ポタラ宮殿

チベット


Button to English Versionto English Version

Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

ツェタン(沢当)

4月26日(第2日目)

04:00 起床、04:30 成都空港へ、06:40 中国西南航空(SZ4401便)にてチベットへ、08:40 クンガ空港着

成都(630m)−クンガ空港(3561m)−ツェタン(3320m)−ユムブ・ラカン見学ーツェタン・ホテル泊



クンガ空港

チベットの空の玄関口 : クンガ空港 (標高3561m)

 2000年4月26日、大町山岳博物館創立50周年記念、「友の会チョモランマBC"調査"トレッキング」の一員として、クンガ空港に降り立ちました。空港前の広場で、これから7日間行動を共にする現地スタッフ、ガイド氏・女医さん・運転手の方々、と初顔合わせ。本日は高度順応を兼ね、ラサよりやや標高の低い(と言っても3300mはあります)ツェタンへの移動です。はやる心を4台のランドクルーザに分乗させ、ヤルツァンポ川沿いに下ります。


Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

ユムブ・ラカン

ツェタンのホテルで「ここがチベット人発祥の地」と建国伝説の説明を受け、
車で30分ほどの"ユムブ・ラカン"へと向かいます。

 チベットはかつて海の底。水がひいた荒野の洞窟に、観音菩薩の化身"猿"が瞑想のため住むようになった。そこへ"羅刹女(人食い鬼)"がやってきて、「前世からの因縁がある」と結婚を迫った。

 「断れば多くの人を殺す」と脅された"猿"は結婚を承諾。2人の間に生まれた6匹の子猿達は、成長するにつれ尾や体毛がなくなり、やがて人間(チベット人の先祖)となる。 彼らの子孫は瞬く間に地に満ちて、BC2世紀にこの地を支配するようになったのが、チベット初代の王、"ニャティ・ツァンポ"。

 彼が"ユムブ・ラカン宮殿"を築いた、紀元前127年がチベット歴元年です。

ユムブ・ラカン

チベット最古の建造物"ユムブ・ラカン" : 文化大革命で破壊され、現宮は1983年の再建

 岩山の上にスックと建つ、姿はとても美しいのですが、ラサより標高が低いと言ってもここは富士山の8合目クラス。軟弱な我が身には、この登りがこたえます。つい最後尾になり雄弁なガイドさんの説明も、追いついた頃には終わっている、という始末。残っているのは印象的な「これは"メス鹿の後脚の上に建つ"という意味です」のフレーズだけ。それって岩山の名前なのかしら、それとも"ユムブ・ラカン"のこと?



 紀元前127年と言うと、中国では漢の武帝が匈奴対策に頭を悩ませていた頃で、そのお隣の日本では、まだ弥生時代。 「奴国王朝貢、金印を賜う」と、初めて中国の歴史書に倭(日本)の名が現れるのは、これより200年ほど後のことになります。

 チベットって歴史が古いんですね。



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

タシルンポ寺

4月27日(第3日目)

07:00 起床、07:45 朝食、08:30 出発

ツェタン(3320m)−シガツェ(3836m)−タシルンポ寺見学−シガツェ・ホテル泊



 空港までは昨日来た道を戻り、ヤルツァンポ川に架けられた曲水橋を渡ってから左折、ラサとは反対方向の西への道を走ります。川沿いの道は平坦で、車に乗っている限りはあまり高度を感じません。メンバーの意気も盛んで、中々快調なツァーの滑り出しと言えます。

 チベット第2の都市、シガチェ到着は16:30。「部屋に荷物を置いたらすぐ集合」と、出かけた所がタシルンポ寺。軽い高山病にかかっているのか全身がだるく、お寺の威容を前にして「エーッ、こんなに広いの!」。皆さんについて歩けるかどうか不安になってしまいました。

タシルンポ寺

向かって右に見える大きな白壁は、巨大マンダラをかける場所


タシルンポ寺豆知識 : 戒律厳守のゲルク派開祖"ツォンカパ"。その弟子"ゲンドゥン・トゥブ"が1447年に建立した寺。16世紀に入り、転生者がモンゴルの王より"ダライ・ラマ"の称号を得たため、2人の前世者も遡って"ゲンドゥン・トゥブ"は観音菩薩の化身、初代"ダライ・ラマ"と呼ばれるようになった。

僧王"ダライ・ラマ" : ゲルク派は、論理的教義と僧院制度で次第に他の宗派を圧倒、17世紀にはチベット仏教界最大組織となる。それを背景に"ダライ・ラマ5世"はラサ・ポタラ宮を造営、ここに移り住んだ。僧侶であると同時にチベットの王でもある、僧王"ダライ・ラマ"の歴史はここに始まった。

 建国神話の"猿"のこと覚えていますか? "ダライ・ラマ5世"以降300年の間、父親の血を引き継いだチベットの民は、観音菩薩の化身"ダライ・ラマ"の治世のもと、平和への道を追求しつづけ、稀有なチベット文化を育んでいくことになります。



寺院内で出会った僧侶達

ゲルク派の僧侶達
パンチェン・ラマ : 当寺の僧院長、阿弥陀如来の化身とされる"パンチェン"は、"ダライ・ラマ"に次ぐ高位の転生者だが世俗的権力はない。

 "ダライ・ラマ14世"のインド亡命後(1959年)、中国側が世俗的権力を付加し政治的に利用したのが先代"パンチェン・ラマ10世"。

 彼の死後(1989年没)、11世の認定をめぐってチベット亡命政府側と中国の間で食い違いが生じている。


 見学の最後が、中国が威信をかけて建立した、と言うパンチェン・ラマ10世の霊塔でしたが、疲れもピークで頭も働かない。それより気になったのが向かいの中庭に建つ一本の柱。「あれっ、まるで" 御柱"みたい?」。帰国してから調べてみると、「タルポチェ:天と地をつなぐ聖なる柱」とあります。諏訪の御柱との関連やいかに。


Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ


「チベット編」の続き (サキャ寺へ)


ポタラ宮殿

「チベット編」に戻る
日本編

「日本編」に戻る
海外編

「海外編」に戻る

Valid HTML 4.01 Transitional