シンガポール国旗

シンガポール


Button to English Versionto English Version

Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

マー・ライオン

 シンガポールのシンボル"マー・ライオン"は、上半身がライオンで下半身が魚という伝説上の動物。数年前に立ち寄った時には新しい橋の工事中で、水から遠ざけられた彼は日干しにされた魚のように貧相で、「エッツ、これ !?(ごめんなさい)」

マー・ライオン

夜の"マー・ライオン"は、ちょっと不気味

 ライトアップされた"マー"君に会うのを楽しみにして来たのですが、肉眼でも持参したデジカメでもこれが限界。肩透かしを食った気もしますが、伝説界の住人にはオドロオドロしい方が合っているのかもしれません。



場所は、街歩きマップの\x87I



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

ラッフルズ・ホテル

ラッフルズ・ホテル

 昨晩空港からの夜道で、ハッと目を引く白熱灯のぬくもり。早速ホテルで地図を調べましたら、それが有名な"ラッフルズ・ホテル"。中で舞踏会でも開いていて、このまま馬車で車寄せに向かえば、スーッとお伽の国に入っていけるような、そんな雰囲気のある"光"でした。



場所は、街歩きマップの\x87B



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

スリ・マリアマン寺院

 シンガポールは、中国人・インド人・マレー人が入り混じって国を作ってきた、という生い立ち上、各所にその文化拠点が残されています。それがチャイナタウン、リトル・インディアにアラブ・ストリート。"スリ・マリアマン"は1827年建立というこの国最古のヒンドゥー寺院、それが何故かチャイナタウンにあるんですよね。

スリ・マリアマン寺院

 ガイドブックによりますと、中国人地区の膨張でインド人たちは北部に移動(現リトル・インディア)、このお寺だけが残されたんだそうです。拝観は無料ですが、カメラ撮影代3S$を払うと、カラフルな寺院案内をくれます。これに詳しく載っているようですが…、苦手な英文ですので全文を掌握できてはおりません。悪しからず。



 満艦飾の神様たちが組み体操をしているような門、寺院内部の天井画やお供え物。どれもが極彩色で派手派手ながら、中でも目を引く華やかな衣装のご一行。最初は遠くから望遠で、それでは物足りなくなって徐々に近づき…。

お姫様?

 何かの撮影だとはわかったので、化粧直しをしていた女性に彼らを撮っても良いのかたずねると、 「えー、いいですよ。今日は教育番組の撮影で、彼女はお姫様役。あの子は従者であの子は・・・」とにこやかに説明してくれました。



場所は、街歩きマップの\x87G



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

ボート・キー

 平均気温が29度のシンガポールで、やはり恋しいのは水辺。マー・ライオンに程近い"ボート・キー"や対岸の"クラーク・キー"周辺は、シンガポール川に沿ってオープンエア・カフェが並び、夜は大変賑わうそうですが昼は閑散。以前シンガポールでヨーロッパ便への乗り継ぎをした時、無料のツアーで連れてきてもらったのは、確かこのあたり。「無料 !」のツアーって、どんな内容かと言いますと、

ボート・キー

 無料シンガポールツアー : 乗り継ぎで5時間以上ある乗客に、シンガポール川周辺を観光させてくれるサービス。毎日10:00〜19:00で、最終予約受け付けは18:30。ツアーの受付は先着順で、定員になり次第締め切りとなります。有料の「シンガポール・ディスカバリー・ツアー」のカウンターと間違えないように、空港内の地図で場所を確認してご利用下さい。



場所は、街歩きマップの\x87H



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

ラッフルズ上陸地点

ラッフルズ銅像

  短い時間でしたが、中心街をぐるっと一回り。最後に、「ここからシンガポールの歴史が始まった」、と言っても過言ではない"スタンフォード・ラッフルズの上陸地点"にたどり着きました。サテ、港を背に立つ彼はこの街の繁栄をどんな思いで見つめているのでしょう。



場所は、街歩きマップの\x87J



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

ナイト・サファリ

 メール友達お勧めのナイト・サファリには、2000年7月の訪問時に行ってきました。市の中心部からバスで約30分、あまり期待もしていかなかったのですが、これが予想外に楽しめました。

ナイト・サファリ

 入園後、先着順でトラムに乗せられますが、日本人の観光客も多いので少し順番調整をして"日本語組"に入れられました。これで暗闇のジャングル探検に出るわけですが、夜の動物達は動物園で昼間見るのとは大違いの生き生きした姿を垣間見せてくれます。もちろん要所要所で解説はしてくれますし、乗客が見やすいようにと徐行や停止をしてくれますからどちらに座られても大丈夫でしょう。

 シンガポールに行ったらナイト・サファリをお忘れなく。



開園時間 : 19:30〜真夜中
料金 : 大人 20.45シンガポールドル(2000年07月現在)
(2001年10月現在のレートで換算すると、1400円ほどになります)

レストラン、ファーストフード店などは18:30より営業開始



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ


シンガポール国旗

「シンガポール編」に戻る
日本編

「日本編」に戻る
海外編

「海外編」に戻る

Valid HTML 4.01 Transitional