ポタラ宮殿

チベット


Button to English Versionto English Version

Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

エベレスト・ロード

4月29日(第5日目)

06:00 起床、07:00 朝食、07:30 出発

新定日(4280m)−パン・ラ(5150m)−ロンブク寺(5000m)−チョモランマBC(5200m)−ペルーチ村(4120m)泊



検問所
 ホテルを出てしばらく走ると検問所。パスポートが集められ、ガイド氏に厳しい顔で「車からは降りないで。写真も駄目」、と言われると車内には一瞬緊張がはしります。

 すぐに通過出来ると思っていましたが、結局ここで30分。あまりにも待ち時間が長いので、外の様子を隠し撮りしてしまいました。こんな時には、シャッター音のしないデジカメは有り難いものですね。




分岐点

チョモランマへの分岐点

右がダムを経てネパールへの道、左がチョモランマBCへのエベレスト・ロードです


Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

パン・ラ(峠)

感動の一瞬、この峠からは8000m級の山が五座見えます。

パン・ラ(峠)

メンバーの背後に見えるヒマラヤの峯々は写真左から、

三角形のマカルー(8481m)、チョモランマに半分隠れたローチェ(8511mと8383m)、
世界最高峰のチョモランマ(8848m)、台形の峰のお隣に小さく見えるプモリ(7165m)…、
間をおいた右端の山塊がギャチュンカン(7952m)とチョーオユー(8201m)

Sketch of Chomolungma

マカルー、ローチェ、チョモランマ、プモリ、ギャチュンカン、チョーオユー

North Face of Chomolungma from Pang-la pass (5150m)  :  copy by YOKOCHI Yasuo




チョモランマへの道

パン・ラ(峠)から延びるチョモランマへの道


Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

ロンブク寺

 5150m のパン・ラから標高差1000m ほどを一気に下ると、今夜宿泊を予定しているペルーチ・パムスなどの集落があります。荒涼とした景色ばかり見てきた目には、小川の流れや木立ちの緑、村人の衣装がまぶしいほど。ここで一休みした後は、"西遊記"にでも出てきそうな風景の中をひたすら走りつづけ、車はやがて再度高度を上げていきます。

ロンブク寺

5000m、という世界最高所にあるロンブク寺院からの

"宇宙を支配する母なる女神" : チョモ・ラン・マ(Chomolumgma)


Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ


「チベット編」の続き


ポタラ宮殿

「チベット編」に戻る
日本編

「日本編」に戻る
海外編

「海外編」に戻る

Valid HTML 4.01 Transitional