日本国旗

鉄の道



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

和鋼博物館

 小浜から9号線をひた走ってきましたが、途中湯村温泉に入ったりハワイ(羽合)海岸で休憩したりしたので、博物館に着いたのがジャスト16:30。入館出来ませんでしたので、夕映えの写真だけを撮りました。地図上の入り口のため、ここでも最初に紹介していますが、実は「3日間かけて歩いた"鉄の道文化圏"最後の訪問地」がこの博物館、と言うことになりました。

和鋼博物館

夕映えの"和鋼博物館" : 建物の一部は市民ギャラリー

撮影後、広瀬に向かう橋の上で見た夕焼けは、息を呑むほどの美しさでした。



たたら : 足で踏んで送風する大きなフイゴ。転じて、フイゴを用いて「砂鉄(酸化鉄)を木炭で加熱・還元する」、日本式の製鉄法全般を指すようになった。

 弥生時代に鉄が伝えられてから室町時代まで、山の中腹で風の良く吹く斜面に炉を築く、"野たたら"で鉄を産していたが、江戸時代になると天気に左右されないよう、高殿と言う建物を作り、その中で鉄を作るようになった。これを"永代たたら"と言う。

ハイビジョン・シアター : "炎と玉鋼(たたらに生きる)"は、永代たたらの基礎作りからたたら製鉄の操業の様子までを描いた、15分のドキュメンタリー番組。 ここで私は3日間の復習をさせてもらいましたが、これから"鉄の道"に足を踏み入れる人にとっては、概要をつかむ予習になります。必ず見て下さいね!

 09:30・10:30・11:30・12:30・13:30・14:30・15:30・16:30の1日8回の上映。




開館時間 : 09:00〜17:00(入館は16:30まで)
休館日 : 水曜日(祝日と重なった場合はその翌日)・年末年始

入館料 : 大人700円(JAFカード提示で500円に) 中・高校生500円 小学生300円

TEL : 0854-23-2500
所在地 : 島根県安来市安来町1058



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

"たたら"の床つくり

 操業記録ビデオ"踏鞴(たたら)"を鉄の歴史博物館で見て、一番感動したのが"永代たたら"の床つくりでした。たたら製鉄は湿気を極端に嫌うため、その寝床は地上部の3倍もの深さ(約3m)の基礎が必要なのです。それもただ「積み重ねれば良い」、とう単純なものではなく、「知恵と技術が結晶」した作業の連続だから「スゴイ!」のです。では、この博物館の展示模型で、その技を簡単に説明いたします。



1、本床と小舟を作る

本床と小舟を作る

最下層の排水溝(中央下)の上に
砂利・木炭・粘土の層を作る

その上に本床と(左右に)小舟を築く

2、本床天井の叩きしめ

本床の天井を叩きしめる

薪がギッシリ詰まった本床と小舟、
その天井部分を粘土で覆って、

本床の天井をしっかりと叩きしめる




3、下灰作り

下灰作り

中の薪を燃焼させ細かく砕く
これでやっと本床の出来上がり

「これをせんと、ええ鉄ができん」

4、炉を築く

炉を築く

粘土で作られた炉(長さ3m幅と高さ1m)は、
熔けながら砂鉄が鉄になるのを助けるので、

「粘土の成分はヒ・ミ・ツ」




Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

天秤フイゴ

5、炉とフイゴを連結 : 床つくりに費やされる期間は何と2ヶ月

炉の左右に送風用の天秤フイゴを連結したら、操業の準備が完了です。

たたら炉の完成



 フイゴ : "たたら"の語源になった送風装置で、模型の天秤フイゴは1691年に発明された物。これを踏むのは「番子(ばんこ)」と呼ばれ、交替制ではあるが、三昼夜の連続送風は過酷な労働であった。

 もうお分かりですね。交替で何かをする時の「代わり番子」はここから来ています。

 勉強不足なので明言は避けますが、これ以外にも製鉄作業を語源とした日本語は多々あるようです。ご存知の方、このコーナーで紹介したいので、どうか教えて下さい!



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

"たたら"操業

6、炭と砂鉄の投入 : 炉に木炭をつめ点火。温度が上がったら、

村下(むらげ)の合図で"砂鉄の投入!"

たたら炎の図

"たたら"炎の図
 砂鉄を入れて、木炭を入れて、砂鉄を入れて、木炭を入れて…。
  • 籠り初期(1時間40分後)
  • 籠り次(12〜15時間後)
  • 上がり(30〜35時間後)
  • 下がり(55時間後)


 木炭10tに砂鉄6tを投入される、炉内部と炎の変化。

 釜の内部が徐々に熔け、底に鉄の塊"ケラ"(赤で示されてます)が出来ていく様子、おわかりになりますか?


30分おきに木炭と砂鉄を入れ続けること三昼夜、これを一代(ひとよ)と言う。



 村下(むらげ) : 床作りの采配から炉の粘土選び、砂鉄投入のタイミングから\xFBヒだしの時期まで、"たたら"操業は"村下"の指揮のもとに行われた。炉に火を入れてから\xFBヒを取り出すまでの三日三晩、気の抜けない不眠不休の作業が続く。

 「炎を太陽の色に合わせて鉄を作る」。鉄の品質を左右したその技術は、一子相伝の世襲でした。




Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

\xFBヒ(ケラ)と玉鋼

7、\xFBヒ(ケラ)出し : まだ炎を上げている炉を一気に壊し、底にできた鉄の塊"ケラ"を引き出す。

ケラ

一代で出来る"ケラ"は2〜3トン。これを大銅場で小割にし、炭素量の違いで7段階に分けた。



8、玉鋼(たまはがね) : 最も品質の良い部分を指し、主に日本刀の材料となる。

炭素量の多いものは大鍛冶で脱炭(だったん)して鍛えられ(錬鉄)、日用刃物などになった。

玉鋼(たまはがね)

金銀より貴重だった? "鉄"
7分類

  • 玉鋼(たまはがね:全体の15%)
  • 目白(めじろ)
  • 砂味(じゃみ)
  • 造粉(つくりこ:玉鋼の粉)
  • \xFBヒ銑(けらずく)
  • 歩\xFBヒ(ぶけら:砂味より質が落ちる)
  • \xFBヒ細(けらこま:歩\xFBヒの小さな塊)




 "玉鋼"は、"たたら製鉄"で出来る鉄の総てを指す日本古来の呼称、かと思っていましたが、この言葉はとても新しい呼び名、なんだそうです。その辺のところは、リンク集でもご紹介しました黒鉄会さんの"たたらネット"に詳しく紹介されています。もっと鉄を深く知りたくなった方は、どうぞ飛んでみて下さい。



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

安来から広瀬へ

 和鋼博物館を離れ、広瀬への道をたどる頃、頭上にきれいな筋雲が広がってきました。空が刻々とその赤みを増すにつれ、ソワソワと落ち着かない気分になり、安来節像のある橋まで来た時、ガマンできずに車を停めました。こんな豪華なヴェールの下では気が散って、運転どころじゃありませんからね。

広瀬

わずか10分ではありましたが、華麗なショー・タイム。

見ているうちに、何故か泣けてきました。 夕焼け空って不思議です。




Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ


「鉄の道編」の続き


鉄の道編

「鉄の道」に戻る
日本編

「日本編」に戻る
海外編

「海外編」に戻る

Valid HTML 4.01 Transitional