日本国旗

大町(山岳博物館)



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

湯俣噴湯丘

 槍ヶ岳に源を発し、北アルプスの花崗岩地帯をV字に侵食しながら大町へと流れ込む清流高瀬川。数年前から山博の友人達に同行を頼んでいた、この上流にあるという天然記念物"湯俣噴湯丘"への山行。1997年やっとその願いが叶いました。徒渉の必要があるというので水量の少ない9月初旬のことです。

 大町から車で30分も走ると、この渓谷に面した魅力的な山の出湯「葛温泉」に出ます。さらに上流の高瀬ダムから(本来車はここまで)川沿いの登山道を歩くこと3時間、対岸に"湯俣噴湯丘"が姿を現します。

湯俣噴湯丘

 噴湯丘はお湯の出口に炭酸カルシウムなどが堆積して丘状になったもので、ここのは3メートル以上はありそうでした。10年ぶりという友人の一人は着くなり「ワアー、大きくなってる!」と歓声。当たり前のことですが、お湯が出ている間は成長を続ける、のですね。


Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

対岸に渡ってみると

 当然、同行の3人も対岸に渡ると思っていましたのに「前に渡ったことあるから」とか「ここからでも写真は撮れる」とか冷たい返事。せっかく水着まで持ってきたのですから「一人でも行ってくる」と岩陰で水着に着替え、流されないように杖を持っての孤独の徒渉です。

湯俣噴湯丘

 渡った甲斐がありました。対岸から見たのとは迫力がまるで違います(でしょう)。裏の崖に登って(噴湯丘本体にではありませんよ)頂上部を覗き込んでみると、湯の湧き出し口はなんとピンク。そこから湧き上がるお湯が、ピンクの線を引いて白い肌を幾筋も流れ落ちる様は生きている女体を思わせ「色っぽい!」。この丘がどんな風に成長するものなのか10年後にまた来てみたいものです。


Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ


大町編

「大町編」に戻る
日本の国旗

「日本編」に戻る
アンコールの夕陽

「海外編」に戻る

Valid HTML 4.01 Transitional