日本国旗

鉄の道



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

可部屋集成館

 "鉄の道"探訪3日目。美しい夕焼け空とは裏腹に、シトシト雨の肌寒い朝になってしまいました。昨日来た道を仁多町まで戻り、432号線を庄原方面へと向かいます。宿舎(奥出雲多根自然博物館)を出てから約30分、吉田村への道を分け、たたら角炉伝承館の横を通り過ぎると間もなく、左手に櫻井家の歴史資料館"可部屋集成館入り口"の標識が出てきました。

可部屋集成館

可部屋集成館

 櫻井家 : 戦国武将"塙團右衛門"の討死後、母方の姓「櫻井」を名乗った嫡男直胤は、広島郊外の「可部郷」で鉄山業を営んだ。第3世(約350年前)の時この地に移り、「可部屋」と号して"菊一印"の銘鉄を創り出した。その業績は松江藩に認められ、第5世は「鉄師頭取」を拝し、地域内の鉄山業を取り仕切った。

 (可部屋集成館パンフレットより抜粋)

 "たたら"資料として、道具類や製鉄法を展示していた絲原資料館とは異なり、ここでは任命書や御用札など、松江藩の鉄山政策を示す文書類が並べられています。鉄山経営以外の資料としては、武将だった始祖を偲ばせる"士分格"の日用品やお道具類・美術工芸品などが、コーナー別にゆったりと展示されていました。



開館時間 : 09:00〜16:30
休館日 : 月曜日(祝日の場合その翌日)・冬季

入館料 : 大人700円 (庭園拝観はプラス300円)
大学・高校生400円 小中学生300円

TEL : 0854-56-0800
所在地 : 島根県仁多郡仁多町上阿井内谷



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

角炉伝承館

角炉伝承館

等身大の人形による作業風景
たたら製鉄の最終章


 幕末、諸外国から開国を迫られたわが国は、大砲鋳造・船舶の建造に大量の鉄を必要とするようになった。

 "たたら"で作られた鉄は、それらの製造に不向きだったため、各藩は苦心して反射炉・高炉を建造、洋式製鉄を試みた。ことはご存知ですよね。

 角炉は"たたら"同様、砂鉄を木炭で還元する炉で、炉を粘土からレンガに替えて連続操業できるようにした施設。

 "たたら製鉄"が経済性から"洋式近代製鉄"に引き離されつつあったその移行期、生き残りをかけて闘った、鉄山師達の貴重な文化遺産の復元です。



 伝承館は、昭和10年〜20年にかけ操業されていた、櫻井家所有の角炉の復元。6体の人形とパネル展示で操業風景を再現しています。



開館時間 : 09:00〜17:00(年中無休)

入館料 : 無料

問い合わせ先 仁多町教育委員会 : 0854-54-1229
所在地 : 島根県仁多郡仁多町大字上阿井1325−6



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

鉄の歴史村宣言



吉田村は、たたら製鉄の中心地であり、鉄と共に栄えてきた。

その鉄の風土と歴史、そして文化の遺産を
正しく保存し公開することが 私たちの使命であり

ここに「鉄の歴史村」を宣言する。 − 昭和61年3月16日 −




山内

山内(さんない) : "たたら製鉄集団"の職場と居住空間



 宣言の背景 : 原料の砂鉄・燃料の山林資源に恵まれた、吉田村を含む奥出雲地域は、古来より(弥生時代から?)"たたら吹き"で鉄を産してきた。15世紀以降、炉の進歩と送風装置の開発などにより、"企業たたら"として良質の鉄を生産、最盛期には全国生産量の80%を占めた。

 明治から大正に入ると徐々に洋鉄に押され、1923年には菅谷高殿が閉山。主産業を失った吉田村は、過疎への道をたどる事となる。状況打開を図る住民討議の結果、菅谷高殿など多くの鉄の文化遺産を活かし、正しく後世に伝えようと、村全体を"鉄の博物館"にする構想が採択され、"鉄の歴史村"の宣言となった。



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

鉄の歴史博物館

 角炉伝承館から山越えをして、やっと今回の目的地、吉田村に入りました。トンネルを抜けるとすぐ左手に"鉄の未来科学館"が見えましたが、旅行直前に「鉄の歴史村」資料を速達で送って下さったSさんに早くお会いしたいと、歴史博物館に急ぐことにしました。

 事前に地図は見ていましたが、博物館巡りの癖で「ゼネコン主導の大型建物」を探してしまい、何時の間にか吉田村の中心地を通過。もう一度地図を見直し、狭い路地を入って行きますと…。良かった、今度はちゃんと見つかりました。この博物館、周囲の風景に溶け込む純和風の佇まい。趣があって素敵でした。

鉄の歴史博物館

田部家資料を中心に、"たたら製鉄"をわかりやすく紹介しています

 ここは鉄の歴史村地域事業財団の事務所にもなっています。「資料のご送付ありがとうございました」と受け付けでお礼を言いますと、「まずはこれを」と記録映画"踏鞴(たたら)"(日本鉄鋼協会による操業再現記録:昭和44年制作)のスウィッチを入れられました。

 奥出雲旅行中、各所で様々なビデオを見ましたが、ここの"踏鞴(たたら)"は床作りの手順を丁寧に撮っていて、"たたら製鉄"への理解を深める上で最もわかりやすいものでした。30分の作品ですので、この博物館には時間に余裕を持ってお出かけください。




開館時間 : 09:00〜17:00(入館は16:00まで)
休館日 : 月曜日(祝日の場合その翌日)

入館料 : 大人500円 小中学生250円
鉄の未来科学館・菅谷たたら山内との3館共通券 : 大人1,000円 小中学生500円

TEL : 0854-74-0043
所在地 : 島根県飯石郡吉田村吉田町



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

大鍛冶屋(おおかじや)

 お医者さんの住居を改造した和風の1号館。2階は、"たたら製鉄"とその技法の展示コーナー。砂鉄採取の用具、木炭の原木、炉つくりのパネル写真に道具類、完成したケラの加工法…などが、整然と並べられています。中で一番興味を持ったのは、"大鍛冶屋"の説明。鍛冶屋は聞いたことありますが、"大鍛冶"とは初耳です。

包丁鉄

"包丁鉄"
 "たたら炉"の底にできた鉄塊(ケラ)には、鋼・鉄・銑(ズク)が含まれている。これを大銅場で細かく砕き、炭素含有量により7段階に選別。

 炭素量が1.2%〜1.6%のものが玉鋼一級品(総重量の約15%)で、この部分が日本刀の材料となる。

 銑(ズク)や歩\xFBヒ(ぶけら:玉鋼とズクの中間の炭素量)は大鍛冶場に運ばれ、炭火で熔かして炭素を抜き(脱炭作業)、金鎚で叩いて運搬しやすいような延べ鉄にした。

 これを"包丁鉄"と言い、各地の鍛冶屋(小鍛冶)で日用刃物などに加工された。




 「フーン」、"たたら"でできる鉄の塊、総てが玉鋼かと思っていましたが、違うんですね。これも初耳、「目からウロコ」でした。別棟の2号館は、その鍛冶集団と鉄山経営のお話。では、行って見ましょう!


Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

鉄の歴史博物館−2号館

 1号館の見学が終わると、「こちらです」と事業団のYさんが傘をさし掛けてくれました。収蔵品が多くなったので「増築した」2号館は、本館との間に路地を挟んでいるので、小さな陸橋を渡って行くようになっています。ここではまず「和鋼製作技術」ビデオ(全19分)を見ましょう。

 "鉄穴流し"(6分)、"たたら操業"(6分)、"大銅場"(45秒)、"小銅場"(45秒)、"鋼つくり"(1分30秒)、"大鍛冶"(4分) と順を追い操業全体の流れを掴むことができます。

 貴重な"大鍛冶"の作業風景は、ここでしか見られませんよ!



大鍛冶作業風景

鉄を鍛える : 大鍛冶の作業風景

 「"たたら"は復活しましたが、"大鍛冶屋"は失われてしまいました。今一番"たたら"に必要とされているのは"大鍛冶"の技術なのです」と力説されたYさん。"たたら製鉄"を影で支えた伝統の技。この風景は、もう映像の中でしか見ることができないのかもしれませんね。



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

鉄の未来科学館

 割りこそばの昼食をとり、先ほど来た道を戻ります。 "鉄の未来科学館"一帯は、「世界の製鉄史の拠点つくりを目指した」"オープンエアー・ミュージアム"として開発され、木の国文化館・現代たたら・鍛冶工房・食の幸ふる里屋などが点在していました。

鉄の未来館

 "鉄の未来科学館"は、「世界の製鉄炉の変遷を通して、鉄の歴史を振り返り」「最新技術の紹介で、鉄の可能性を考える」施設として、エリアの中核をなしています。館内はまるで工場のようで、菅谷たたら、世界初のコークス高炉、日本発の洋式高炉、と言う3つの大型復元模型とマルチビジョンで、「鉄の世界」を立体的に解説していました。



開館時間 : 09:00〜17:00(入館は16:00まで)
休館日 : 月曜日(祝日の場合その翌日)

入館料 : 大人500円 小中学生250円
鉄の歴史博物館・菅谷たたら山内との3館共通券 : 大人1,000円 小中学生500円

TEL : 0854-74-0921
所在地 : 島根県飯石郡吉田村大字吉田村892−1



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

菅谷たたら山内

 "鉄の未来科学館"から再び往路を戻り、"たたら製鉄"が栄えた頃の町並みが残る"菅谷たたら山内"に向かいます。県道脇の駐車場に車を停めると、周囲を見渡す暇も写真を撮る間もなく「こちらですよ」と、伝承館に招き入れられました。テレビの前の椅子に座ると、すぐお茶とお茶うけ(お菓子に漬物!ご馳走様でした)が出され、「ここでしか見られませんから」と"出雲炭焼き日記"の上映です。

 これも貴重なフイルムでしたが、60分程かかるのです。「余り時間がないので…」と途中で切り上げ、バイクの先導で谷底に見えていた山内へ。

菅谷たたら山内

桂の木を中心に、奥の長屋が元小屋、

右が菅谷高殿(国指定・重要文化財)、左がケラを砕いた大銅場



 山内(さんない) : 古くは砂鉄と木炭を求めて、移動しながら鉄を生産していた集団が、"永代たたら"の出現で定住するようになった。 最高責任者でもある技師長"村下(むらげ)"、村下の補佐役で木炭を管理する"炭坂(すみさか)"、木炭を投入する"炭焚(すみたき)"、たたらを踏む"番子(ばんこ)"、に職業分離され、一体となって作業を行っていた。

 彼等がその家族と共に居住していた地区が"山内(さんない)"。菅谷たたら山内では往時43戸138人の人々が暮らしていた。山内全体を経営していたのが、山林を所有する鉄山師だった。

 "菅谷たたら" : 田部家が経営していた数ある"たたら高殿"の中でも、中心的な存在。高殿様式の"たたら製鉄"施設としては唯一のもので、重要文化財に指定されている。1681年(天和元年)操業を開始してから1923年の閉山まで、240年余りの歴史を誇る。

 金屋子伝説 : 金屋子神は地上に降りる時、ムラゲ(村下:たたら製鉄の技師長)とオナリ(巫女:村下の飯炊き)を連れて来た。女神の金屋子神が、鏡に見立てて化粧した「金屋子化粧の池」は、菅谷高殿のすぐ裏にある




開館時間 : 09:00〜17:00(入館は16:00まで)
休館日 : 月曜日(祝日の場合その翌日)

入館料 : 大人500円 小中学生250円
鉄の歴史博物・鉄の未来科学館との3館共通券 : 大人1,000円 小中学生500円

TEL : 0854-74-0350
所在地 : 島根県飯石郡吉田村大字吉田村




本日の走行距離:64キロ(仁多町〜吉田村〜湯村温泉)、見学施設:5ヶ所

翌日は、加茂岩倉・荒神谷両遺跡と玉作り資料館を見て、安来の和鋼博物館へと戻りました


Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ


鉄の道編

「鉄の道編」に戻る
日本編

「日本編」に戻る
海外編

「海外編」に戻る

Valid HTML 4.01 Transitional