日本国旗 能登半島  

Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ
 「能登に行こう」と思ったのは、真脇遺跡があたからです。三内丸山遺跡で天を突くような栗の巨木の柱を見た時、「縄文人にこんな柱を建てる技術と共同体意識があったんだ」と驚きましたが、他の地方にも巨大木柱列が発掘されていると知り2度衝撃を受けました。

 古代遺跡の本を調べて、それが能登半島の真脇遺跡と金沢のチカモリ遺跡であることを知り見に行くことにしたのです。それにしても現代で"地方"とされている、日本海沿岸や本州最北端の青森に、縄文の巨木文化が栄えていたなんて感動です。

 幹周り3m、高さ17mもの巨木をお社の四隅に立てる諏訪の御柱、もしかしたらその文化は日本海側から入ってきたのかもしれませんね。巨大な柱はそれだけで、自然を崇拝していた縄文人への思いを掻き立ててくれるようです。



仮面モニュメント

真脇遺跡 : 仮面モニュメント


Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

博物館編

「博物館編」に戻る
日本の国旗

「日本編」に戻る
アンコールの夕陽

「海外編」に戻る
旅行/ホテル案内
温泉情報「予約宿名人」
宿代は貴方が決める
予約宿名人

【楽天市場】

お花を贈るなら
フラワー・ガーデン
品揃え豊富な
スポーツ・アウトドア
収納家具ならここで
生活・インテリア



こども英会話の
ミネルヴァ
オンライン注文の
デジカメプリント



関連図書

環日本海謎の古代史―隠された神々の原像

Valid HTML 4.01 Transitional