中国国旗

チベット


Button to English Versionto English Version

Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

バルコル(八角街)

 参拝を済ませると、ジョカンを取り巻く環状路"八角街"での待望のショッピング・タイム。みやげ物やが立ち並ぶ巨大なバザール(市場)を、人の流れに沿って右回り(常にジョカンを右に見て)に見て歩きます。銀にトルコ石と山サンゴをあしらったアクセサリー類、前掛けなどに使うカラフルな織物、フエルトの帽子、各種仏具…。どれも魅力的だけれども、今回目指すのは「マニ車と民族衣装!」。

バルコル(八角街)

バルコル(八角街)


 マニ車はすぐ買えたのですが、「これぞ」と思う服が中々見つからない。2度ほど角を曲がったところで、やっと遠くから私を呼んでいる服がありました。「いくら(ゴンカツェレ)?」と聞くと、「これは貴族の服だから高いと言っています。オウ、6000元ですって」と通訳氏。襟・袖口・裾にはカワウソの毛皮があしらってあるのだそうで、6000元とは日本円で約8万円! 結局この服は諦め、普及品を買いました。



この日買った物

マニ車

中に経典も入っていた
マニ車:80元(約1100円)
トルコ石と山サンゴ

トルコ石:65元(約900円)
ブレスレット:200元(2700円)
山サンゴ:110元(約1500円)
カウ・ベル

山小屋の玄関用に
カウ・ベル:50元(約700円)


Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

デプン寺

 ツァーとは巨大なベルト・コンベアに乗り、バスから降ろされた場所をガイド氏の後について歩く旅行。お金さえ出せば、その国に対し何の知識もなくとも、一通りの観光地は見てこられる。というメリットはありますが、自分で見たい場所について調べ、判断し、決定・行動していないので、どうも記憶があやふやで、

 デプン寺に関しても : 「ラサの北西に位置するゲルク派最大の寺院」「ダライ・ラマ5世の寝殿があった所」など、断片的な知識しか残っていないのです。 このお寺まで「どんな場所を通って行き」、境内はどんな様子で「何を見てきたのか」、帰国後写真を見ても思い出せない。恥ずかしながら記憶の糸が途切れているようです。

 覚えているのは、中庭に設置してあったソーラー湯沸し器と、"御柱"状の柱だけ。



御柱?

ここにも  " "御柱?"
ゲルク派

 チベット4大宗派(他はニンマ派・サキャ派・カギュ派)の一つで、現チベット仏教界では最大の規模。

 15世紀、乱れていた(どんな状態かわかりませんが)仏教界の中で、戒律を厳しく守ることで原点への復帰を目指した開祖ツォンカパ。妻帯が禁じられているのは、唯一この宗派だけだそうです。

 観音菩薩の化身、と言われるダライ・ラマもゲルク派です。



"御柱?"

 チベットの寺院の中庭やお堂の前面に、このような柱が建っているのを良く見かけました。これ諏訪大社の"御柱"と「似ている?!」と感じたのですが、何か関連があるのでしょうか。

 気になって仕方がないので、今後の自分への宿題といたします。


Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

セラ寺

 河口慧海が学んだことでも有名なセラ寺。"しおり"には「鳥葬台を特別拝観」とあったので楽しみにしていましたが、買い物時間の追加とチベット山岳協会の方々との夕食会が飛び入りで入ったため、鳥葬台どころか内部の見学もカット。境内に点在する岩描仏を見ながら、タンカ台までの散策と相成りました。

岩に描かれた仏様

寺院内には、岩に描かれた仏様が点在

タンカ台のある高台まで登ると、境内が一望できます


Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

成都へ


朝日


ヤルツァンポ川の黎明 : ラサを去る日

この日のように、チベットにも明るい未来が訪れますように !



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ



ポタラ宮殿

「チベット編」に戻る
日本編

「日本編」に戻る
海外編

「海外編」に戻る

Valid HTML 4.01 Transitional