に見えたのか、順番がくると私の足裏を使って研修生らしき青年に

 「ここを押すと・・・。」「ここは・・・。」と解説を始めたのです。

 私は少々東洋医学の勉強をしたことがありますので、足裏のツボは彼らより詳しいかもしれません。言葉が通じたら教えてあげられたのにと思うと、「残念」。次回は「足裏のツボ」のコピーでも持ってもう一度ここを訪ねてみたいですね。


 最初は恐かったけれど、「ペディキュア」は気持ち良かった。日本にもあるといいのに、と本気でそう思いました。最近簡易マッサージがはやっているようですが、これも人気が出ると思いますよ。どなたか開業なさいませんか? (時間は15分ほどで、料金は約250円でした)



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

ハンガリーで食べたもの

 ブダペスト滞在中、朝食はホテルで、昼食は博物館内か街中のセルフサービスの店などで軽く済ませ、夜は生ビールを飲みながらという食事パターンで過ごしました。ここもチェコも生ビールが安くておいしいのです。庶民的な店での生ビール(500ml)の値段はといいますと、ハンガリーで約140円、チェコでは約100円でした。

「グヤーシュ」

グヤーシュ
 ハンガリー料理の代表選手、パプリカの色も鮮やかな牛肉と野菜の入ったスープです。

 この写真を撮った時はお腹がすいていたので夢中で食べ始め、途中で気がついてシャッターを押したので少なく見えますが、最初は上のラインまで入っていました。悪しからず。

 これで約200円




「マッシュルームの揚げ物」

マッシュルームの揚げ物
 何度か書いていますが、肉類が苦手なのでどうしても前菜のようなお料理を注文することになってしまいます。

 マッシュルームに詰め物をし、粉をまぶして揚げてソースをかけてあるこの一皿、店の人のお勧めだけあってなかなかのお味でした。

 ちょっと高くて約400円




「博物館での昼食:その1」

昼食
 えーと、これは王宮の丘の「ナショナル・ギャラリー」での昼食です。絵画、彫刻、教会の祭壇装飾など、中世から現代までのハンガリーの美術品がギッシリつまったこの博物館、きっちりみるには体力がいります。

 博物館や美術館の鑑賞って、結構歩いているんですよ。万歩計でも持っていくと面白いかもしれませんね。この日は本当に「アー、疲れた」


 パン(50)サラダ(150)ココア(120)で計320フォリント、約240円



「博物館での昼食:その2」

昼食
 これは、ハンガリー各地の伝統的な生活用品や民族衣装などを展示している「民族博物館」で食べたもの。今年はハンガリー建国1100年とあって(すごい!)ここでは特別展も開かれていました。

 ゆっくり鑑賞していたら閉館間近になってしまったので、ここでは簡単に豆のサラダにパンとコーヒーの昼(?)食です。


計165フォリント、約120円



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

ドナウ川経由(水中翼船)でスロヴァキアへ


水門
 昼間は博物館巡りに温泉、夜はハンガリー料理にコンサートとフル回転でこの国を堪能しました。最後にドナウ川沿いの風景を味わいながら隣国の 「スロヴァキア」に入ろうと思います。

 某ガイドブックにはスロヴァキアまでの料金が680フォリント(約510円)となっています。「ずいぶん安いんだな。」とは思ったものの疑いもせず前日からは買い物調整をしてフォリントを残しました。といいますのも再両替はレートも悪いし二重に手数料を取られることになり損なので、一度両替したらその国で使い切ったほうが良いからです。

 ところが、カウンターで1,000フォリント紙幣を出すと「これでは少なすぎますね。」とにこやかな顔で料金表を指差されてしまいました。そう「680」は「680」でも通貨単位がオーストリアシリングの間違いだったのです。ドルの小額紙幣をもっていましたのでドルでチケットを購入しましたが、中途半端にフォリントが残ってしまい「何か損した気分。」


教訓 : 何に関しても言えそうですが、盲信は禁物!

 こんなことなら昨日もう一つお人形(ほうきに乗って飛んでいる可愛い”魔女”人形を950フォリントで土産に買っていました)を買っておけば良かった。



運 行 表 (1996年10月現在)

運行期間
発  着  時  間
ブダペスト
ブラチスラヴァ
ウィーン
4/5 〜 4/30
09:00 発
→ 13:40 →
15:00 着
14:00 着
← 10:20 ←
09:00 発
5/1 〜 7/18
08:00 発
→ 12:40 →
14:00 着
13:00 着
← 09:20 ←
08:00 発
7/19 〜 9/8
08:00 発
→ 12:40 →
14:00 着
13:30 発
→ 17:10 →
19:30 着
13:00 着
← 09:20 ←
08:00 発
18:10 着
← 14:20 ←
13:10 発
9/9 〜 11/3
09:00 発
→ 13:40 →
15:00 着
14:00 着
← 10:20 ←
09:00 発
料金
(1996年10月現在)
ブダペスト・ブラチスラヴァ間 AS680 ($63)
ブダペスト・ウィーン間 AS750 ($69)

 この日はアメリカとフランスの団体さんの中に個人旅行者は私一人と言う状態でしたが、陽気なアメリカさん達の中に入り(フランス語は全くわかりませんから)数時間の船旅も退屈しませんでした。
 「甲板で景色でも見ていれば退屈しないのに。」と思うでしょう。ところがどっこい、そうは問屋がおろさなかったのです。何故なら、この水中翼船は高速のため走行中は甲板に出ることは「禁止」。

 ただ一度の例外がこの「水門」通過時。これはドナウ川の水位を調整するために設けられているもので、前後の水門が閉められて上流の水位まで水が入れられるまでの間、乗客は甲板に出てもよいというわけです。シーズン中には順番待ちの船もでるそうですので上の表の運行時間はあくまでも目安と思っていたほうが良さそうですよ。




Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ


ハンガリー編

「ハンガリー編」に戻る
日本編

「日本編」に戻る
海外編

「海外編」に戻る

Valid HTML 4.01 Transitional