日本国旗

伊勢志摩


Button to English Versionto English Version

Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

鳥羽水族館

 フェリー乗り場の真横が鳥羽水族館。鳥羽駅からですと、徒歩10分(近鉄中之郷駅正面)ほど。駐車場は有料で2時間まで500円、以後30分毎に200円が加算されます。駐車場からは信号機のある道路を渡って、本館2階のチケット売り場へ行くようになっていますが、動線や人の心理から考えてもここには連絡橋が欲しいですね。

鳥羽水族館

真珠島から見た鳥羽水族館

 チケット売り場はカワウソの水槽と近いため(間に低い柵はありますが)、どうしても人の流れに目がいってしまう。それに惑わされ、入り口とは反対方向に歩き出した人もチラホラ(私もです)。館内でも、矢印通りに進むと同じ場所に出てしまう所がありました。人の頭しか見えない混雑時の来館初心者のためにも、どうか「誘導方法を見直して下さい !」



エントランス・ホール

鳥羽水族館

エスカレーターをあがると、青い海の底のようなエントランス・ホール

 ここを中心に左側が「ブルー・ウィング」:サンゴ礁の海・古代の海・海獣の王国・パフォーマンススタジアム。右に行くと「グリーン・ウィング」:伊勢志摩の海・日本の海・ジャングルワールド・森の水辺・極地の海・人魚の海・日本の川などのコーナーがあります。



ブルーウィング

 何といっても圧巻は、サンゴ礁の海に飛びこんだような「コーラルリーフ・ダイビング」。左右・正面・天井が熱帯魚の泳ぐ水槽と接しているのですから、ダイバー気分で海底散歩ができます。オウム貝など生きている化石のいる「古代の海」、アザラシの泳ぐ「海獣の王国」を見ながら進むと、アシカショーが見られるスタジアムに出ます。タイムスケジュール表を参考に、見学コースを組み立てて下さい。

アシカショー
アシカショータイム

3/21〜11/15
11/16〜3/20
09:30
10:00
10:30
11:30
11:30
13:00
13:00
14:30
14:30
15:30
16:00
-




特別展示

シードラゴン

リーフィー・シードラゴン

 ショー見学後は元きた道を「グリーンウィング」へ。大型水槽や派手なパフォーマンスに目を奪われがちですが、特別展示のリーフィー・シードラゴンや、毒々しいほどカラフルなカエルなど、小さな仲間も見ごたえがあります。お見逃しなく。



伊勢志摩の海

 「グリーンウィング」で一番気に入ったのが、スナメリが泳ぐ「伊勢志摩の海」。外光のレースのカーテンの中、優雅に体をくねらせながら泳ぐスナメリは神々しいほど。水槽の前を中々離れることができませんでした。

スナメリ

伊勢湾にすむ白い小型の鯨「スナメリ」

 他にも、日本初公開のアフリカ・マナティ、人魚伝説のジュゴン、4頭のラッコ、パンダと似た白黒ツートンのイロワケイルカ等など、人気者たちが目白押し。歩き疲れたら、発着するフェリーを見ながら食事が出来るセルフ方式の「ベイサイド」、エントランスホール上のレストラン「花サンゴ」などで一休みしましょう。



開館時間 : ★3月21日〜11月30日は08:30〜17:00
(7月25日〜8月4日は08:00〜18:00、8月5日〜25日は08:00〜21:00)
★12月1日〜3月20日は09:00〜17:00(1月2日〜5日は08:30〜17:00)
但し:入場券売止めは閉場時間1時間前

入場料 : 大人2,400円 小・中学生1,200円 幼児(3才以上)600円

駐車料金 : 2時間まで500円、以降30分ごとに200円

TEL : 0599-25-2555
住所 : 鳥羽市鳥羽3-3-6
http://www.aquarium.co.jp/



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

ミキモト真珠島

 鳥羽駅と水族館の中間に位置しているのが"ミキモト真珠島"。本土(?)とは百mほどの連絡橋で結ばれています。駐車場は道路の左右どちらも利用でき料金は、2時間まで500円、以後30分毎に250円です。

ミキモト真珠島

鳥羽水族館から見た"真珠島" : 建物は"御木本幸吉記念館"

 真珠島に渡り、左に歩くと"真珠博物館"、右に行くと"御木本幸吉記念館"に出ます。この時は左回りで歩き、最後が幸吉の「真円真珠への執念と努力と業績」を紹介した記念館。最初にこの展示を見た方が「養殖真珠に対する理解が深まる」と思いましたので、ここでは"幸吉記念館"から先にご紹介することにします。



御木本幸吉記念館

 1858年(安政年)の鳥羽、うどん屋「阿波幸」の長男としてうまれた幸吉(幼名:吉松)が、誰も成功したことのない真珠養殖を決意するまでの経過。そして、5年後の半円真珠の完成、苦労を共にした愛妻ウメの死、17年後の真円真珠完成と"真珠王"と呼ばれるまでの日々。そのドラマチックな生涯が、写真パネルや遺品・映像で紹介されています。

明治時代の真珠島
半円真珠

1893年に完成した5個の"半円真珠"


左は、当時の鳥羽と真珠島の模型

 各国の博覧会への出品、不良真珠の焼却、発明王エジソンとの会見など、幸吉が世界的視野で物事をとらえていたのがうかがえるエピソードの数々。「世界中の女性の首を締めてみせます」といった幸吉語録など、世界に通用する事業家を目指した幸吉の姿が浮かび上がってきます。心持ち、時間にゆとりを持って入館して下さい。



開館時間 : ★08:30〜17:00(1月1日〜3月20日・6月1日〜7月20日
9月1日〜9月30日・11月21日〜11月30日)
★08:30〜17:30(3月21日〜5月31日・7月21日〜8月31日・10月1日〜11月20日)
★09:00〜16:30(12月1日〜12月31日)
但し:入場券売止めは閉場時間1時間前

入場料 : 大人1,500円 小・中学生750円

駐車料金 : 2時間まで500円、以降30分ごとに250円

TEL : 0599-25-2028
住所 : 鳥羽市鳥羽1-7-1
http://www.mikimoto.co.jp



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

真珠博物館

真珠博物館

 真珠島に渡り、道を左にとるとこの博物館に出ます。幸吉翁の銅像の前では、海女さんと一緒に記念撮影(もちろん無料)もできます。博物館正面の海岸が"海女スタンド"。1時間毎に実演があるようでしたが、冬はどうするんでしょう。5月とは言えまだまだ寒そうな海に、背中からドボンと飛び込んで実演する海女さんの姿に感動しながらも、心配になってしまいました。(実演時間がくるとマイクで島内に知らせてくれますので、博物館を見学していても見落とす心配はありません)。



展示室
核入れ手術

核入れ手術の実演
 館内は、4つの展示室に分かれています。

  • 「真珠のできるしくみ」
    真珠貝の科学、核入れ手術の実演。


  • 「真珠の生産と流通」
    選別・色分け・糸通し作業。「夢殿」はこのコーナー。


  • 「天然真珠の時代」
    古代からの真珠の宝飾品の数々。女性の垂涎の的ですね。


  • 「養殖真珠の時代」
    養殖真珠の発明と日本の装身具の変遷。
    帯留めからブローチや指輪、髪飾りに変化する「矢車」はここ。



博覧会

 御木本幸吉は「博覧会男」と異名を取るほど、国内外の博覧会に積極的に参加したそうです。「参加するからには目立たなくてはいけない」。話題作りが何よりの広告という信念で作られた、真珠をふんだんに使った豪華な工芸品の数々。さぞ当時の人々を驚かせた事でしょう。この「自由の鐘」を始め、代表的な作品はこの博物館で見ることが出来ます。

自由の鐘

ニューヨーク万博へは"自由の鐘"
  • 1858年 : 幸吉、鳥羽市に生まれる


  • 1888年 : 真珠貝の養殖を試みる
  • 1893年 : 相島(現在の真珠島)で半円真珠完成
  • 1899年 : 東京銀座に御木本真珠店を開く
  • 1905年 : 真円真珠完成する


  • 1910年 : 「軍配扇」と「屏風」 (ロンドン)
  • 1926年 : 「御木本五重の塔」 (フィラデルフィア万博)
  • 1933年 : 「ジョージ・ワシントンの生家」 (シカゴ万博)
  • 1937年 : 「矢車」 (パリ万博)
  • 1939年 : 「自由の鐘」(ニューヨーク万博)


  • 1954年 : 9月21日永眠(96才)

 特に良く見てきて欲しいのは第2展示室の「矢車」と第4展示室の「夢殿」です。大型帯留め「矢車」は12通りの使い分けができるという、日本ジュエリー史に残る傑作。養殖真珠生誕100年を記念して製作された「夢殿」は、日本の伝統技法と真珠を随所にちりばめた重厚華麗な作品。製作過程・早変わりの様子などは共にビデオで鑑賞できます。


Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

英虞湾

 

英虞湾に浮かぶ満月

英虞湾に浮かぶ満月





Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ


伊勢志摩

「伊勢志摩編」の続き
日本編

「日本編」に戻る
海外編

「海外編」に戻る

Valid HTML 4.01 Transitional