ラオス国旗

ラオス


Button to English Versionto English Version

Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

ワット・ビスン(すいか寺)

 1995年、町全体がユネスコの「世界文化遺産」に登録され、首都ビエンチャンより有名になった古都ルアンパバーン。この空港は、シエンクアンやヴィエンチャンの国内線とは比較にならないほど立派。聞けば隣国タイ(チェンマイ)からの便もある国際空港なのだとか。さあこの町で何が待っているのでしょう。ワクワク、ドキドキの気持ちをタクシーに乗せ、「いざ町へ!」(所要約20分、20,000キップ)。

ワット・ビスン

本名、ワット・ビスンナラート(Wat Wisunnalat)。
境内にある塔の形が半切りスイカに似ているので、別名はすいか寺。



 最初に立ち寄ったのがこのお寺。本堂に入ると(入場料5,000キップ)、柱はコンクリート製ながら何ともクメール(カンボジア)風の雰囲気。ガイドブックを開いてみると、この連子窓は「クメール・シャム様式」と言うのだそうです。寺院自体は16世紀の建立ですが、その後戦火や災害で破壊され、本堂は19世紀、彼の塔は20世紀に入ってからの再建だそうです。

ワット・ビスン

クメール様式の連子窓を持つ本堂

 ワット・ビスンを出るとすぐ、織物の店が何軒か並んだ一角に差し掛かりました。ラオスの布は、柄行きや色合いが私の好みにピッタリで、見ると心が乱れます。既に(ビエンチャンとシェンクアンで)何枚か入手していたので、自分に「ガマンガマン」と言い聞かせ過ぎようとしましたが・・・。ついフラフラと布を手に取り、いつしか店内の鏡の前で「どれが似合うか」物色しておりました。思わず美人の後をつけてしまう、男性心理(?)がわかるような気がしますね。



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

ワット・シェントーン

 結局、グリーンの美しいショールを17ドルで買ってしまいました。メコン川とカーン川の合流地点に建つワット・シェントーンへは、ここからプーシーの丘とカーン川に挟まれた道を行くようになります。左手に緑濃い丘、右眼下に緩やかに流れる川、その遠景に連なる山なみ。寺院などの文化遺産を抜きにしても、「充分に魅力的な町」です。

ワット・シェントーン

親鳥が翼を広げ雛を守っているような大屋根
代表的なルアンパバーン建築様式のワット・シェントーン

 ルアンパバーンの宝石"ワット・シェントーン"。この本堂を青空をバックに撮りたかった! けれど、この日も時折り雨が降る生憎の天気。境内に点在する水溜りを避けながらの撮影と相成りました。屋根における建築様式の違いを、ビエンチャンの寺院ワット・シーサケットワット・パーケオと比べて見てください。



本堂横に象の頭!

本堂横に象の頭!?
 境内には壁に装飾が施された建物や祠が点在し、そのモチーフには様々な意味が込められているようです。こんな時ガイドさんが解説してくれると壁が雄弁に物語ってくれるのでしょうが、ツアーでなくて残念です。

 もちろん本堂の周壁にもまんべんなく装飾が施されています。繊細な図柄が青地に金、赤地に金で描かれていてとってもゴージャス。

 有名なのは裏壁にある"生命の樹"ですが、思わず目が点になったのは横壁に飛び出た象の頭。


これには一体どんな意味があるのか、未だに気になって仕方がありません。



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

王宮博物館

 ワット・シェントーンの本堂横には、長い階段がメコン川に向かって下っています。どうやらこちらが正門で、最初入ってきたのは裏口だったようです。王宮への道は、メコン川に沿って続いています。

 フランス植民地時代の1909年に建てられ、1975年の革命後は博物館となった王宮。寺院に見るような大屋根の建物を想像していたのですが、外観も内部もまるでヨーロッパ。ガラスのモザイクで壁面が飾られたホールなどは、確かに素晴らしいのですが、王の寝室などは扉が11もあって、ドアを見ているだけで寒々しくて不眠症になりそう。王も見方によっては囚われ人、いつも監視の目があってとても不自由そうですね。

王宮博物館

王宮博物館
ランサーン王国の象徴

王の紋章

王宮正面に刻まれた

三頭の象にパラソル



入場料 : 10,000キップ

注意事項 : ショートパンツやサンドレスでの入場は不可
荷物は入り口で預けること。王宮内のカメラ・ビデオの撮影禁止。



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

プーシー

 王宮の正面(メコン川から見ると裏手)には「私に登りなさい」とでも言いたげな階段が、丘の上へとのびています。「アー、これがプーシーの丘ね」と迷わず登っていきました。途中で8,000キップ也の入場料を支払ったあたりから、次第に展望が開け始めます。

プーシー

王宮前にある150mのプーシーの丘

頂上には仏像を祀った祠とこの塔があります

 山頂からは空港や町並み、メコン川にカーン川、今までいた王宮などが一望できます。王宮やワット・マイの姿を撮りたかったのですが、茂る木立に邪魔されて断念。でもここからの眺めは捨てがたく、ルアンパバーンを去る前日に再度登ってきました。夕陽は見られなかったものの、その日の夕景色は最高でした。



 帰りは反対側に降りて見ることにしました。内戦当時のものなのでしょうか、メコンを睨む砲台の横を通り、ジグザグの階段を行くうちに・・・、頭の中でブダペストの丘に建つ漁夫の砦とリンクしてしまいました。ドナウとメコンと川は異なるけれど、この角度で見下ろす感じがてても良く似ています。

 "お釈迦様の手の形をした巨岩"の下にある洞窟寺院、仏足跡が祀られた祠を見学しながら下って行くと、メインストリート沿いにあるお寺の境内に出ていました。こちら側(東側)は景色も良く、見学場所もあるのでお勧めです。係員も見当たらなかったので、もしかしたら(運がよければ?)無料で登れるかもしれませんしね。



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

メコンの船着場

 「明日は止むだろう」「今日こそは」、と願いながら迎えた滞在3日目。祈りむなしく今朝も雨空。ルアンパバーンは郊外に、船で行くパークーウー洞窟に酒造りの村、車をチャーターして訪れる織物の村、焼き物の村、クアンシーの滝、などの観光地を持っていますが・・・、雨ではね。

メコンの船着場

メコンの船着場 

 と思いながら偵察がてら船着場に向かうと、船頭さんたちから「パークーウー洞窟に行かないか」と声がかかります。酒造りの村と洞窟見学をして帰ってくる半日コースで、船のチャータ料は12,000キップ(14ドル)とか。「明日」「晴れたらね」と答えながらも、心の中では「ウーン、どうしよう」。



 8人は乗れる船ですから、人数が増えれば割安になる。船着場に来た何人かに声をかけて4人を集め、船代も100,000キップ(1人25,000キップ、約3ドル)に値切って交渉成立。水とフランスパン(フランスの植民地だったので、カンボジア同様パンがおいしいのです)を手に、さあ「Let's Go!」



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

ラオ・ラーオ

 岸を離れしばらく行くと、岩礁や淵が現れ驚いてしまいました。カンボジアやベトナムを流れるメコンの岸辺は草に覆われ、表面的には穏やか(雨季には別ですよ)ですからね。浅瀬をさけて船を繰る船頭さんの様子は、天竜・長瀞などの川下り(今は川を上っていますが)にも似ています。

ラオ・ラーオ

試飲もさせてくれる"ラオ・ラーオ"
 両岸に、漁をする人、砂金を採る人、洗濯する人などを見ながら、船に揺られること1時間。右手に赤土の崖に取り付けられたジグザグの小道が見えてきました。

 崖上の木立の合間から、カラフルな織物が並んでいるのも見て取れます。船が寄っていったのでここが最初の訪問地、酒造りの村バーン・サンハイなのだとわかりました。

 出迎えの子供達に手をとられるようにして登って行くと、チェクポイントのように置かれていたのがラオスの焼酎"ラオ・ラーオ"。グイッと一杯試飲して、村の見学へと出かけます。


 色付きのラーオはかなり甘く、かつての"赤玉ポートワイン"(年がわかりますね)のよう。無色のは日本の焼酎に良く似た味がしました。お値段は? 1本が1ドルほど。



ラオ・ラーオ作り

竹筒とドラム缶利用のラオ・ラーオ作り

 村の広場では子供達が石蹴りをしていましたが、これは日本の遊び方と全く同じ。村落の中で、大人たちに見守られながら遊べるここの子供達。一昔前(私の子供時代?)には、日本でも当たり前の光景だったんですよね、これが。



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

パクーウー洞窟

 土産にラオ・ラーオと布(又買っちゃいました)を買い、さらに上流へ。ルアンパバーンからタイ国境のファイサーイまで、スピードボート(6人乗りのモーターボート)で移動するのは欧米の観光客には人気のルート。この時も何台ものボートに追い越されましたが、どれもがすごい爆音。このルートにちょっと興味があったのですが、あの音を8時間も聞き続けるなんてとても無理。チャンスがあってもスローボートにしておきましょう。

洞窟全景

 正面下部に白く見えているのが下の洞窟。向かって左上に小道を辿ると木立に隠れた上の洞窟に着きます。入場料は両方込みで8,000キップ。上の洞窟は明かりがなく暗いので懐中電灯は必携ですが、無ければ1,000キップで借りることも出来ます。



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ


「ラオス編」の続き


ラオス編

「ラオス編」に戻る
日本編

「日本編」に戻る
海外編

「海外編」に戻る

Valid HTML 4.01 Transitional