ミャンマーの国旗

ミャンマー


Button to English Versionto English Version

Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

強制両替

 2002年1月末、滞在中のカンボジアから海路タイに入り、ミャンマーを目指しました。朝7時のバスでプノンペンを出て(途中乗り継ぎ6回)、同日深夜にバンコクに着き、翌日チケットを手配しミャンマーに入ったのです。プノンペン〜バンコクの移動にかかった費用は約36ドル。この間、料金交渉が必要なタクシーや小船にも乗らなければならず、一人だとちょっとキツかったのですが、国境越えのルートとしては面白いと思いました。

空港の両替所

イミグレの向こうに見えるのが、悪評高い強制両替所です。

 期待に胸膨らませて降り立ったヤンゴン国際空港。ここで個人旅行者を待ち構えているのは、国内通貨FECへの強制両替。その金額が以前の300ドルから200ドルに緩和されたとはいえ、物価の安いミャンマーではかなりの額です。ちなみに私の場合、3週間の旅行で使った基本経費(ホテル代・交通費・食費)は306ドル。途中で出会ったカップルは「20日間で1人200ドル」と言っていましたから、数日しか滞在しない人や貧乏旅行者にとって、200ドルの強制両替がいかに大きいかわかるでしょう。



兌換券FEC(Foreign Exchange Certificates)

 FECはホテル代や入域料の支払いなどは出来ますが、町の食堂など日常生活には使えません。空腹を満たすためには現地通貨が必要なのですが、旅行に欠かせないこのチャットが空港では入手出来ないのです。 強制両替だけなら兎も角、FEC=現地通貨チャットとして使えないなんて、どうも不自由ですよね。 

FEC

2002年2月現在
1ドル=1FEC=700チャット

 ドルの小銭(1ドル紙幣は重宝しました)で町に出て、ホテルを決めたらまず両替。ここで「マーケットに行って、店の奥でしてきなさい」と言われましたが、これが中々見つからない。

   右往左往した挙句に気づいたのは、「店の奥」が"闇"両替を意味していると言うこと。公定レートと実勢レートに大差があるため、この国では"闇"両替が主流のようなんです。

 結局あるホテルの「好意」で両替してもらいましたが、お金の受け渡しは人の目を避けて、隠れるようバッグに入れる始末。

 悪いこともしていないのに、何でコソコソしなければいけないのかしら。200ドルさえ受け取れば「後は各自でご自由に」、では観光客に冷たすぎると言うものでしょう。数日後には慣れてきたとはいえ、「何か変?!」な感じ。


 この扱いづらいFECですが、強制両替にも抜け道はあるようです。 強制両替を知らず、チェックもされずに町に出て、その事実を「初めて知った!」と言うつわものは別格として、「短期の旅行だから」と値切った話は良く聞きました。ある人は「5ドル(ワイロを)払って半額にしてもらった」そうです。

 もちろん、「一流ホテルに泊まって移動はタクシーか飛行機、土産には宝飾品を買う予定」の皆さんは別です。200ドルなんてすぐなくなりますから、これは貧乏人の戯言と思って聞いて下さい。



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

バゴー

 ミャンマーでは「バガンインレー湖には行こう」という以外、詳しいことは何も決めてきませんでした。ヤンゴンに数日滞在し、情報を集めてから旅行を開始しようと思っていたのです。でも、空港で知り合った大阪の3人連れ、雅代さん親子が「明日はタクシーでバゴーに」と言っているのを小耳に挟み、これ幸いとその計画に便乗させてもらうことにしました。バゴーはヤンゴンの東80キロにある、モン族の古都です。

シュエターリャウン・パゴダ

シュエターリャウン・パゴダの巨大涅槃仏

 ヤンゴンから2時間弱、彼女達が予約していたホテルに到着してみると、門の向こうでは男性の歓声と水しぶきの音。緑色に濁ってはいるものの、このホテルにはプールがあったのです。藻の浮いた水に男性達の視線、一人ではとても入れなかったでしょうが、4人もいれば怖くない。一時水浴びを楽しみました。でもまさか、ミャンマーでプールに入れるとはね・・・。



 プルー横のレストランで昼食を取っていると、「父が日本語の先生でした」というトントン(HtunHtun)さんに、「サイカ(自転車の横に2人乗りの座席をつけた乗り物)で"半日バゴー観光"をしませんか」と声を掛けられました。料金は訪問地の数で決まるそうなので、リクエストしたのは「葉巻工場と涅槃仏」。相方はインド系のマニさんです。

トントンさん一家

愛車と一緒のトントンさん一家

 サービス精神旺盛なトントンさんは、日本の童謡を歌いながらペダルをこぎ、片言の日本語で町の解説もしてくれます。葉巻工場や村の路地、巨大涅槃仏から夕日の鑑賞、そしてライトアップされたパゴダの見学まで、こちらの要望に応えようと走り回ってくれました。それほど期待していなかっただけに感激も一塩で、2人に夕食をご馳走してしまったほどです。半日楽しませてもらってお値段は1台5ドル(拝観料別)。1人当りを日本円に換算するとたった300円ほどなんですね。バゴー観光はサイカに限ります。



シュエモォード・パゴダ夕景

シュエモォード・パゴダの夕景

「夕日が見たい」と言ったら連れて行ってくれたヒタゴン・パゴダからの眺望



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

チャイティーヨへ

 タクシーをチャーター(20ドル)すれば、黄金の大岩がある"チャイティーヨ"まで日帰りができるというので、4人でシェアして行くことにしました。今日の運転手さんピタさんもとても親切で、川沿いの美しい村での撮影や途中の市場での買い物まで、嫌な顔もせず付き合ってくれました。あちこち寄り道をしたので、麓の村キンプンに着いたのはもうお昼。

トラックバス

身動きもできないトラックバス

 ここでトラックバスに乗り換え登山口まで登るのですが、荷台に板を7列渡しただけのこの乗り物、急カーブの度に左右に振られて不安定この上もないのです。道中1時間弱は乗ることになりますので、中央部よりは手すりに掴まれる位置に座りましょう。(最初端に座ったつもりでも、どんどん詰め込まれますけどね)



 トラックバスを降りますと、急坂が待っています。直ぐに岩が見えるだろうと颯爽と歩き出したのですが、行けども行けども先が見えない。その上高尾山とは比べ物にならないくらいの急坂なのです。途中、ポーター達や駕籠かきと抜きつ抜かれつするうち「これは先が長そう」と覚悟を決め、ぐっとペースを落としました。

駕籠

4人で担ぐ駕籠 : 要交渉で5000チャット(7ドル強)〜10ドル

 体力のない方、高齢の方、荷物の重い方、登山口には駕籠やポーターが待機してますのでご心配なく。



ポーター

大きな荷物を背負っているのに

ポーズを取ってくれたポーターさん
チェックポイント

チェックポイント

ここで6ドルの入山料を支払います



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

ゴールデン・ロック

 高度を上げるにつれ、チラッとゴールデン・ロックが見えるようになてきました。さあ、もう一頑張り。「ゆっくりゆっくり」と自分に言い聞かせながら登って行くこと40分、やっと入り口に着きました。ここからは靴を脱いで裸足になり、熱く焼けた大理石の参道を歩いていかなくてはなりません。

ゴールデン・ロックが見えました!

境内に入ると、やっと"ゴールデン・ロック"が見えました!

 「昔は道がなくて、ここまで来られなかった」けれど、今は道路が整備されて「私達でもお参りができるのが有難い」と、娘さんたちと来ていた上品な身なりの老婦人が語ってくれました。通って来たばかりの道のりの険しさを思えば、かつては体力のある一部の人しか見られなかった風景なんだと納得できます。



 歴史的背景が知りたくて、縁起がないかと案内所に行ってみましたが無いとのこと。ここで金箔を買ったピタさんと、まっすぐ"ゴールデン・ロック"に向かいます。右側には橋があり岩まで近づくことができますが、しゃくなことにそれは男性だけなのです。 祈りを捧げて岩に金箔を貼り、又祈るを繰り返したピタさんは、終わるとさっぱりした顔で私達のところに戻ってきました。

ゴールデン・ロック
ゴールデン・ロック

金箔を貼る、手前がピタさん

ご覧の通りこの部分は浮いていて
人が押したら今にも転げ落ちそうです

 "釈迦の頭髪を納めた"小さなパゴダでバランスを取っているそうですが、それにしても頂上部分や反対側にはどうやって金箔を貼ったのでしょう。見れば見るほど不思議な"ゴールデン・ロック"でした。


Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

インレー湖へ

 4日目、ヤンゴンに戻る3人と別れ、バゴー13:00発の夜行バスでインレー湖に向かうことにしました。この国でバスに乗るのは初めてなので不安でしたが、目の前に現れたのは車体の文字も鮮やかな"びゅう"号。これで一安心、最初は乗客も少なく道も良くてバスは快適に飛ばします。途中、いくつかの大きな町でバックパッカー達が乗り込んで、夜になる頃には満席状態になっていました。

長野で使われていたビュー号

長野で使われていた"びゅう"号 : インレー湖まで2500チャット(約450円)

 8時頃食事休憩がありミャンマー式カレーを食べたのですが、これがいけなかった。その後バスは山道に差し掛かり、車体を大きく左右に揺らしながらカーブを抜けていきます。そう弱いほうではないのですが、この国の油に慣れていない胃が拒絶反応を起こしたのでしょう、せっかく食べたものをすぐ大地に還元してしまいました。車酔いが心配な方、夕食は取らないほうが良さそうです。


Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ


ミャンマーの続き


ミャンマー編

「ミャンマー編」に戻る
日本編

「日本編」に戻る
海外編

「海外編」に戻る

Valid HTML 4.01 Transitional