日本の国旗

鳴門(第九初演の地)


Button to English Versionto English Version

Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

第一次世界大戦時、鳴門には 板東ドイツ人俘虜収容所がありました。

「彼らもお国のために戦ったのだから」

が口癖だったと言う、会津藩出身の松江豊寿所長。

敗者への思いやりにあふれる、彼の人間性と信念を反映したこの収容所では、
捕らわれの身になった ドイツ人兵士たちにも比較的自由な生活が許され、
地元の人達との文化的交流もあったと聞いています。

「第九」

その一つがオーケストラや合唱団の活動で、
彼らの第2回コンサートで演奏されたのが、 ベートヴェンの「第九」交響曲、
1918年(大正7年)6月1日のことでした。

「第九」の仲間たち

全国から集まった「第九」の仲間たち

鳴門市ではそれを記念して6月1日を「第九の日」と定め、
1982年からは毎年6月の第一日曜日に演奏会を開催しています。



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

年末の「第九」

 このページに対するメールで最も多いのが、「日本で年末に演奏されるようになった由来を教えて下さい」という問い合わせ。その都度お答えするのも大変なので、15回記念講演時に配布された、「なるとの第九」からその関連記事を書き移しておきます。



 『年末の第九、のことの起こりは昭和18年。東京音楽大学(東京芸術大学音楽部)の奏楽堂で行われた、出陣学徒壮行の音楽会と言われています。

 太平洋戦争の状況が悪化する中、法文系学生で満20歳に達した者へも徴兵令がくだりました。彼らは入営期限を間近に控えた12月の初旬、繰り上げ卒業式の音楽会で、第九の第4楽章を演奏したのです。

 出征した者の多くが戦死し、やがて太平洋戦争も終わりました。生きて帰ってきた者達の中で、「奏楽堂の別れの際に演奏した第九を再び」と言う声があがり、演奏の運びになりました。つまり「暮れの第九」の出発は、戦場に散った若き音楽学徒への鎮魂歌(レクイエム)だったのです。

 その後日本経済の復興とともに、オーケストラ団員の越年資金を得るために、年末に第九が演奏されるようになり、しだいにそれが定着していったと思われます。』




詳細はこの冊子を企画編集・発行しました鳴門市文化会館にお問い合わせ下さい。

 〒772-0003 鳴門市部撫養町南浜東浜24ー7
 TEL : 0886ー85ー7088(代)


Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

ドイツ館

ドイツ館

 第九初演の時代背景や、収容所長松江豊寿に興味を持たれた方は「ドイツ館」にどうぞ。かつての収容所近くに建てられたこのドイツ館、一番札所霊山寺にも程近く、周辺にはドイツ橋・ばんどうの鐘・慰霊碑などがあり半日観光に適しています。鳴門駅からはタクシーで20分、約3,000円でした。



開館時間 : 9時30分〜16時30分
休館日 : 毎週月曜日(祝日の場合その翌日)
年末年始 12月28日〜31日、1月4日〜6日

入館料 : 大人300円 小人100円

TEL : 0886(89)0099(代)



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

ベートヴェン

ベートヴェン像
 1997年5月17日、このドイツ館前広場の高台に"ベートヴェン像"が建てられました。鳴門市市制50周年の目玉として建立されたもので、これは除幕式が行われたばかりの、お披露目ホヤホヤの像です。

 翌日の新聞記事によりますと、『像の高さ3m、台座1.4mのブロンズ製で制作費は1500万円』だったとか。

 指揮棒を振り上げた瞬間のダイナミックな姿は、苦虫をかみつぶしたような今までのイメージとは一味違っていました。音楽ファンならずとも、一見の価値はありそうですよ。

 例年ですと演奏日は「6月の第一日曜日」と決まっていましたが、この年は特別で除幕式翌日の5月18日が演奏会でした。



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

展示品

 ドイツ館内には、実物大の人形が演奏を聴かせてくれる「第九シアター」、収容所新聞「ディ・バラッケ」、記録写真類、興味深い史料がたくさん展示されています。特にお勧めは、当時の収容所の生活をミニュチュアの人形で、本物そっくりに再現した「俘虜たちの暮らし」コーナーです。このバラックの部屋を覗くと、

俘虜達

 お手製のビールを飲みながら談笑する俘虜達。とてもリアルに出来ていて、話し声や笑い声まで聞こえてきそうです。

 このバラックの他の住人は、
手作りのバイオリン

 手作りバイオリンで練習にいそしむ人、その隣室で騒音公害に耳を押さえる人、浴衣でくつろぐ人に読書をする人など・・・、

 様々な人間模様が展開されています。



手づくりの木製ボーリング・ボール

当時収容所内には俘虜経営の「ボーリング場」があり繁昌していたようです。

ボーリングのボール

「第九」の里 ドイツ村(林 啓介著 井上書房)によると、

 『いわゆるドイツ式の九柱戯で、固い木を丸く削ってボールを作り、数十メートル離れた九柱への命中度を競った。 ピンが現在のように十本ではなく、賭博性の強いものといわれる。料金は時間帯により異なり、1時間30〜50銭で1日中利用できた。 いずれにしても、板東収容所ボーリング場は、江戸時代長崎の出島でオランダ人が行ったのに次いで、日本で二番目に古いとされる。』



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ


鳴門編

「鳴門編」に戻る
日本編

「日本編」に戻る
海外編

「海外編」に戻る


Valid HTML 4.01 Transitional