日本の国旗

関東地方の博物館

千葉県



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

伊能忠敬記念館

 江戸東京博物館の「伊能忠敬展」で始めて目にした彼の日本地図。感激が大きかっただけに、1998年5月開館のこの記念館は気になる存在でした。

伊能忠敬記念館

 1998年9月12日、「平成の伊能忠敬・日本を歩こう!」出立大会が佐原で行われると知り、半分はこの記念館のため参加することにしました。JR佐原駅から諏訪神社の麓にある忠敬の銅像を表敬訪問してから記念館へはゆっくり歩いて15分。



 佐原での商人としての生活から江戸勉学時代、そして全国測量へと時代分けした展示室。入り口で裃に帯刀姿で出迎えてくれるのが忠敬さん。

伊能忠敬
忠敬年譜

1745年 九十九里町に生まれる
1762年(17歳) 佐原の伊能家の婿養子になる
1794年(49) 隠居

1795年(50) 江戸に出、高橋至時に師事
1800年(55) 第1次測量(東北・北海道南部)
1801年(56) 第2次測量(関東・東北東部)
1802年(57) 第3次測量(東北西部)
1803年(58) 第4次測量(東海・北陸)


 翌年正式に幕府に登用され、1816年の第10次江戸測量を最後に1818年73歳で没。



 やはり見学者が熱心に見ていたのは伊能図と測量機器類。対象物との角度を測る象限儀や磁石・方位盤など、意外に簡単な道具類と測歩で「イギリス海軍まで感心させた」という精密かつ、芸術作品のような美しい地図を完成させたのですから「スゴイ!」。

忠敬の測量器具

象限儀
忠敬の日本地図

 江戸博の特別展会場には測量器具のレプリカや、忠敬の歩幅と自分の歩幅が比較できるコーナーがあり実際に操作したり歩幅比べをして楽しみました。新設なったこの記念館もそれを期待していたのですが・・・、なくてガッカリ。関係者の方にお願い、せめて歩幅だけでも再現して下さい。



開館時間 : 9:00〜16:30
休館日 : 月曜日(祝日の場合その翌日)
年末年始(12月28日〜1月4日)

入館料 : 大人500円 小中学生250円

TEL : 0478-54-1118
所在地 : 佐原市佐原イ1722-1



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

佐倉順天堂記念館

 "佐倉"順天堂ですから「佐倉まで行けば良いな」と調べもしないでJRの駅に降り立ったのですが……、人気のない駅前広場にバス停はあっても、どれも一日数便。記念館がどのルート上にあるかもわからないし聞く人もなし。

「さあ、どうしよう?」



 客待ちタクシーに料金を聞くと「1000円位かな」。

 これで乗ることにしました。10分ほど走り「ここです」と降ろされたのがこの門の前。メーターは確かに"980円"デシタ。

佐倉順天堂記念館

 天保14年(1843年)、蘭医・佐藤泰然が佐倉本町に蘭医学熟を開いたこと始まる順天堂。記念館は安政5年(1858年)に移築・新築された建物の一部分。



佐倉順天堂記念館

 玄関を上がると、そこは待合室?右手に見える半円の窓口がアクセントになって味わいのある空間を作り出していました。1849年には領民に無料で種痘を行ったというのですから、当時の佐倉藩は進歩的だったんですね。



 中央に手術道具の並べられた12畳の和室。ここで帝王切開や癌摘出などの外科手術が行われたというのですが、何と安全性が不明ということから「無麻酔!」。痛みに弱い私など、聞いただけで卒倒しそうです。

手術道具

手術道具
手術室

 手前の部屋に並べられているのは「日本医事文化史料集成」で自由に閲覧できます。当時の治療法や手術法・道具類を、浮世絵などで紹介してあり中々面白い。庭から渡ってくる涼やかな風に吹かれて読書に没頭するのもこの記念館の楽しみ方、と言えそう。



開館時間 : 9:00〜17:00
(入館は16:30まで)

休館日 : 月曜日(祝日の場合翌日)
年末年始(12月28日〜1月4日)

入館料 : 大人100円・学生〜児童50円

TEL : 043-485-4335
所在地 : 佐倉市本町81

交通 : 京成佐倉駅よりバスにて10分
JR佐倉駅からタクシー利用で10分、1000円ほど

周辺図


Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

千葉県立中央博物館

 9月13日佐原発両国行きの「伊能ウォーク」に参加したのですが、時速6キロという歩行速度についていけず、爪を傷めて成田を過ぎた2日目にしてリタイア。でも、せっかく千葉まで来ているのですから「博物館でも見て行こう」と選んだのがここ。

千葉県立中央博物館

 千葉駅から大学病院行バスで10分、博物館前バス停で降りますと遠くに(徒歩5分ほど)この建物が見えています。受付で入館料を払おうとしたら「無料です」と言われてビックリ。千葉では県立の施設は無料なのでしょうか。なんか得した気分です。



 素掘りのトンネルを模したこの入り口を通ると、そこは房総の地学の部屋。この博物館では展示室毎に解説員がいらして、希望すれば展示品の解説を20分ほどでしてくれます。要所に設けられたオリジナル・ビデオには所要時間も明記。これだけ配慮が行き届いていると安心して見学できますね。

展示室入り口
ナウマン象

 成田空港の工事中発見されたという、ナウマン象のオスの頭蓋骨。それをもとに復元された全身骨格は確かに迫力がありました。その頭蓋骨の複製(本物は東京だそうです)がガラスケースに入っています。しっかり残った歯など、これだけ完全なものは世界でも珍しいのだそうです。



 房総の生物・歴史、生物の分類・海洋など、どの展示室も見ごたえがありましたが、特に興味をひかれたのは生物の分類の部屋の菌類のコーナー。カラフルな模型はまるでお花のサンプルを見ているようです。

菌類

ブドウ球菌と大腸菌
シャジクモ

車軸藻(シャジクモ)

 最後にある体験学習室はどちらかというとお子様向けですが、横浜市歴史博物館にある土器パズル・触われる剥製・恐竜の足跡などなど、大人でも充分楽しめます。



開館時間 : 9:00〜16:30
(入館は16:00まで)

休館日 : 月曜日(祝日の場合翌日)
年末年始(12月26日〜1月4日)
その他の臨時休館日

入館料 : 無料(特別展期間中は、会場に限り有料)

TEL : 043-265-3111(代)
所在地 : 千葉市中央区青葉町955−2



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ


博物館編

「博物館編」に戻る
日本編

「日本編」に戻る
海外編

「海外編」に戻る

Valid HTML 4.01 Transitional