日本の国旗

関東地方の博物館

千葉県



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

航空科学博物館

 友人を成田に送った後「せっかく成田に早朝行くのだから」と、空港周辺の博物館経由で白子の砂風呂に入りに行こうと計画を立てました。まずは、以前飛行機好きの友人から「成田に発着する飛行機を撮るならこの付近」、と聞いていた航空科学博物館です。

航空科学博物館周辺模型

博物館周辺模型 : ここの目玉は、発着する飛行機を間近に見られる展望展示室。

 「ただいま1機九十九里方面からこちらに近づいてきます」「これはイラン航空の747SPですね。機体の短い特別機で、世界で45機しか飛んでおりません」。「次はシンガポール・エア。この会社は金持ちで…」「今度飛んできますのはJALの特別機。機体にトロピカルな花がペイントしてありますので良くご覧下さい」

 管制官(実際は知りませんが)のような簡潔かつ的確なアナウンスは、轟音と共に飛来する様々な機体の迫力と相まって不思議な魅力をかもし出し、「もう1機見てから、後もう1機…」とつい長居になってしまいます。周囲を見回すと、夢中になているのはどうやら大人の方、でした。



 場内は展望台のある中央棟をはさんでの東西棟と、YS-11試作機などのある屋外展示に分かれています。西棟に入ると、高い天井から何機もの機体が吊り下げられていましたが、最も「美しい!」と思ったのがこれ。

玉虫号

玉虫号

 先日NHKの「その時歴史は動いた」でも紹介していた、二宮忠八氏考案の"玉虫号"の雄姿です。

機体: 現存する小型模型を拡大した実物大模型で、実機は未完成のまま飛行にはいたりませんでした。
動力: 人力によってペダルを漕ぎ、プロペラを廻します。後でエンジンを搭載する予定でした。

(寄贈 愛媛県八幡浜市、製作 八幡浜工業高校)



飛行体験マシン

飛行体験マシン
 さて、これは何でしょう ?

 ボーイング747の、エンジン・タイヤ・コックピット・客室などが並ぶ西棟で、人だかりがしていたのはこのマシン。体験したい飛行機を(ゼロ戦・ベガス上空の遊覧飛行などから)選び、このマスクをかけて楽しむと言うもの。

但し、有料(300円か400円)で2人まで

 この日、東棟では「航空ジャンク市」が行われていました。「ジャンク市」とは? 機内で使用されていた什器(カップやお盆など等)、航空機の部品、各種航空グッズなどの即売会のことでした。お絞りを入れるトレイなどは、他にも使い道がありそうですが、部品などはどうするんでしょう。毎年3月と9月に開催されるそうですので、航空機ファンの方は問い合わせてみて下さい。



航空科学博物館

屋外展示場から見た航空科学博物館



開館時間 : 10:00〜17:00
(入館は16:30まで)

休館日 : 月曜日(祝日の場合翌日)
年末(12月29日〜31日)

入館料 : 大人 500円 中高生 300円 子供(4歳以上) 200円

TEL : 0479-78-0557(代)
所在地 : 千葉県山武郡芝山町岩山111−3



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

芝山古墳・はにわ博物館

 成田周辺の地図上で私の興味を惹いたのは、竜角寺古墳群を含む"房総風土記の丘"と、"はにわ"の文字がプラスされた"芝山古墳・はにわ博物館"。風土記の丘だと東京方面に戻る感じになるので、今回は芝山に向かうことにしました。

はにわロード

成田空港から芝山古墳へは、人物大のはにわが見守る"はにわロード"で

 かの有名な"三里塚"の十字路を九十九里方面へと曲がると、こんな"はにわ"があなたを芝山町まで導いてくれます。山高帽におひげに結髪の"はにわ"なんて、あまり他ではお目にかかったことが無い。町に入ってから博物館まで、標識が少なくちょっと判りにくかったけれど(無理しないで人に聞いたほうが良かった)、どんな"はにわ"に会えるのか期待でワクワクしているから、道を間違えても苦にはなりません。



芝山古墳・はにわ博物館

芝山古墳・はにわ博物館

 やっとたどり着いた博物館、芝山地域の"はにわ"だけを展示してあるのではなく、房総半島各地のハニワが並べられていました。「関東地方全体の古墳文化がわかるように」、と比較展示してあるそうなのですが…。"はにわロード"で見かけた山高帽さんたちがおりません。何故なんでしょう、がっかりです。



はにわ、埴輪、ハニワ

馬のはにわ
武具はにわ
人物はにわ

 第一展示室には、房総半島各地から出土した"はにわ"達。人物・動物・武具・兵士…、長野の将軍塚で見た円筒型・つぼ型・朝顔型はにわなど、古墳には土器を模したハニワが多いのかと思っておりましたが、ここのはバラエティに富みかつ表情も豊か。おひげサン達はいませんが、見ていて微笑ましくなったり、うれしくなったり、彫刻作品を見るような楽しみがありました。房総半島に特異的に形象ハニワが多いのかどうか、他の地方にも確かめに行きたくなりました。



古代の衣装
芝山古墳祭り


 最後の部屋は、11月の第2日曜日に行われる「はにわ祭り」の展示室。

 お祭りの写真とか、復元された古墳時代の衣装を着たお人形さんなどが並んでいます。

 特に目を引いたのは等身大のマネキンの顔に施された真紅のシャドー。

 受け付けで聞きますと、「顔に朱の残るハニワがこの地域で出土したので」とのこと。おしゃれ心、と言うより何か呪術的な意味があったんでしょうね。




古墳の野外模型

古墳の野外模型

はにわ達は殿塚・姫塚古墳の中段に、
まるで葬送の行列でもあるかのように、外側を向いて並べられていたのだとか



開館時間 : 9:00〜16:30
(入館は16:30まで)

休館日 : 月曜日(祝日の場合翌日)
年末(12月29日〜1月3日)

入館料 : 大人 200円 子供(小中学生)100円 

TEL : 0479-77-1828
所在地 : 千葉県山武郡芝山町芝山438−1



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

芝山ミューゼアム

 はにわ博物館お隣の芝山仁王尊・観音教寺境内には、付近の姫塚・殿塚古墳出土のはにわなどが集めた芝山ミューゼアムがあります。

芝山ミューゼアム

上空を航空機が飛ぶ 
向かって左が本堂、左が"芝山ミューゼアム"



芝山はにわ博物館
展示室

 照明をおとしたシックな室内、黒い背景にポッとハニワ達が浮かび上がる趣向の展示室。この部屋に足を踏み入れただけでもう、「良い物が見られる」期待に胸が踊ります。

 帽子にあごひげ・結髪の例のはにわ達、案の定ここにいましたよ。正面のガラスケース、馬のハニワに並んでいるのが彼らです。



 他にも、太刀を持つはにわ、何とも珍しい魚(鮭)のはにわ等など、ここの展示品は圧倒的な迫力と存在感があります。芝山町には申し訳ないのですが、はにわ好きな方にはこちらの方がお勧めです。



瞑想室

仏教美術や絵画を集めた2階展示室の奥に、不思議な小部屋がありました。

瞑想室

中に入って白い台座に座ってみると、前面の壁から青い光が出ていて、
全身が海の底のような、神秘的な感じのする青い光に包まれます



開館時間 : 10:00〜17:00
(入館は16:30まで)

年中無休

入館料 : 大人 600円 小中高生 400円 

TEL : 0479-77-0004
所在地 : 千葉県山武郡芝山町芝山298

URLhttp://www.evam.com/niouson/



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

望月定子美術館

 白子温泉で一緒になった方が「東京方面に帰るのだったら、途中に素敵な美術館があるから寄って行きなさい。私あの人の絵大好きなの」と、60歳過ぎてから絵を描き始めたという望月定子さんの美術館を紹介されました。

望月定子美術館

 62歳で初めて絵筆をとったとは信じられないほど、繊細でダイナミックな絵の数々。なんと言っても海の絵は迫力があります。海の家のふすまに描いたという処女作は、入り口付近にかかっていますからお見逃しなく。



展示室

展示室

お好きな絵をクリックしてご覧下さい。

波涛

波涛
廃船

廃船

花


波


 岩礁に打ちつける荒波、浜に捨てれてもなお希望を失っていない廃船、色とりどりの花々…、そして厳冬期の槍ヶ岳(!?)。山岳の絵は知り合いが撮影してきた写真を見ながら描いたとかで、これらはご愛嬌。ほとんどは毎日見ていらっしゃる九十九里の海の絵です。



定子さん

展示室の一角で色紙を書く定子さん
略歴

1919年 生まれ

1971年 兄の急死で海の家"大野屋"を継ぐ
その年、襖に布を貼って初めての絵を描く
(62歳)

1997年 絵の保管のため当美術館を建てる



開館時間 : 10:00〜16:00

水曜日と雨の日休み

入館料 : 300円 

TEL : 0475−76−4008

所在地 : 千葉県九十九里町西之下
(商工会館裏)



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ


博物館編

「博物館編」に戻る
日本編

「日本編」に戻る
海外編

「海外編」に戻る

Valid HTML 4.01 Transitional