日本国旗

御柱祭


Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

御柱2004

 1998年に"里曳き"に参加させてもらってから早6年、また「御柱の年」がやってきました。本当は、豪壮な"木落とし"や"川越し"を見たかったのですが、その"山出し"は4月の初め。その時期は残雪が多くて山荘に入れなかったので、5月3日(上社前宮)4日(同本宮)に行われる"建御柱"を見に行くことにしました。

上がり始めた

上がり始めた上社前宮"四の御柱"

 諏訪大社は諏訪湖を挟んで、南東に上社本宮と前宮、北西に下社の本宮と秋宮の4社を総本社とし、(*注)建御名方(たけみなかた)神と配神八坂刀売(やさかとめ)神を祀っています。この四社の社殿の四隅に、計16本の樅(もみ)の巨木を建てるのが「御柱祭」。余り知られてはいませんが実はこの年、県下の多くの神社でも御柱が建てられるのだそうです。

 (*注)建御名方神 : 日本神話上の人物で、古代出雲の主神、大国主命(おおくにぬしのみこと)の息子。国譲りを迫る高天原族(主神、天照大神:あまてらすおみみかみ)の使者、建御雷(たけみかづち:鹿島神宮の祭神)神と闘って敗れ、出雲を追われた。日本海沿いに逃れて諏訪地方に辿り着き、この地域を出ないことを条件に許されたと言う。

 彼は土着のミシャグチ神を従えて諏訪大社の祭神となり、その後闘いの守護神として武門の崇拝を集めるようになった。彼の逃亡路には独特の鉄文化が残り、古代産鉄の神とも目されている。


Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

冠落とし

 「4日は雨」の予報だったので本宮は諦め、3日の前宮に行ってきました。茅野駅から上社まで約2キロ、近づくにつれはっぴ姿が多くなり、徐々に祭り特有の興奮に包まれていきます。うきうき気分で歩いて来ましたが、上社に着きうねる人波を見たとたん「シマッタ!」と思いました。

 鳥居をくぐるとそこはもうぎっしりの人・人・人、どこに何があるやら全く判りません。これは下見をすべきでした。どんな手順で御柱が建てられるのか皆目検討がつかなかったのですが、「最初に"一の御柱"を建てる」と聞き、社殿に向かって右側、"一の御柱"と"四の御柱"の中間に陣取り、両方の進行状態を見守ることにしました。

冠落とし

"四の御柱"の冠落とし
冠が落とされた御柱

先端を整えられた"一の御柱"

 待つことしばし、"四の御柱"に白装束の人が近づきやがて、取り囲んだ人垣の真中から掛け声と斧を振り下ろす音が聞こえてきました。ほとんど見えなかったのですがこれが"冠落とし"、柱の先端を三角錐状に削り落とす神事でした。これで"御柱"は晴れて神木としての威儀が整った、つまり人間界風に言えば「冠を頂き威儀を正した」状態になったのだそうです。

 この後すぐに建て始めるのかと思いきや、1時間ほど休憩との場内アナウンス。これを聞き人垣が崩れ始めました。動きやすくなったので柱の様子を見に行ってみると、人が群がり縄や小板を取り付けています。聞くとこれは「氏子が"御柱"に乗るための手がかり足がかり」。「上がってくる丸太に乗ってたら人は途中で落ちちゃうだろう」と半分期待して(!?)来たのですが、違いました。そりゃ危険ですものね・・・。


Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

ヨイトマケ

 上社の場合、どの柱を曳き建てるかは毎回抽選。どの地域も本宮一の柱を引き当てたくて、抽選会には精進潔斎して臨むのだとか。今回本宮"一の柱"は玉川・豊平地区、見学にきた前宮の"一の柱"は湖東・北山・米沢地区が担当していました。偶然ではありますが、北山と言えば山荘のある白樺湖を含む地域。親しみを感じてしまって、見学にも力が入りました。

ヨイトマケ

湖東・北山・米沢地区のヨイトマケ(しゃち、かぐらさん)

 私たちが陣取ったのは建御柱の舞台裏、御柱を立ち上げるためのかぐらさんの置かれた場所でした。最初は快調に巻き上げていましたが、その内かぐらさん自体が浮き上がり辺りは騒然。一時中断して試行錯誤の末、角材を乗せてその上をシャベルカーで押さえる、と言う方法で再開しましたが、人を乗せたまま御柱が倒れてしまうのではないかとハラハラしてしまいました。左手にシャベルが見えているのですが、お判りになりますか?



御柱

次第に角度を増す "一の御柱"
北山・米沢・湖東と順序良く乗っています。

 赤・黒・黄色、地区毎に趣向を凝らした装束で参加しているので、境内は色があふれとても華やか。湖東・北山・米沢地区のカラーはピンク。ハッピも桜の花が散らしてあって、遠くから集団を見るとまるで満開の山桜を見るようでした。本当はこの様子を前面から見たかったのですが、勉強(下見)不足のため背後からしか撮ることができなかったのがとっても残念です。


Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

無事終了

御幣

無事建ち上がった"四の御柱"
上社では先端に大御幣(高さ1.5m)が取り付けられる



建立を終えた

建立を終えた"一の御柱"を取り囲み万歳する氏子たち




Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

「御柱2004」の続き


山小屋編

「山小屋編」に戻る
日本の国旗

「日本編」に戻る
アンコールの夕陽

「海外編」に戻る

Valid HTML 4.01 Transitional