日本の国旗

青森の秘湯巡り



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

恐山温泉

 1200年前、慈覚大師円仁によって開かれた日本三大霊場の一つ。「人が死ねばお山(恐山)に行く」、と信じられた「死者の集まる場所」。死者との対話をさせてくれる「口よせ」でも有名なこのお山には、参拝者なら誰でも入れるという素敵な温泉があるのですが、ご存知でした?

 「地獄のさまを呈し、しかも万病に効く温泉が湧く」と慈覚大師の夢枕に立った聖僧が告げたというこの境内には、「古滝の湯」「冷抜(ひえ)の湯」「薬師の湯」そして「花染の湯」の4つの湯屋が建っています。そのうち「薬師の湯」は住職専用ということで一般使用不可。参道左手に建つ2つの湯屋「古滝の湯」は女性専用、「冷抜(ひえ)の湯」は男性専用です。


恐山

総門横の「恐山」の文字
恐山温泉

恐山温泉 : 花染の湯

 私が気に入ったのは、参道から右に少し入った所にある「花染の湯」。このお湯は混浴ですが、ここまで足をのばす人は少ないのでそう気にしなくてもすみます。お湯は草津を思わせる熱めの硫黄泉、湯量も豊富ですし参拝客ならだれでも無料(恐山入山料は500円)で入れますので、皆さん、恐山には是非タオルを1本持参しましょう。(ただ入浴する人が少ないので、最初はスッゴク熱いですからご注意を!)



宇曽利湖

宇曽利湖


Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

かっぱの湯

 漢方薬をつくる時に使用するすり鉢のような道具"薬研"。お湯の湧き出し口がその形に似ているというところから、ここは"薬研"温泉と命名されています。恐山からは紅葉の美しい渓谷沿いの道で、目指す「かっぱの湯」はこの温泉から2キロほど上流の奥薬研温泉にありました。

かっぱの湯看板
 恐山を開山した慈覚大師が、霊山を探してこの地方を訪ね歩いていた頃のことなのでしょう、崖から落ちて怪我をした時一匹のかっぱが現れ、彼を背負ってどこかへ運び去った、と言います。

 翌朝目を覚ましてみると、体は大きなフキの葉に包まれて山のいで湯の中。怪我の痛みもすっかりなくなっていたことから、カッパの善行に感謝してこのお湯を「かっぱの湯」と名づけたとか。


 「もののけ姫」のワンシーンを連想させるような情景ではありませんか。宮崎さんは各地に残るこれらの伝承から、あのシーンを着想されたんですね、きっと。町おこし・村おこしの新しい温泉とは一味違う、一千年の歴史を持つ由緒正しい露天風呂。皆さん、入りたくなってきたでしょう?



 看板脇に車を止め渓谷へと降りて行くと・・・、透明なお湯に盛りの紅葉が映り鏡のように美しい「かっぱの湯」、そして先客の男性からは「良いお湯ですよ。どうぞ」という声がかかりました。

かっぱの湯
 「どうぞ」と言われましてもお湯は透明、アプローチから丸見えの混浴露天風呂はちょっと入りにくい。でもここが目的で下北まで走って来たようなもの、ここで諦めたら女がすたる(?)。

 格好良く端の方から「スッ」とお湯に入るつもりが、「熱い!」。熱くて体をお湯に沈めることが出来ません。と、「ここは両脇からお湯が湧いていますからそこは熱いですよ」、と中央の特等席を先客氏が譲ってくれました。ありがとう。


 「混浴」「透明」にもう一つ「熱い」というおまけがつきましたが、周囲の環境も含めとても良いお湯でした。ここを男性天国にしてしまわず、女性の方々にも是非楽しんでいただきたいものです。



夫婦かっぱの湯

 「良いお湯と言われても混浴は苦手」というあなた、少し上流に(歩いてもすぐです)男女別になった「夫婦かっぱの湯」があります。隣接して「遊湯オアシスかっぱ亭」という、大畑町営のレストハウスがあり軽食も取れますので(宣伝料はいただいていませんが)ご利用下さい。

レストハウス(露天風呂)営業時間

4月1日〜11月10日 : 9:00〜19:00
(ただし8月は20:00まで)
11月11日〜3月31日 : 10:00〜18:00

問い合わせ電話番号 : 0175ー34ー2008

この2つの露天風呂とレストハウスの利用は無料です。

皆さんどうか大切にお使い下さい。


Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

下風呂温泉

 青森の稽古館で、下北半島の佐井村に「本州最北の博物館が出来た」と聞きました。かっぱの湯から先は何も決めていなかったのですが、この一言で決まりです。で、今夜の泊まりは共同浴場があると言う下風呂温泉の民宿に決め、陽が傾き始めた下北路を佐井へと急ぎます。

下風呂温泉「大湯」
 下風呂温泉にはヒバ材の浴槽を持つ「大湯」と、その名の通り新しく造られた「新湯」の2つの共同浴場があり、どちらも白濁した熱めの硫黄泉。朝は7時から夜は9時ごろまで入れます。

 私には木の洗い場と熱めとぬるめ(というか皆さんが水を入れて適温にしていました)の2つの浴槽のある、「大湯」の方が入りやすく好きでした。




佐井村海峡ミュウジアム

佐井村海峡ミュージアム
 下風呂から小1時間走ったでしょうか(実際は40分くらい)、だんだん心細くなったころ遠くに立派な建物が見えてきました。これが複合文化センター「津軽海峡文化館アルサス」。

 博物館は2階の1室にありました。4階にわたる各部屋に展示品が所狭し、と並んでいた稽古館とは異なり確かに可愛らしい展示コーナーです。




佐井村海峡ミュウジアム

〒039-47 青森県下北郡佐井村字大佐井地先
TEL : 0175-38-4513


Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

日本の「レバノン」?

 この服を見ていましたら後ろから、「これが当博物館の宝、蝦夷錦なんですよ」という声。閉館間際でしかも見学者が私1人とあって、受け付けの女性が展示品の説明を初めて下さったのです。

蝦夷錦

蝦夷錦
 「300年ほど前この村は青森ヒバの積出港としてそれは繁栄していました。当時鎖国中でしたが北の港は開いていてこの様な高価な蝦夷錦なども大陸から輸入していたようです。

 ヒバは成長は遅いものの(杉の約2倍)耐久性・耐水性に優れ防腐効果もあり丈夫で香りが良いため・・・」とのお話しについ

 「ちょっと待って」 Play back、プレイバック。

 それはまるで「レバノン杉と レバノンの関係みたいですね」と口を挟んでしまいました。


 エジプトのピラミッドやミイラ作りに、ソロモン王の宮殿建造に欠かせなかったレバノン杉。楔形文字から、アルファベットへの変化を促がしたレバノン杉交易。それとはスケールが違いますが、ヒバの特性や交易で富が集まり文化の発展や争いの原因になったことなど、人間の動きとしては良く似ています。



津軽海峡に沈む夕陽

津軽海峡に沈む夕陽

 気候の変化と、森林の乱伐による環境破壊とで衰えたといわれる地中海文明。ギリシアの禿山や中東の荒れ野に立つと、「人間が自然をレイプし続けた結果」という気持ちが強くします。日本人は「木を切ったら植えてきた」ので、下北の森はまだ健在(?)。でも全国規模で行われた列島改造のつけは、各地に残ったままです。私たち、自然に対してはもっと謙虚でありたいものです。


Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ


青森の秘湯編

「青森の秘湯編」の続き
日本編

「日本編」に戻る
海外編

「海外編」に戻る


Valid HTML 4.01 Transitional