メキシコ国旗

メキシコ


Button to english Versionto Englishi Version

Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

メリダ

 パレンケからマヤ遺跡巡りの基地、ユカタン半島のメリダまで又夜行バスを利用してしまいました。宿を決めたら疲れがどっと出て、仮眠だけのつもりが昼過ぎまでぐっすり。「いけない寝過ごした」と思っても後の祭り。旅行社も閉まっていてキューバ行きチケットの手配はできないし、ウシュマルに行くには遅すぎる。で、観光案内所で情報集め。市内地図をもらって見るとその西端に HOSP.O'HORAN(オーラン病院)とあります。

野口英世銅像
 「オーラン病院!?」。どこかでこの名を見たことがあります。そう 野口英世の記念館かそこで買った本の中です。 ガーナのアクラに行った時、英世がこの地で没したこと、彼の名を冠した研究所があることを知り驚きましたが、ここで又彼の名を聞き
「こんな所にも来ていたんだ」と感激。

 今日は野口英世に敬意を表し、銅像が建っているというオーラン病院に行ってみることにしましょう。「この病院に行きたいのだけれど?」と聞くとバス乗り場を地図にマークしてくれました。ソカロから20分、バスはオーラン病院北側に停まります。

 銅像は南北を走る大通りに面していました。柵越しでしたが、小柄な野口英世が腕組みをしている姿に、異国で知人にばったり出会ったような懐かしさを覚え「黄熱病の研究、ご苦労様」。


 英世のこの銅像を見たいというあなた、この銅像の原形(元型?)が東京の「 野口英世記念館」にあります。展示室は狭いのですが、彼を偲ぶ遺品や書簡が多数展示されていますので是非行ってみて下さい。



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

ウシュマル

 ウシュマル、何と魅惑的な響きを持った遺跡でしょう。プウク様式(プウクとは半島北東部から西部海岸にかけて連なる低い丘陵地帯のこと)で執拗に埋め尽くされたという遺構の数々は遺跡好きの垂涎の的です。総督の館隣の大ピラミッドに登り眺めたウシュマルは幻想的でした。パレンケよりもっと深い緑の絨緞の中、ぽっかりと優美な曲線を描く魔法使いのピラミッドが浮かんでいるのです。

ウシュマル

尼僧院(左)と魔法使いのピラミッド(中央)

 尼僧院は中庭を取り囲む4つの建物群から成っていて、勿論プウク様式の文様で覆われています。それぞれ基壇の高さが違うのですが、最も高い北側の建物を指して「この方角は White(白)」とガイド氏が説明しだしたのでビックリ。古代のこの地方にも方位色があったんですね。他の方位を聞いてみましたら東が「赤」で西が「黒」。そして南は?「黄色」でした。



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

サウンド&ライト・ショー

 夜になると、その玉座のように一段と高くなった北の建物前に椅子が並べられショーの始まりです。ピラミッドや尼僧院の建物群、時々遠方の総督の館付近が赤や青のライトで照らされ音楽とナレーションが流れます。でも、ただそれだけで動きがない。観客に遺跡内を移動させながらショーを見せる、という趣向のルクソール(エジプト)の方が変化があって面白かった。

ウシュマル

サウンド&ライト・ショー : 魔法使いのピラミッドと尼僧院

 参考 : キトラ古墳の「玄武」、北方を守る神で亀と蛇が絡まった姿で表わされる、は日本中の注目を浴びましたので四神の存在はもうご存知でしょう。四神と方色(東西南北の色)を明記してみますと、 東:青龍(青)、西:白虎(白)、南:朱雀(赤)、そして北が玄武で色は「黒」です。



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

チチェン・イツァ

 今朝はキューバ行きチケットの手配をしていて出発が遅れました。遺跡まで2時間はかかるというのに乗ったのは11時のバス。しかもローカルとあって停車が多く、この日はなんと3時間!かかったのです。アーア。帰りのバスの時刻を聞くと「4時半頃」という返事。「エッ、2時間しかないの」。

 ここは新旧チチェンが同居した複合遺跡群。新チチェンは、戦士の神殿・メソアメリカ最大の球戯場・チャック・モール等々、メキシコ中央高原のトゥーラの影響が濃いと言われる興味深い遺跡ですし、他にも犠牲や宝物を投げ込んだという「聖なる泉」セノーテや旧チチェンのカラコル「天文台」など魅力的な場所が多いのです。全部見てまわれるのでしょうか。まあ愚痴を言っても仕方ありません。とにかく遺跡に入りましょう。

カスティージョ

チチェン・イツァ : エル・カスティージョ

 まず目に飛びこんでくるのが均整がとれた美しい姿のカスティージョ。別名ククルカン、羽毛のある蛇の神殿。このピラミッド、北の階段の下部にだけ大きな蛇の頭がありました(写真向かって左の階段)。毎年春分と秋分の日の夕方、この階段側面に映ったピラミッドの影がまるで羽のように見えるんだそうです。その光景を1度見てみたいものですが、ここでは右側の階段の影からその様子をご想像下さい。



カスティージョ内部
 北階段横のドア、ここがカスティージョの内部への入り口です。一度に20人ほどしか入れませんし(人数制限するために係員がついています)、入場時間も決められていますので最初にここを見ておいた方が安心です。

 薄暗い通路、狭く滑りやすい階段を手探りで登って行きますと、このチャック・モールとジャガーが待っていました。ジャガーはマヤ人にとって特別な動物。地下世界を支配する物であり、王の権力の象徴でもあるようです。でもこの赤いはジャガーは可愛らしかった。




Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

旧チチェン

 最終バスは「4時半頃」と言われていたのに「閉門が17:00なのだからその後に1便ぐらいあるだろう」とギリギリまで旧チチェンを見学していました。それから出口の階段に座って待ちましたが、当然というかやはりバスは来る気配すらありません。心細くなって同じバス待ちの東洋人女性に声をかけましたら、彼女は東京の某国立大4回生のYさんで返事は「旅行中日本人とは話さないようにしているんです」。

カラコル

天文台(カラコル)

 でもまあこういう場合ですから、一人より二人。彼女の達者な語学力で他のバスに幹線道路まで(無料で)便乗、それこそ最終のメリダ行きを無事チャッチでき「ホッ」。メリダまでの2時間は、1年間休学して旅行中という彼女と「日本人論」に花が咲き、メリダに着いてもまだ話足りない。とうとうソカロを見下ろすバーに入ってしまいました。そこでダイキリとマルガリータで乾杯。「ビバ、メヒコ!」 さあ、明日はいよいよ キューバです。



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ


「メキシコ編」の続き


メキシコ編

「メキシコ編」に戻る
日本編

「日本編」に戻る
海外編

「海外編」に戻る

Valid HTML 4.01 Transitional