日本の国旗

能登半島



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

能登へ

 「能登に行こう!」と思ったのは真脇遺跡の環状列柱が見たかったから。途中魚津の 埋没林博物館と金沢の からくり記念館を見学。傾きかけた太陽を気にしながら、能登半島に向かって走ります。能登有料を西山ICで降り一般道に入ると、「厳門」「ヤセの断崖」の標識が目を刺激。

夫婦岩

 ここは有名な景勝地「能登金剛」ですもの「寄ってみたい!」。でも今日は先を急ぐので、グッとガマン。のつもりでしたが、夕陽に誘われこの「機具岩(別名夫婦岩)」で、ちょっと一休み。




Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

世界一長いベンチ

 能登金剛ではあんなにガマンしたのに、富来町の中心部に入ると今度は「世界一長いベンチ」の標識です。2つほどは無視したのですが、前方に「魚のいない水族館」と大書きしたペアドームを見かけると、たまらずにその駐車場に入ってしまいました。

世界一長いベンチ
 まあ、意志が弱いと言いましょうか、好奇心旺盛と言いましょうか、毎度の事ながら救いようがないですね。

 まずは、ベンチ。増穂浦の海岸に延々と続くのは、ギネスブックにも登録されているという長さ460mのベンチです。

 シーズンオフだからか時間のせいか、見渡す限り座っている人影は見えなくて、心なしかベンチも手持ちぶさたで寂しそう。何故かペイネの絵を思い出してしまいました。

 この話をすると北海道出身の友人が「その前は俺らんとこに世界一があった」と言っていましたが……、本当?




Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ
魚のいない水族館

 トイレを借りた富来町ふるさと文化センターに「魚のいない水族館」の割引券が置いてありました。宿に決めている門前までの時間が気になりましたが入ってみることにしました。

魚のいない水族館

イリュージョン・ワールド : 魚のいない水族館



 館内はこんな風。水槽はあっても水もお魚もいない。小窓の中にはクリオネ・ハリセンボン・ずわいガニなどがいて、「ボク、クリオネ。手を入れてボクを触わってみて」などと誘います。

魚のいない水族館
 手を入れると、くすぐったがったり爪をふりかざして怒ったり、と様々な反応をしてくれます。子供たちが歓声をあげて喜びそうなコンピューター・グラフィックスの世界です。

 でも反応は一様だし、繰り返される音声で館内は騒々しくて落ち着かない。水族館というよりゲームセンター、といった趣で私には苦手な施設。


 左手の小ドームは特殊眼鏡をかけてみる3Dのハイビジョンシアター。海底の様子や海の生物が立体的に映し出されるのですが、早朝から運転しているせいか目が疲れて仕方がない。結論、普通の水族館の方がリラックスできて好きです。



開館時間 : 9:00〜17:00

年中無休

入館料 : 大人500円 小人300円
(割引券を持参すると100円引き)

TEL : 0767-42-0900
所在地 : 富来町領家町甲の62−1



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

ビュー・サンセット

 雑誌でみかけた宇宙船のような内部空間と、"女性一人でも泊まれます"のうたい文句に今夜の宿は迷わずここに決めました。赤と黒を基調とした館内はフロント・ホール・レストラン、勿論客室のどれをとっても斬新なデザインでとてもおしゃれです。

ビュー・サンセット

 建築家が知恵を絞った建物の中を、当てもなくさ迷うのは無上の幸せ。でもどうしてもこの池のほとりに出られない。「何故?」

 「池は浴室の前にありますので、お客様のプライバシー保護の観点からチェックアウト後でないと行かれません」ですって。連泊なら問題ないのですが、1泊の方はご記憶下さい。




TEL : 0768-42-2050
所在地 : 門前町千代29−58


Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

じんのびの湯

 ビュー・サンセットの付属施設が天然ラドン温泉"じんのびの湯"。フロントで「"じんのび"とは」どんな意味かと聞きましたら「ウーン、こちらの方言でのんびりユッタリした状態の時使うのですが……」と困った様子。「極楽極楽」に近いのでしょうか。

じんのびの湯

 のびやかにカーブしたペデストリアンデッキ(展望廊下)でホテル本館と連絡しているこの温泉。宿泊者は入浴券を2枚もらえますので2回は無料で入浴できます。本当は朝風呂に入りたいのですが、残念ながら朝は11時から。海に向かって大窓がある大浴場にサウナ、ちょっと狭いのですが露天風呂もついています。このお風呂に入って「じんのびー」とリラックスして下さい。



営業時間 : 11:00〜21:00(水曜日は17:00から)

年中無休

入浴料金 : 大人450円 小人100円

TEL : 0768-42-2100
所在地 : 門前町千代29−58



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

門前町天領北前船資料館

 天領とは徳川幕府の直轄地のこと。門前町の黒島は1684年に直轄地になり、日本海を往来する北前船の拠点として繁栄していたとか。海岸通りを資料館を探しながら徐行運転していると、この建物が目に飛び込んできました。

角海家

望楼のある石川県指定文化財:「黒島・角海家」

 海に面して続く黒塀は風格があり、「ここが資料館?」かと思わず曲がってしまったほど。でもこれで正解。資料館は角海家の角を入り、神社前を右折したところに建っていましたもの。



天領北前船資料館

門前町天領北前船資料館
 はい、こちらが資料館です。向かって左の大屋根は、展示室と兼用になった曳山(天領祭の山車)の倉庫。一階はお城の天守閣を頂いた豪華な輪島塗りの曳山、北前船の模型、天領祭の様子を映したビデオのコーナーになっています。

 受け付けの女性が館内の説明をしてくれましたが、最初はかなり事務的な口調。でも質問を重ねると「この春の配置転換でここに来たばかりなので」良くわかりませんが、と言いながら台帳ノートなどを調べてくれました。

 それでも良くわからず質問事項を書いてきましたら、帰宅後丁寧なお手紙とコピーをいただきました。資料館の皆さん、ありがとうございます。




 2階は北前船の資料と、天領祭で使用されていた室町時代の猿楽面などの展示室。船絵馬、船箪笥、刺し子の長着(どんざ)などが並んでいます。

船絵馬
 航海の安全を祈願して奉納された船絵馬は勇壮で、「航海中の北前船を見てみたかった」というほど迫力があります。

 着る人の安全を祈りながら指したであろう細かい針目の長着は、現代的な美しさが感じられ「着てみたいな」。

 この資料館で忘れてならないのは、船首飾り「サガリ」の実物。これが残っているのは珍しいのだそうですヨ。





開館時間 : 9:00〜16:00

休館日 : 月曜日(祝日の場合その翌日)
年末年始(12月29日〜1月3日)

入館料 : 大人300円 小中学生200円

TEL : 0768-43-1193
所在地 : 門前町黒島ロの114の2番地



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ


能登編

「能登編」の続き
日本編

「日本編」に戻る
海外編

「海外編」に戻る

Valid HTML 4.01 Transitional