日本国旗

北海道


Button to English Versionto English Version

Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

クラーク博士とオニバス

 9日目、いよいよ最終日となりました。夕方までには空港へ行かないといけないので、昨日中に観光案内所で資料を集め、今日の予定を決めておきました。まずは、北方民族資料室があるという北大付属植物園です。

 資料室は入り口横の、管理棟の2階の1室が当てられていました。こちらでは儀礼用具や日用品等のほか、貴重な記録映像「旭川近代コタンの熊祭り」(撮影昭和10年1月13日:上映時間13分)も見ることができます。

パラグアイオニバス

パラグアイオニバス:北大付属植物園
 帰りがけに温室に入りましたが、ここで印象的だったのが、このオニバス。解説を読んでますます興味を持ちました。それは、

パラグアイオニバス : オオオニバスよりやや小型。種子が発芽し開花まで約6ヶ月しかかからない。

 「Boys, be ambitious !」の別れの言葉で有名なクラーク博士は、少年期にこれを見て植物学を志した。オニバスなくしてクラーク博士が北海道に来ることもなく、この言葉も残ることはなかった。

 クラーク博士の銅像の台座には、このオニバスがレリーフとして飾られている。




開館時間 : 09:00〜16:00(4月29日〜9月30日)
09:00〜15:30(10月1日〜11月3日)

休館日 : 毎週月曜日、 入館料 : 大人400円

TEL : 植物館 011-221-0066、 博物館 011-251-8010

http://www.hokudai.ac.jp/fsc/bg/



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

札幌時計台

 植物園を出て大通り公園を散策、お昼は近くのラーメン屋さんに入りました。ついで、と云っては何ですが、近所だったので時計台にも寄ってきました。ビルの間に取り残された姿は、ちょっと見には絵本「小さなおうち」のように悲鳴が聞こえてきそうです。でもこの時計台、120年という歴史の重みに裏付けされ、周囲にしっかり自己主張しているようでした。

札幌時計台

札幌時計台
札幌、いえ北海道の顔です
時計台の歴史

1878年(明治11年) 旧札幌農学校(現北大)の演武場として建設
1881年(明治14年) 黒田清隆の発案により時計台付設
 (建設当初は鐘楼であった)
1906年(明治39年) 旧校地の南西隅にあたる現在地に移設された。

1970年(昭和45年) 国指定重要文化財となる
1978年(昭和53年) 歴史館として全館オープン
 (時計台創建100年記念事業の実施)

2001年(平成13年) 時計台運転開始120年



 時計台の内部は資料館では、建設当時の写真や資料、また時計機械のしくみ(上映時間14分)などで、時計台の歩みを知ることができます。

現在地保存 明治の開拓以来街並みは移り変わり、当時の面影をとどめているのはこの時計台だけとなった。草創期の札幌の息吹を今に伝える時計台を見ると、札幌の歴史を感動を持って実感することができる。 このような歴史的経緯を踏まえて市議会は、1966年(昭和41年)に「現在地における永久保存」を決議した。



開館時間 : 09:00〜17:00
休館日 : 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は火曜日)
年末年始(12月29日〜1月3日)

入館料 : 大人200円 小・中学生無料

TEL : 011-231-0838




 白滝の郷土資料館で見た年表が欲しかったので、時計台見学後に札幌大学埋蔵文化財展示室に寄りました。展示室隣の研究室で石器についていくつか質問しましたら、反対に「"日本人はるかな旅"はご覧になりましたか?」と聞かれました。 「あれを見て北海道に来たくなったのです」と答えると、「あれを監修したのは私なんですよ」の返事に一瞬絶句。

 その方は石器の第一人者、木村英明教授だったのです。ここで年表ばかりか、サイン入りの著書「マンモスを追って」までいただいてしまい、「ラッキー!」な訪問となりました。ありがとうございます!!!

札大埋文展示室の見学時間 : 水・木・土 10:00〜16:00(土曜日は15:00まで)



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

北海道開拓記念館

 研究室で話し込んでしまったので、野幌森林公園に着いたのは15:20。野外博物館"開拓の村"も擁した公園は広くて、記念館までは遊歩道を5分ほど歩きます。見学時間があまり無いのに、ここはかなり大規模な施設のようです。展示室入り口の巨木を前に、「1時間でどれだけ見られるか」と武者震い。ちょっと駆け足にはなりますが、さあ行ってみましょう。

北海道開拓記念館

札幌の東近郊、野幌森林公園の一角にある北海道開拓記念館

沿革 : 1970年、北海道百年記念事業の一環として、道内博物館等の中心的施設として開館。北海道の歴史を「厳しい自然と人間の英知と労苦」という視点でとらえ、それを知ることで将来のあるべき姿を考えよう、との構想で運営され、先史時代〜アイヌ文化の成立〜開拓時代など、8つのテーマに基づいて展示されている。



 「北の大地」「アイヌ文化の成立」と順調に見ていって、どうしても先に進めなくなってしまったのが「蝦夷地のころ」のコーナーにあった干し鮭の展示。解説を読むとそれは、シャクシャインの戦い(1669〜1672年)の背景ともなった事実でした。

シャクシャインの戦い

物々交換品

物々交換品のレート変化

干し鮭100匹の価格が、米2斗から米7升へ

 鎌倉時代以降、砂金や毛皮などを求めて来た和人の数が増えはじめ、江戸期に入ると松前藩がアイヌ民族との交易を独占した。

 松前藩はアイヌの活動を蝦夷地に限定。また、干し鮭100匹の値段を米2斗から米7升に引き下げるなど、支配と弾圧を強める。

 1669年、部族間の争いに端を発したシャクシャインの蜂起は、次第に松前藩との戦いに発展。

 総大将のシャクシャインは和睦の席で毒殺され、以後和人の迫害は厳しさを増し、アイヌ社会は崩壊の危機にさらされるようになっていく。




 和人の搾取と圧制の前に、差別と貧困に苦しめられたアイヌ民族の歴史。具体的な資料は解説文に勝る、これは良い展示だと思いました。この記念館でもう一つ調べたかったのが、網走の囚人達が従事させられた、あの道路敷設の秘話でしたが・・・。こちらは「建設事業には多数の囚人や土工夫(別名タコ)が過酷な強制労働に従事させられた」とサラッと触れているだけ。

 北海道の礎となった多くの囚人達。開拓の歴史を語るに外せない事実なのですから、もう少し詳細な展示解説を館にお願いしたいと思います。何しろここは、「道内の博物館施設の中心的存在」なのですから。




開館時間 : 09:30〜16:30(入館は16:00まで)
休館日 : 毎週月曜日・国民の祝日
年末年始(12月29日〜1月3日)

入館料 : 大人300円 大学生100円 小・中学生・高校生は無料

TEL : 011-898-0456




9日目 : 札幌〜千歳空港。走行距離は55km。9日間の総走行距離は1266キロでした。


Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ


北海道編

「北海道編」に戻る
日本編

「日本編」に戻る
海外編

「海外編」に戻る

Valid HTML 4.01 Transitional