日本の国旗

東京の博物館



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

貨幣博物館

 「アレクサンダーのコイン」に会いたくて、ここならあるはず、と訪れました。古代のコーナーに、装飾品のように配置されて地中海周辺のコインの中に1枚、あることはあったのです。でも、それだけ。本当はB.C.7世紀頃、リディアという王国で造られたのが最初、というコイン史が知りたかった。コインの発明(とは言わないかな?)が、その後の地中海世界やギリシアのポリス国家の一角を見えない所でジワジワと変容させていったのですから、興味がひかれる話ではありませんか。

天正長大判
ザイールの貨幣

世界最大:天正長大判

ザイール:カタンガの十字貨幣

 コイン史はなかったもののメイン展示「日本貨幣史」は見ごたえがありました。私たちは「小判」と聞くと時代劇で見る「千両箱」をつい連想してしまいますが、小判にも時代により幣制により色々な変化があったのですね。中世の黄金の輝きに、しばし浮世の憂さを忘れてみるのも良いかもしれません。

 珍しい貨幣コーナーでは、石貨・分割銀貨・腕輪状貨幣・多角形コイン、そしてカタンガの十字貨幣・・・。戦後インフレがすすんだ各国の高額紙幣の展示コーナーには、ソビエトの100兆マルク札や、100億兆という天文学的なハンガリーの紙幣(単位は忘れました)などが並び面白いですよ。




開館時間 : 9:30〜16:30(入館は16:30まで)
休館日 : 土曜日、第2・第4を除く日曜日、祝日(第2・第4日曜日は開館)
年末年始(12月29日〜1月4日)

入館料 : 無料

TEL : 03-3277-3037
所在地 : 中央区日本橋本石町 日本銀行分館内

http://www.imes.boj.ne.jp/cum/



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

明治大学刑事博物館

 「ヨーロッパ拷問展」-人類の権利・自由を考える-という新聞の案内を見て思わず出かけてしまいました。「中世の宝石」おとぎばなしの舞台のように美しいローテンブルク(ドイツ:ロマンチック街道)と、そこでふらりと入った「中世犯罪博物館」の展示品とのギャップを思い出したからです。

入り口の文字

 お茶の水駅下車、駿河台口から徒歩5分、創立100周年記念大学会館内にこの博物館はあります。通常は無料で日本の刑事関係、捕具・拷具・刑具、そして文書や江戸時代の高札などの資料、の展示が見学出来るそうですが、この日は特別展の入場料1000円も取られたのに常設展示がかけらも見られずガッカリ。



 さて、特別展です。見かけはちょっと滑稽ですが精神に強いダメージを与える「拷問用の樽」やブタ・ロバなどをかたどった鉄製の「辱めの仮面」。確実に死に至らしめるための「鉄の処女」。

拷問用の樽
 肉体と精神に極限まで苦痛(もしくは死)を与えて人々の恐怖心を煽り、改宗や自白を強要して支配力を強めた為政者達。これらの拷問道具を見ているとあの美しい街並みを連想せずにはおれません。

 街や国や宗教を維持するために発展した闇の世界、負の遺産。それは決して過去のことではなくベトナム戦争時のベトナム、そしてポルポトの恐怖政治が行なわれていた カンボジアでも行なわれていたのです。ヨーロッパの影響が大きかったこの地域では政治犯への拷問道具も中世のそれと良く似ていました。


 形は変わってもまだ世界のあちこちで権力維持の暴力がまかり通っている現在。どうしたら良いのかはわかりませんが、少なくともこれらの事実から目をそらせてはいけないのだと思うのですが、どうでしょう?



開館時間 : 10:00〜16:30(月〜金曜日)、土曜日は12:30まで
8月・9月大学夏期休暇中は16:00まで
休館日 : 日曜日・祝祭日・大学の定める休業日

入館料 : 無料

TEL : 03-3296-4431
所在地 : 千代田区神田駿河台1-1



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ


博物館編

「博物館編」に戻る
日本編

「日本編」に戻る
海外編

「海外編」に戻る

Valid HTML 4.01 Transitional