ミャンマーの国旗

ミャンマー

バガンの建造物

Button to English Versionto English Version

Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

バガン王朝

 「世界文化遺産」、アンコールワットボロブドゥールと並ぶ、世界三大仏教遺跡の一つバガン。1044年、ビルマ族のアノーヤター王が周辺諸国を制圧し、仏教を信仰の核にしてその後の繁栄の基礎を築きました。11〜13世紀に建てられた寺院とパゴダは、現存数3,000以上。この広がりの中、どこまでも続くパゴダ群は壮観の一言です。では何故、バガン朝に生きた人々はこれほど多くの寺院を建立し続けたのでしょう。

ミンガラゼディ・パゴダからの眺め

朝もやのバガン : ミンガラゼディ・パゴダからの眺め

 功徳思想と寄進事業: 仏教を受容したバガン朝の人々の信仰は、やがて「来世での富と栄達」を願うものに変わっていきます。来世での幸福を願い、現世では功徳を積むことにエネルギーを傾けたのです。宗教施設の建設、土地や労働力の提供は大きな功徳を積む行為と考えられ、王侯貴族達は競って寺院やパゴダを建立。それが現在のバガンの風景に結びついている、と言う訳です。



 意外なことにバガンは、未だ「世界文化遺産」には登録されていません。ミャンマーの政治形態のためとも、正確な資料に基づかず、次々と修復の手を入れているから、とも聞きましたが総て未確認。でも実際に3日間見て歩いてみると、「こんな直し方っで良いの?」って不安に思う場所が多かったですから、後者がより正解に近いかもしれません。



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

歴代王とその建造物

王の名
代表的な建造物
Pyinbya

849

タラバー門

タラバー門
Anowrahta
アノーヤター

1044-1077年

シュエサンドー・パゴダ

シュエサンドー・パゴダ
ピタカタキ

ピタカタキ
Nanuha
マヌーハ
(捕囚のタットン王)

(1059)

マヌーハ寺院

マヌーハ寺院
Sawlu

1077-1084年

パタチェヤ寺院

Pahtothmya寺院
Kyansittha
チャンスィッター

1084-1113年

シュエジゴン・パゴダ

シュエジゴン・パゴダ
アーナンダ寺院

アーナンダ寺院
マハボディ寺院

マハボディ寺院
Alaungsithu
アラウンズィトゥ

1113-1163年

タビィニュ寺院

タビィニュ寺院
Narathu
ナラトゥ

1163-1165年

ダマヤンヂー寺院

ダマヤンヂー寺院
Narapatisithu
ナラパティズィトゥ

1174-1211年

ゴードーパリン寺院

ゴードーパリン寺院
スラマニ寺院

スラマニ寺院
Htilominlo
ティローミンロー

1211-1234

ティローミンロー寺院

ティローミンロー寺院
Narathihapate
ナラティハパテェ

1256-1287年

ミンガラゼディー・パゴダ

ミンガラゼディー・パゴダ
タンドージャ石仏

タンドージャ石仏
1287年
バガン王朝、モンゴル軍により滅亡さる



パゴダとお寺(寺院)


 パゴダと寺院を同義語と思ってらっしゃる方も多いようですが、両者は明らかに違います。諸説あるとは思いますが、ここでは大雑把に分けてみます。初期仏教においては、仏陀の遺髪・遺骨などを収めた塔を崇拝の対象としていました。それが仏塔=パゴダで、これらには内部構造はなく外側から見て拝むもの。シュエジゴン・パゴダなどがそれに当たります。

 寺院は内部構造を持ち、礼拝のための仏像などを安置しています。人が中まで入れるのが寺院、と考えても良いと思います。アーナンダー寺院はその代表選手と言えるでしょう。他にもバガンには壁画が美しく残る寺院が点在しています。壁画を中心にバガンを見て歩くのも楽しいかもしれませんよ。



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ


ミャンマーの続き


ミャンマー編

「ミャンマー編」に戻る
日本編

「日本編」に戻る
海外編

「海外編」に戻る

Valid HTML 4.01 Transitional