ミャンマーの国旗

ミャンマー


Button to English Versionto English Version

Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

シュエダゴン・パゴダ

 ヤンゴン最大の観光地は、聖なる丘に立つシュエダゴン・パゴダでしょう。ミャンマー到着の翌日にはバゴーに発っていたので、ここに来たのは旅行の最終日。正直言ってパゴダはもう見飽きていましたが、ミャンマーの皆さんの『心の拠り所』と思ったら外す訳にはいきません。このパゴダの解説はガイドブックに譲るとして、来て見て感心したのは境内の床がきれいだったこと。

パゴダに祈りをささげる人々

パゴダに祈りをささげる人々

 旅の予備知識として、宗教施設では「裸足になる」ことは知っていましたが、当然境内は「きれいだろう」とも思っていました。でも、違うんですね。各地のパゴダを回るうちには「エッ、ここで靴を脱ぐの!」と言う場所も多々ありました。特にバガン近くの聖地"タウン・カラッ"には猿が多く、参道のあちこちには彼らの糞が落ちている始末。その猿に襲われたこともあり(詳細はポッパ山の項で)、落し物を避けながら歩くのにちょっと切ない思いをしたものです。



シュエダゴン・パゴダの美しさの秘密?

シュエダゴン・パゴダ

シュエダゴン・パゴダ、清掃の図
 夕日を撮るために日が傾くのを待っていると、境内の一角に人が集まり騒がしくなってきました。何事かと行ってみると、両手に箒を持った女性達が何列にもなって整列しています。

 やがて彼女達は号令とともに動き出し、時々止まって隊列を整えながら、波状攻撃的に黙々と境内を掃き清めていきます。

 まさかこんな風に、隊列を組んで掃除するとは思っていなかったので、そのパフォーマンスには見ほれてしまいました。


 「だから床がきれいだったんだ」と全面的に納得。ミャンマー到着直後にここへ来ていたら、この感動は味わえなかったかと思うと、ここを最後にしてちょっと得した気分です。


Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

ホワイト・ハウス

ホワイト・ハウス

ゴージャスでおいしい、"ホワイト・ハウス"ホテルの朝食

 初めてヤンゴンに着いた日に泊まったのは、ボージョーマーケット近くのBeauty Land Hotel \x87Uでしたが、窓のない部屋でしたのでもう泊まりたくない。旅行中ヤンゴン宿泊情報を集めてみますと、「"ホワイト・ハウス"の食事が良かった」と言う方が多かった。で今回は、その"ホワイト・ハウス"に泊まることにしました。



手作りジャムは絶品!

手作りジャムは絶品!
 スーレー・パゴダから西へ7〜8分、片言の日本語を話す方もいてスタッフはとても親切。シャワー、エアコン付きで10ドル、少しでも明るくと4階の部屋に決めました。

 翌朝、楽しみにしていた朝食タイムです。ヤンゴン川を見下ろす屋上に登ると、右手の台にはズラっと食べ物が並んでいます。ビュッフェ形式で、日替わりのおかず三品と食べ放題のパンに果物、そして飲み放題のジュースとコーヒー(紅茶も)です。

 中でも気に入ったのは、おおきな寸胴で供されるフレッシュ・ジュースと、甘さも程よい手作りジャムの数々でした!


 食事もスタッフも良かったのですが、この時は同じフロアに中国か韓国からの若者グループがいて、彼らの傍若無人さだけは耐え難かった。夜中でもドアを開け放して廊下にいる仲間と大声で話すので、何度か注意したのですが聞く耳を持たないのですからね。

 人種差別するつもりはありませんが、数を頼みの迷惑行為は止めてもらいたいものです。



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

スーレー・パゴダ

スーレー・パゴダ

ライトアップされたスーレー・パゴダ

 ヤンゴンのおへそ、スーレーパゴダ。ミャンマーで最初にお参りに来たのがここでした。東西南北に延びる大通りの要、ロータリーの真中にそびえるパゴダを見ていると、やはり周囲にロータリーを配した、西安の鐘楼を思い出してしまいました。



スーレー・パゴダ

祈ったり、涼んだり、おしゃべりしたり、
ダルマ?

これは何?

似た物をバガンでも見かけましたっけ


 でもこちらの方が段違いに庶民的。出入り自由のこの空間で、境内を歩き回ったり、日陰で本を読んだり、おしゃべりしたり、そしてもちろんお祈りしたり・・・、各自がゆったりとした時間を過ごしているよう。ミャンマーの人達をズーッと見ていたら、「日本にこんな場所あったかしら(ないんじゃないか)」と、狭い空間と時間しか持てない日本人が、何だか可哀想に思えてきた、そんなパゴダでの一時でした。


Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

ミャンマー旅行の総費用

 これが2002年2月、21日間のミャンマー旅行の総費用です。10日以上なら200ドルの強制両替も難なくこなせますが(?)、数日だとちょっときついかも。でも短期の方は飛行機で移動するでしょうから(ヤンゴン〜マンダレーで100ドル以上)、私が心配することもないですけれどね。

費 用
内 訳
交 通 費
78ドル
タクシー、バス、サイカ、馬車、船他
宿 泊 費
112ドル
18日分(プラス夜行2泊)、平均して1泊800円弱
食 費
50ドル
夕食時には水代わりにビールを飲んでました。
入 場 料
56ドル
他の物価に比べて異常に高い
み や げ
40ドル
フットプリント、ロンジー、綿毛布、傘など
そ の 他
20ドル
空港使用税10ドルを含む
合 計
356ドル


 21日間様々なものを目にしました。暗くなればあたりは真っ暗、道路事情も良くないし、インターネットも見られない。工業製品が少ないから、身近にあるものを工夫して利用する。最初は貧しく感じた人々の生活でしたが、次第にそれが人間的な魅力あるものに見えてきました。

 少数民族への迫害や民主化運動への妨害、それに伴う経済の停滞と現体制には問題が多いのは事実です。でももし近い将来民主化が進み、アメリカナイズされた消費文化が入ってきたらどうなるのでしょう。この麗しい自然が開発という名のもとに破壊され、人々の生活ぶりも変わってしまうのかと、そちらの方が心配になってきました。旅人の身勝手な感傷とわかっていますが、例え政権交代があったとしても、信仰心を持って自然に寄り添って生活する、人間が本来持つこの豊かな生活は失ってほしくないものと願います。




Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ


ミャンマー編

「ミャンマー編」に戻る
日本編

「日本編」に戻る
海外編

「海外編」に戻る

Valid HTML 4.01 Transitional