ミャンマーの国旗

ミャンマー


Button to English Versionto English Version

Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

ミングォン

 中国国境の北部山岳地帯からベンガル湾まで、国土を東西に2分して流れるエーヤワディー川。その大河の流域には、サガイン、インワ、モンユア、アマラプラと、諸王朝の都が点在しています。マンダレーに来たら「どれか一つは見学を」と思っていましたので、「船で1時間」と言うのに惹かれミングォンに行くことに決めました。ここは王都ではないのですが、陸路での移動はちょっと疲れましたからね。

ミングォン行き船着場

エーヤワディー川にある、ミングォン行き船着場

 毎朝09:00に船が出るというので、少し早めに船着場行きましたが、キチンとした桟橋があるわけではなく、小船が何十艘も川岸の砂地に接岸しているだけ。ツーリスト・オフィスで往復500チャット(約100円)のチケットを購入、どの船に乗るのかと指示を待ちます。



エーヤワディー川を行き交う小船

私達の乗ったのもこんな小船
でもこちらには、数倍の人が乗っています!
 てっきり一艘の船に全員が乗ると思っていましたが、時間になると集まった順に10〜20名ずつ小船に乗せ、順次出航していきます。

 この船便は半分チャーター形式らしいので、帰りも同じ船に乗ることになります。現地では誰もあなたの乗る船を指示してくれませんから、船頭さんや同乗者の顔を良く覚えておいて下さい。

 現地ではバラけてしまいますので、くれぐれも船を間違えないように!

 




Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

ミングォン・パゴダ

ミングォン・パゴダ

右手の踏み跡を辿ると、パゴダ上部に出ます

 完成してたら世界一、高さ150mの大パゴダになっていたはずのミングォン・パゴダ、遠くからも認識できますので、出航後40分もしたら左の岸に注目してみて下さい。褐色の風景の中の白亜のアクセント、これが結構目立つのです。上陸したら入域料の3ドルを払い、まずはこの未完の巨大パゴダに向かいましょう。



ミングォン・パゴダ

パゴダ上部から見るエーヤワディー川

 パゴダに登りはじめると、200mほど離れたシンピューメェが視界に現れ、徐々にその輝きを増してゆきます。平坦な頂上にはあちらこちらにケルンが積んであり、景色にアクセントを加えているようです。ここから見るエーヤワディー川は素晴らしく、事情が許せば夕方までボーッと眺めていたかったほどでした。でもそうは問屋が卸さない、帰りの船が出るのは午後1時、後2時間ほどしかないのです。


Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

シンピューメェ

 船着場からは、ミングォン・パゴダ、ビルマ最大のミングォンの鐘、そしてシンピューメェと、見所が一直線に並んでいます。一番遠いシンピューメェまで牛車で行くことも出来ますが、数百メートルですから土産店でも覗きながらポコポコ歩いていきましょう。

シンピューメェ

波のような手すりが美しい、白亜のシンピューメェ



背後仏?

背後仏?
デート中のお坊さん達

デート中のお坊さん達

 ここはきれいでしたね。最上部のお堂には仏像が安置されていましたが、背後霊のような後ろの仏様がちょっと不気味。去り際に、門を額縁に見立てパゴダの構図を決めていましたら、デート中のお坊さん達が通りかかりました。これが枠にピタっとはまっていたので、お願いしてモデルになってもらいました。もちろん(?!)、この二人のデート相手は女性でした。


Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ


ミャンマーの続き


ミャンマー編

「ミャンマー編」に戻る
日本編

「日本編」に戻る
海外編

「海外編」に戻る

Valid HTML 4.01 Transitional