ミャンマーの国旗

ミャンマー


Button to English Versionto English Version

Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

アマラプラ

 マンダレーでもう一つ気になっていた場所がここアマラプラ、そして19世紀に架けられた木造の橋"ウー・ペイン・ブリッジ"です。日本語学校の遠足で知り合ったオン・ミンさんの案内で、マーケット南のバス乗り場からピックアップで30分、18〜19世紀に2度も都として栄えたアマラプラに到着しました。車を降りたら機音響く路地を抜け、150年前に造られたという木の橋、ウー・ペイン橋へと急ぎます。

ウー・ペイン橋

全長1200mの木の橋、ウー・ペイン・ブリッジ

 途中で大きく折れ曲がり"く"の字形になったこの橋は、タウンタマン湖を横切って対岸とを結んでいます。観光客に人気と聞いていましたが、暑い盛りの時間だったせいかすれ違うのは地元の方ばかり。1200mというとかなりの長さですが、日差しは強くとも水面を渡る空気は爽やかですし、途中東屋風の休憩場所もありますので、それほどの距離には感じません。周囲の景色や木道の感触を楽しみながら、ゆっくり渡って行きましょう。

 : 進行方向左手、橋の横に立っているのが魔除けの柱です)


Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

チャウットーヂー・パゴダ

チャウットーヂー・パゴダ

バガンアーナンダ寺院を模した外観とか、似てますか?

 橋を渡ってしばらく歩くと美しい壁画が残るチャウットーヂー・パゴダに出ます。バガンのアーナンダ寺院を模したと言うこの建物、人の顔にライオンの胴体を持った不思議な生き物が四隅を守っていました。オン・ミンさんに聞くと「王様がライオンから生まれたと言う伝承があります」、と言う答えが返ってきました。背中までは確認しませんでしたが、これで羽根が生えていたらスフィンクスですね。



 中に入ると、「日本語を勉強中」というお坊さんが近寄ってきました。お寺の老僧に習ったそうで、どうも「今度昇級試験があるので練習がしたい」らしいのです。ですから案内をしてくれる、と言うよりこちらが発音や言い回しを直してあげる始末。せっかくの壁画です。ゆっくり鑑賞したいので、「また、後で」にしてもらいました。

壁画

創建当時の様子を描いた壁画
星座

変わった星座が見える天井画

 建物は東西南北に出入り口があり、壁画はその各入り口から内陣への通路部分の壁と天井に描かれています。当時の都の様子や、仏教モチーフ、天体図など、ジャンルも様々で見ていて飽きないし、彩色もしっかり残ってきれいです。しかも入場料も取られないなんて、これは「見なきゃ損!」でしょう。アマラプラに来た方、橋の往復で終わらせずここまで足を延ばして下さいね。


Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

ウーペイン橋

 寺院を出るとあのお坊さんが追ってきました。一緒に橋に向かって歩きながら、「僧侶になると色々な勉強がただで出来る」「自分は日本語の勉強が好き」「マンダレーは日本語熱が高く教室も多い」と言った話から、「橋の横に立っている棒には災難よけの意味がある」と言ったことまで、色々とおしゃべりしてくれました。

ウーペイン橋

魔除けの柱(右手の橋の横)と壁画が美しいチャウットーヂー・パゴダ(左手)

 行きにはこんな柱があるのにも、その奥に目的のパゴダが見えているのにも全く気づきませんでした。お坊さんの口調からはこの柱、橋の安全を守る大切な柱のようでした。災難を村へ入れない、日本の道祖神のような役割も果たしていたのかもしれません。注意して見てきて下さいね!



ウーペイン橋

この時はまだ人影もまばらだった、ウーペイン橋

 「夕陽が見たいな」と待っていると、日が傾くにつれ観光客の姿が増え始めました。対岸には続々と観光バスやタクシーが到着しています。なるほど、ここは「夕陽スポット」として有名だったんですか。でも、一度に多くの人が集中して、大丈夫なのでしょうかこの橋? そのうち入場規制が行われてしまうのでは、と心配になってしまいました。

(注 : 値段は確認しませんでしたが、ここではボートに乗っての夕陽見学も可能です)


Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ


ミャンマーの続き


ミャンマー編

「ミャンマー編」に戻る
日本編

「日本編」に戻る
海外編

「海外編」に戻る

Valid HTML 4.01 Transitional