日本国旗 鳴門  Button to English Versionto English Version

Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ
 日本人が大好きなベートーベンの「第九交響曲」。「何時?」「どこで?」最初に演奏されたのか、ご存知ですか? それは1918年の6月、ここ鳴門にあった板東俘虜収容所でした。その背景に当時の収容所所長"松江豊寿"の、世界に誇るべき崇高なサムライ魂があったとは、本を読みながら感心してしまいました。

 第一次世界大戦の戦争俘虜達と、地元民との交流はまるでおとぎ話。"維新の群像松江豊寿"と直木賞受賞作二つの山河(中村彰彦著)はどちらも、彼の人となりを温かい眼差しで描いていてお薦めです。図書館で借りてでも、読んでみて下さいね。

ベートヴェン像



リンク

大正8年の青きドナウ: 千葉県習志野にもあった、俘虜収容所の写真記録

立木写真舘: ご存知、「なっちゃんの写真舘」



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

博物館編

「博物館編」に戻る
日本の国旗

「日本編」に戻る
アンコールの夕陽

「海外編」に戻る
旅行/ホテル案内
温泉情報「予約宿名人」
宿代は貴方が決める
予約宿名人

【楽天市場】

お花を贈るなら
フラワー・ガーデン
品揃え豊富な
スポーツ・アウトドア
収納家具ならここで
生活・インテリア



こども英会話の
ミネルヴァ
オンライン注文の
デジカメプリント



関連図書

松江豊寿
板東俘虜収容所長


第九交響曲―苦悩をつきぬけて歓喜へ

表紙:山頭火と四国遍路
山頭火と四国遍路


四国遍路〈1)

ある日突然、
お遍路さん


Valid HTML 4.01 Transitional