日本国旗

北海道


Button to English Versionto English Version

Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

フゴッペ洞窟

 夕張で遅いお昼を食べて、ノンストップで小樽まで来ました。途中で雨が降り出したのですが、まだ時間がありそうなので余市にあるフゴッペ洞窟へ。でもまあ、なんと言うことでしょう。この日は月曜で休館日でした。泣く泣く小樽に引き返し、翌朝出直してきました。

フゴッペ洞窟

ガラス越しに、古代の多彩な彫刻群を見ることができます

フゴッペ洞窟 : 今から2,000〜1,500前の続縄文期(古墳時代頃)の遺跡。1950年、海水浴に来ていた中学生により発見された。翌年から3年間にわたる本格的調査の結果、200を超す謎の彫刻群が確認された。しかし、この洞窟は岩質がもろい(柔らかな凝灰岩)ために、彫刻の風化が激しく崩落の危険もあるため、1972年 日本最初のカプセル保存方式が実施され、一般に開放されるようになった。


Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

翼を持つ人物像

 さあ、それでは中に入ってみましょうか。観察室は洞窟に食い込むように、凸形になっています。下の広くなっている部分が解説コーナーで、奥へ進むとガラス越しに三方の岩面と対面です。でも・・・、全体に照明を落としてあるためか、線の細さからか、どこに彫刻があるのかさっぱりわかりません。

フゴッペ洞窟

角や翼がある人物と船と動物
 手前に置かれた図と見比べたり、解説コーナーに戻ったり、と何度か繰り返すうち、やっと彫刻が形あるものとして認識できるようになってきました。岩盤上に翼を持つ人を見つけた時は、第一発見者のようにうれしかったで〜す。

 (最初の山菜取りではただの草むらにしか見えないのに、ワラビの形を知ると次からはワラビの方から目に飛び込んできてくれる。そんな感じでしょうか。)

 解説には「200以上」あるガイドブックには「600以上」と記された刻画。配置図を参考に、捜し出す楽しみがありましたよ。そう「ウィリーをさがせ」のようにね。


岩面刻画 : 刻まれたものには、角や翼を持つ人、仮装して踊る人など呪術的要素が強く、洞窟自体が古代人の宗教儀礼の場であったと考えられている。小樽の手宮洞窟やシベリア、北米の極北地方に類似の物が見られ、その繋がりが指摘されている。



開館時間 : 09:00〜16:30

休館日 : 毎週月曜日・祝祭日の翌日・年末年始

入館料 : 大人200円 小人100円

TEL : 0135-22-6170



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

西崎山環状列石

 フゴッペ洞窟の受付前に、「西崎山ストーンサークルへの道」と書いた、かなり立派な地図が貼ってありました。小樽市の忍路にあるのは地図で確認してきましたが、「ここにもあるんですか?」と聞きますと受付のおじさん、建物の外まで出てきて「あそこに見える山の上にあるんですよ。行き方は・・・」と丁寧に教えてくれました。余市から小樽にかけての地域には、ほかにも配石遺構があるそうですが、それは次の機会に譲りましょう。

西崎山環状列石

日本海を見下ろす海抜70mの西崎山、その山頂にある環状列石です

西崎山環状列石 : 大小100個ほどの自然石が集められ、その中に直径1〜2mの環状に配列された7基のストーンサークルがある。出土品、構造、穴の中の燐分から云って、縄文時代後期(3,500年前)の墳墓であろうと推定されている。

 洞窟から車で10分ほど、フルーツ街道のトンネルの上に駐車場があります。そこから急な階段を登って森を抜けると、西崎山環状列石です。生憎の曇天でしたが、眼下には海が望めて、晴れていたらさぞかし美しいだろうと想像できました。これがお墓だとすると、古代の人たちも「見晴らしのよい場所で眠らせてあげたい」と思ったのでしょう。



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

忍路(おしょろ)環状列石

 フルーツ街道を小樽方面に少し走ると、右手に環状列石の看板があります。かなり大きな配石遺構なのですが、周囲は農地(個人の土地?)らしく一方向からしか見ること(近づくこと)ができません。全体の形状を知ったのは、小樽市博物館のモデルを見た時でした。環状列石に関しての知識があまりないので、ここでは解説文の紹介に留めることといたします。

忍路(おしょろ)環状列石

忍路(おしょろ)環状列石

忍路環状列石 : 縄文時代後期(3,500年前)に造られた大規模な墓。標高20mの緩い斜面上に、32mx22mの楕円形に石が並べられている。これだけの土木工事をするには多くの労働力を必要とし、それはこの地域が豊かで人口が多かったことを物語っている。



忍路(おしょろ)環状列石

忍路(おしょろ)環状列石のモデル : 小樽博物館

海を越えた文化 : 小樽から余市にかけては、ストーンサークルが集中している国内でも貴重な地域で、大小80基ほどが見つかっている。国内での分布は北海道と東北に多く見られ、同じ文化圏であったと言えるだろう。ただ東北の方が北海道よりも少し早い時期に造られていたようなので、この文化と技術は東北地方からの影響によるものと考えられている。


Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

小樽手宮洞窟

 忍路環状列石から30分ほどかけて小樽に戻り、市北部にある手宮洞窟へ。手宮と付くからてっきり手宮公園の中だろうと、地図で見当をつけて坂を登っていきましたら緑化植物園に出てしまいました。洞窟はこの真下、小樽水族館に向う道路の脇にありました。

小樽手宮洞窟
手宮洞窟 : 1866年に発見された洞窟と刻画は、1878年に榎本武明により学会に紹介された。1995年、風化・剥落を防止し刻画を後世まで伝えるため、10年の歳月をかけ「手宮洞窟保存館」を完成させた。

 この彫刻が刻まれた時期は、1600年前の続縄文時代の中期〜後期(弥生の終わりから古墳時代)にあたり、同じ時期の刻画がフゴッペ洞窟にもある。

 フゴッペ洞窟の調査で本州やサハリンからと思われる土器や金属器が出土し、この時期日本海を囲む文化交流が盛んに行われていたことがわかる。 − 栞より −


 こんな近代的な建物は想像もしてこなかったので、驚きました。受付で親切な説明を受け、宇宙基地に入るかのような観察室へのドアを抜けると、暗闇のアプローチが奥へと延びています。自動点灯の足元灯に誘導されつつ進むと、適当な間隔で説明版が設けられ、刻画と出あえる期待を高めてくれます。

 すべておしゃれでとてもGood。ここは無料、しかも4月1日〜11月3日は無休なのですから・・・、小樽市の太っ腹には感謝感激です。手宮の刻画は市の文化財、国民の宝。興味ある皆さん、見にきてね。



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

シャーマン

 洞窟全体に大小様々、多種多様な彫刻があるフゴッペ洞窟を見学してきたばかりだったので、高さ1m、幅3mほどの範囲に人物像が刻まれた岩肌を見て、一瞬「エッ、これだけ?」と思ってしまいました。でもこちらはフゴッペより、"近くで見られ、数が少なく、線が太く、集中している"ため、判別はずっと容易です。見慣れてくると確かに、角のある人物像など両者に共通したものを感じますね。

小樽手宮洞窟

人物像を主体に約35体 : これは刻画手前に置かれた参照の模写(?)です

 "角を持つ人"は、北東アジアに広く見られたシャーマン(超自然的な世界と日常世界の間を行き来し、直接、神や精霊に触れることが出来る人)の表現、と考えられているそうです。動物に仮装したり杖を持ったりするそのアニミズム的な姿は、網走の北方民族博物館で見た、"世界のシャーマン達"を連想させるものでした。

精霊たちとの接点は、つい最近まであったのでしょう。
それは、無くしてはいけない世界だったのではないでしょうか。



開館時間 : 09:00〜18:00(4月1日〜11月3日) 09:30〜17:00(11月4日〜3月31日)

休館日 : 4月1日〜11月3日は無休 11月4日〜3月31日の月曜日
祝日の翌日(土日を除く) 年末年始(12月31日〜1月5日)

入館料 : 無料

TEL : 0134-24-1092




8日目 : 小樽〜余市〜小樽〜札幌(泊)。走行距離は84km。


Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ


「北海道編」の続き


北海道編

「北海道編」に戻る
日本編

「日本編」に戻る
海外編

「海外編」に戻る

Valid HTML 4.01 Transitional