ミャンマーの国旗

ミャンマー


Button to English Versionto English Version

Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

ポッパ山へ

 3日目、バガンの南東にある聖地ポッパ山まで、ニァウン・ウーから直通のバス便があると聞き、バガン見学を休んで行ってみることにしました。朝8時半、村のバスターミナルに行きますと、乗せられたのはバスではなくピックアップトラック。これで片道2時間はキツイかなと思いましたが、往復1000チャット(約200円)と安いので我慢しましょう。ちなみに、タクシーを頼むと15ドルだそうです。

ポッパ山へ

赤茶けた大地を疾走する、われらの乗ったピックアップトラック

 タクシーと言えば、インレー湖に向かう方に情報をもう一つ。バガンを早朝の5時に出るバス便もありますが、所要時間が10時間以上とあって、中央の席に座らされると悲劇なのだとか。バガンからポッパ山を経由して(もちろん見学もして)インレー湖まで、タクシーのチャーター料は50ドルだそうです。滞在が短くてドル(FEC)に余裕がある方、シェアできる道ずれが出来た方、これは使ってみる価値大だと思います。



 この日の乗客は、外国人観光客三分の一、残りは地元の方々という編成でした。女性は座れましたが、男性陣は後部に立ったり屋根の上に座ったりと満員御礼状態。通常なら辛い状況でしょうが、皆さん譲り合いの精神旺盛で中々良い雰囲気です。

 それが証拠に、乗客の一人、中国の尼さんがこの日お誕生日と知ると、誰かがお菓子を砕いて(人数が多かったので)皆に振る舞い、全員で「Happy Birthday」を歌ってお祝いしたぐらいですもの。

ポッパ山と奇妙な岩山タウン・カラッ

ポッパ山と奇妙な岩山"タウン・カラッ" 

 和気藹藹(わきあいあい)と走ること2時間、前方に秀麗な山と奇妙な岩山が見えてきました。近づくに従い、奇岩山頂の建物が太陽光に反射してキラキラと輝いているのも見えます。どうやらこれが本日の目的地ポッパ山。正確には、その中腹にある岩山タウン・カラッらしい。もっと良いアングルで(停止して)写真を撮りたかったのですが、これがピックアップの悲しさ。トラックの鉄格子の中から手を伸ばし、シャッターを押すのが精一杯でした。

 タクシーなら撮影ポイントを選び、好きなだけ時間も使えたのに、と思うとちょっと残念。写真を撮りたい方、私のようにケチらないでタクシーを使って下さい。



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

タウン・カラッ参道

タウン・カラッ

参道入り口:上に見えている寺院群まで石段を登ります

 バガンから2時間半、やっと参道入り口に辿りつきました。「午後1時」と集合時間を告げられ解散、後は自由行動となります。降りてからトイレを探していたので同乗者達に遅れ、一人で参道を登ることになりました。両脇にみやげ物店が並んだ石段を少し登ると、靴脱ぎ場が現れます。聖地ですから裸足になるのは仕方ないのですがこの石段、所々に動物の糞や食べカスが落ちていて、あまりきれいではないんですよね。



頂上のパゴダ

頂上のパゴダ:背景にポッパ山
 頂上に立つと正面には、のびやかに裾野を広げたポッパ山。眼下には今通ってきた村々が見えていて、「気分爽快」の眺めです。

 キンキラのパゴダや寺院を見ながら下山口方面に歩いていくと、中央付近にケースに入った神像があり、通りかかった英語のガイドが「ナッツ」と客に説明していました。

 ポッパ山は土着の精霊神"ナッツ"信仰の中心地。この時はここがポッパ山だと思い込んでいたので、「それで神像があるんだ。なるほど」と一人合点。

 でも本当は、背後に見えているのがポッパ山。それに気付いたのは、この項をまとめるためガイドブックを読み直した時なのですから・・・、何ともお粗末な勘違いでした。


 それを知ったら尚のこと、ポッパ観光にはタクシーをチャーターして、"タウン・カラッ"とポッパ山の両方を回ったほうが良かったですね。次回、訪問のチャンスがあったらそうしましょう。

 蛇足:バガンのPahtothamya寺院に、管理人が「ナッツ!」と教えてくれた壁画があります。


Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

恐怖のモンキー

 どこか見晴らしの良い場所で食べようと、朝食のバナナとパンをショルダーバックに入れてきました。参道の石段を少し登ると親子連れの猿などが現れ、最初は珍しくてカメラを向けたりしていたのです。ところが次の瞬間、大きなオス猿が2頭、牙をむいて飛び掛ってきたのです!!! 咄嗟にバックを振り回して相手を避けましたが、敵は尚も犬歯を剥き出しにして攻撃の構え。これには「どうしよう!?」とひきつってしまいました。

 狙いはどうやらバックの中の食べ物。あちらが待ってくれれば、全部上げたいのですが、目をそらせたらガブリとやられそうで、それも出来ない。幸い、観光地だけあって人は途切れなく通ります。その人達が交代で猿を威嚇し、何とか逃がしてくれましたが「アー、怖かった」。

恐怖のモンキー

お供えをもらう猿 

 頂上に着くと直ぐ、食料はパゴダにお供えしました。上の写真は、誰かがそのお供え品を猿に与えている所です。この猿は小柄でしたから私を襲ったオス猿ではなく、メスか子供の猿でしょう。

 教訓 : ここには食べ物は持ってこない、もしくは何人かで行動すること。



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ


ミャンマーの続き


ミャンマー編

「ミャンマー編」に戻る
日本編

「日本編」に戻る
海外編

「海外編」に戻る

Valid HTML 4.01 Transitional