ポタラ宮殿 チベット
Button to English Versionto English Version

Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

 2000年4月、大町山岳博物館創立50周年記念の「友の会チョモランマBC"調査"トレッキング」がありました。仲間とのんびり"トレッキング"、のつもりで参加しましたが、この時の隊長が肩書き大好きな曲者で、何時の間にか隊は"公的"な行事に昇格。トレッキングどころか、"目的達成のため"ただジープに乗り続けるだけの強行軍に様変わりしていました。

 とは言え、過ぎてみれば嫌なことは総て忘れ、思い出すのは雄大なチョモランマの姿と美しいポタラ宮の佇まい。そして気になったのは、領有権を主張する大国中国の横暴さ。歴史をみれば、この国が独立国だと言うことは一目瞭然ではないですか。西洋人の目から見た中国侵攻は、ブラッド・ピット主演のセブン・イヤーズ・イン・チベットで、チベット側(ダライ・ラマ14世サイド)から描いた歴史はクンドゥンで、是非是非ご覧下さい。

チョモランマへの道

チョモランマ(エベレスト)への道



イラストマップ ユムブランカ ツェタン ラサ ヤムドク湖 ギャンツェ タシルンポ サキャ南寺 5220mの峠越え パンラ ロンブク寺 チョモランマBC ペルーチ村のロッジ

Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

中国

「中国・チベット編」に戻る
日本編

「日本編」に戻る
海外編

「海外編」に戻る

Valid HTML 4.01 Transitional