日本の国旗

中部地方の博物館



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

諏訪市博物館

 寅と申の年、6年に一度の天下の奇祭「御柱祭」が今年(1998年寅年)ありました。5月2日、 ログハウスの水道修理に来てもらった水道屋さんともこの話に終始。「明日見に行こうと思っています」と言うと「このお祭りは見るだけではつまらないですよ。町内のハッピを貸しますから皆と一緒に御柱を曳きなさい」。

 水抜きが不十分だったらしく水道管が破裂していたのはショックでしたが、これはラッキー。「あなたは転んでもただでは起きないんだから」とは祭りの参加を電話報告した友人の弁です。

諏訪市博物館

 上社参道入り口に位置するこの博物館では6月まで「世界の御柱展」を開催しています。昨日ハッピを着て"上社一之御柱"を曳いている時「柱を立てることにどんな意味が込められているのだろう?」と疑問でしたので早速出かけてみました。

 「太陽も月も東の柱から昇り西の柱をつたって沈むと考えていた古代人は、柱を立て時間の更新、安定的な秩序と豊穣、そして子孫繁栄を祈願した」と説明文にはありました。これを読むと太陽の再生のために生け贄の心臓を捧げ続けた古代メキシコの人々をつい連想してしまいます。思いは同じでも方法は、民族と文化が違うとかなり異なるものですね。




開館時間 : 9:00〜17:30
休館日 : 月曜・祝祭日の翌日

入館料 : 大人310円 小中学生150円

TEL : 0266-52-7080
所在地 : 長野県諏訪市中洲神宮寺171-2




周辺図 "1"、
諏訪大社(上社)の向かいが諏訪博物館

諏訪ICから車で5分。
茅野・上諏訪駅よりバス
諏訪大社上社入り口下車すぐ。

周辺図 "2"、
諏訪湖のほとりにある原田泰治美術館

諏訪湖周辺図


Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

原田泰治美術館

 「れんげ畑・赤とんぼ・小川のせせらぎ・鯉のぼり・夕焼け空に山村の雪景色・・・・・」ひたすらふるさとを描き続けた「原田泰治の世界」が諏訪湖畔に開きました。朝日新聞の日曜版に作品が連載(82年4月〜84年9月)されていましたから、来ていただければ「アー、この絵見たことあるわ」と思われることでしょう。

原田泰治美術館

 1998年7月19日にオープンしたてのこの施設、駐車場から玄関まではご覧のように緩やかなスロープ、入館すると目に飛び込んでくるのは赤・緑・青とカラフルな車輪を持つ車椅子達。



 空気を詰めた小さなビニール袋をギッシリ並べたような座席と背もたれ、一体どんな座り心地なのかこれなら私も「座ってみたい!」。これは皆さんも同じ思い、そっと座席を押している親子連れの姿も見掛けました。

車椅子
 2階に上がるとロビーには「目の不自由な方へ」のコーナー。机の上には立体的にコピーされた触われる作品が置いてありました。手にとってみると、指に微妙なデコボコが伝わってきます。これで「絵」を感じ取れる人ってスゴイ。

 展示室内の作品も、車椅子の方や子供の目線を考えてやや低め並べられ、全体として「障害を持った方達に配慮した」美術館になっています。ソフト面でもその精神が、末永く維持されますように。


 1999年3月31日までは開館記念として「日本のふるさと四季展」が催されています。南は沖縄の竹富島から最北端の町稚内まで、全都道府県くまなく取材して描いたというシリーズです。



 私事ながら?年前、南は与論島(当時は日本の最南端)から北はもちろん稚内まで、バス・電車・船・自転車、そしてトラックの荷台まで利用して全国を歩いたことがありました。だからどの風景を見てもなんとなく懐かしい。皆さんもご自分の「ふるさと」に会いに来ませんか?

2階展示室

100号の大作を前にした老若お二人の鑑賞者

 中央道諏訪ICから車で10分、諏訪湖畔さざなみロード沿い。2キロほど先に「ルネ・ラリック美術館」(アールデコのガラス工芸品)、上諏訪駅近くには大好きな「北澤美術館」があり、これで3館揃い踏み。諏訪湖周辺がますます充実してきました。



開館時間 : 9:00〜17:00(7月〜9月は18:00まで)
休館日 : 月曜・年末年始(12月28日〜1月1日)

入館料 : 大人800円 中・高校生400円 小学生200円
身体障害者等 : おとな400円

TEL : 0266-54-1881
所在地 : 長野県諏訪市渋崎1792-375

URL : http://shinshu.online.co.jp/museum/harada/
e-mail : haradamu@avis.nejp



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

儀象堂

 時計など精密機械の工場が多く「東洋のスイス」の別称のある諏訪湖畔に、時の記念館「儀象堂」があります。呼び物は「マイ・ウォッチ」が組み立てられることと、この「水運儀象台」。場所はJR下諏訪駅下車徒歩10分、諏訪大社下社秋宮の近く。車ですと四つ角駐車場に入れ道標に従って2分ほど歩きます。

儀象堂
 高さ12mというこの巨大な代物は、中国・北宋時代(900年前)の水車を動力とした大型時計の復元。時を刻むと同時に星や太陽の動きを観察することができる、という天文観測機能が一体になった天文観測時計台だとか。

 「天体を観測し暦を作るのが古代より権力者達の専権事項」で「王朝が出来ると必ず天文台を建てて標準時を定めた」

 という説明に 韓国の慶州にあった天文台「瞻星台(チョムソンデ)」や、その仕掛けで観光客を集めていた チェコはプラハの旧市街広場にある天文時計を思い出してしまいました。


 屋上に渾儀(天文台の望遠鏡にあたる)を頂いたこの建物の内部には渾象(現代のプラネタリウム)と五重の塔のように重なった円盤が見えます。地球儀のように見える渾象の表面には星が1464も刻まれ、外側から星を眺めるものだそうです。



儀象堂
 各円座の上には秒や分など時刻を示す札を持った人形たちが規則正しく動いています。それを見ているだけでも楽しいのですが、毎時行われるパフォーマンスはスケールが大きく近頃はやりのカラクリ時計の比ではありません。

 中の部品がいつもと違う動きをし始めたかと思うと、しばらくして重々しく前面の扉が開き北宋の装束に身を包んだ等身大の学者風の人物が現われ・・・・・。といったように儀式は進んでいきます。後は、見てのお楽しみ。


 入館料はやや高めですが時計作りとセットにすれば良い記念になること間違いなし。コースは(指導料・材料費込み)2,000円、3,000円、5,000円、7,000円、10,000円の4種類あり、制作時間は45分〜6時間。料金・時間に幅がありますので必ず事前に問い合わせと予約をして下さい。



開館時間 : 9:00〜17:30(12月〜2月は17:00まで)、年中無休

入館料 : 大人1200円 小中学生700円

TEL : 0266-27-0001
所在地 : 長野県諏訪郡下諏訪町3289



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ


博物館編

「博物館編」に戻る
日本編

「日本編」に戻る
海外編

「海外編」に戻る

Valid HTML 4.01 Transitional