日本国旗 御柱祭  

2004年5月22日更新

Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

 六年に一度の天下の奇祭御柱。2004年は「申年の御柱には景気が上向く」と言うその御柱年にあたります。『諏訪の奥山から伐り出した巨木を、人力だけで大社まで曳いて行きお社の四隅に建てる』と言うこの祭り、障害物もなんのその、崖を落とし川を越え国道を横切ってお社までまっしぐら、と言う古代の香りを強く残した単純明快さが、今も人々をひきつけます。

 その起源を神道や仏教に求める説も多いのですが、『1200年以上の歴史を有する』こと以外、未だ定説はありません。個人的には能登の真脇遺跡のように、『縄文人が巨木を建ち並べて祭祀の場所とした』その流れを受け継いでいるのではないか、と考えています。

 起源はどうであれ、期間中の氏子の方々の"御柱パワー"はスゴイ。前回の里曳きに続き、今回は上社前宮の建御柱を見学に行って、その爆発するエネルギーに圧倒されてきました。画像処理が終わり次第更新しますから、もう少しお待ちくださいね。

御柱2004

御柱1998




マンホール
諏訪市では
マンホールも"御柱"
御柱リンク



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

丸太小屋編

「丸太小屋編」
日本の国旗

「日本編」に戻る
アンコールの夕陽

「海外編」に戻る

旅行/ホテル案内
温泉情報「予約宿名人」
宿代は貴方が決める
予約宿名人
国内格安航空券
とらべるタウン
女性におすすめ♪
たびてネット
温泉宿の予約は
旅の窓口
魅惑の船旅
PTSクルーズ
空港"格安"駐車場
楽楽パーキング



【楽天市場】

お花を贈るなら
フラワー・ガーデン
品揃え豊富な
スポーツ・アウトドア
収納家具ならここで
生活・インテリア



こども英会話の
ミネルヴァ
オンライン注文の
デジカメプリント



関連図書

風と火の古代史
よみがえる産鉄民


古代の鉄と神々

Valid HTML 4.01 Transitional