トルコの国旗

トルコ


Button to English Versionto English Version

Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

トルコ再訪

 1996年9月 : アパートを借りていたアテネからイスタンブールへ飛び、カッパドキアに行くはずだったトルコ再訪。満席で行き先を変更せざるを得なくなった時から、私は不思議な流れにのってしまったようです。

トルコリラ
「トルコリラ」

 今回のトルコの玄関はイズミール空港。ここの両替所でこの紙幣を渡されまずビックリ。200ドルの両替でこの100万リラ札がなんと17枚!正確には17,459,000リラありました。

 急に大金持になったような気持ちです。

 始めは店でミネラルウォーターを買ってもゼロを数えるのに苦労しましたが、そのうち日本円に換算する簡単な方法は「下のゼロ3つを取り、1.2倍にする。」とわかりました。



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

トルコの国鉄

トルコ国営鉄道

トルコ国営鉄道 「TCDO」
 エフェス遺跡の町セルチュクまでのバス便はないといわれ、2時間後に出るという列車に乗ることにしました(イズミールに行けばトルコ各方面にバスが出ています)。

 空港待合室から連絡橋で結ばれた駅は閑散としています。数時間に1本しかここを発着する列車はないのですから無理もありません。

 その上「トルコの鉄道は遅れがち」とどのガイドブックにも出ていました。まあ気長に待つことにしましょう。


 ですから、わずか数十分の遅れでこの列車がホームに入ってきた時には感激しました。1時間以内に着く予定のセルチュクまで1時間半かかっても、広々とした大地を悠然と走るこのおおらかさには代え難い。鉄道ファンの気持ちがわかる気がしました。



 すっかり暗くなっていたセルチュクの駅には、ペンションの客ひきが待ち構えています。今夜は人の良さそうなジェム君のペンションに泊まることにしました。 ディスカゥント料金で、550,000リラ(約660円)でした。

トルキッシュ・ピザ

トルコのピザ : 「150,000リラ」
ブラッキー

雑貨屋さんの主 : 「ブラッキー」

 夕食はこのトルキッシュ・ピザとサラダにコーヒー。隣は何度か買い物に寄った雑貨屋さんの堂々とした黒猫ちゃんです。



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

アフロディシアス

 デニズリからパムッカレに直行するつもりが、「素晴らしい遺跡があるんですよ」 と朝食時にペンションの人に勧められ、同宿になった人達と参加した6時間ツアーがここ「アフロディシアス」でした。

 アフロディテ神殿

アフロディテ神殿

 この神殿はとても優美で気にいりました。特に周囲の風景との調和が素晴らしい。



メドゥーサ

「メドゥーサ」(かな?)
 博物館に行くと、つい「メドゥーサ」の姿を捜してしまいます。

 彼女は女神、ヘビは豊穣と再生のシンボル。

 そんな彼女やヘビが悪者にされるのは、戦闘的な男性主導の文化が入って以降(特にキリスト以降)だと思いますので、それより古い時代に生きていた彼女に会いたい。


 このアフロディシアスのツアー代は600,000リラ(約720円)。入場料は遺跡、博物館それぞれが190,000リラ(約238円)でした。



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

パムッカレ

パムッカレの夕陽

パムッカレで見た夕陽。あまり美しいのでついここに連泊してしまったほどです。

 ペンション、ホテルの乱立で温泉が涸れつつあるパムッカレでは、夏のシーズン中しか放水していないとか。それで前回、春にきた時には水がほとんどなかったのですね。今回は石灰棚からお湯が溢れて絵ハガキそのものの景色が展開していました。それにしましても、行き交う人のほとんどが水着姿というのはなんとも不思議。山の上に忽然と現れた海水浴場といった趣でした。

 数年後には石灰棚上の5つのホテルは閉鎖されるとききました。これらのホテルに泊まりたいと考えている方、早めに実行された方がよろしいようですよ。




Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

「レッド・パムッカレ」

 7キロ程先の隣り村、カラハユトには「紅葉の色をした石灰岩がある」と聞いていましたので、翌日パムッカレからミニバス(ドルムシュ)で15分の「クズル・ウルジャ」へ行ってきました。名前が覚えにくければ「レッド・パムッカレ」でも通じます。

レッド・パムッカレ
 これは鉄分を含んだ温泉のため石灰岩が赤茶色に変色したものだそうです。パムッカレのスケールが雄大なので、村外れにポツンと置かれたようなこの岩を見て

 「ん、これだけ?」なんて失礼なことを思ってしまいました。
パムッカレだけでは物足りないという人向き。


「源泉」

源泉
 遺跡の上にあることで有名な「パムッカレ・モーテルのプール」の温泉湧き出し口です。プールの通路を渡り右に曲がったところがここ。プクプクと泡が出ていて、指を入れると細かい泡が付いてきます。

 これは飲用にも適しているとあって、木陰では水を汲みにきた数組の家族連れが涼んでいました。




「遺跡プール」

 このプールの入場料は 400,000リラ(約360円)。底にゴロゴロしている遺跡の柱などを伝いながら移動したり、石材の上でボーッとしているだけでも楽しめますので泳げない方でも大丈夫。ちなみに平均的な深さは156cmの私の首ほどでした。

 泳ぎの達者な人たちはロープをくぐって深い方へ。私も壁伝いに行って見ましたが、ここの水は上記の湧き出し口に近いのでとてもきれい。と、そこにいた人が水中めがねを貸してくれて「覗いてみろ」というジェスチャー。予想に反し 「ワァー、深い!」 2mぐらいだと思っていた時は泳げたのに深さを知ったら怖くて泳げなくなってしまいました。

 どうやら世の中には、知らない方が良いということもあるようですね。



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ


「トルコ編」の続き


トルコ編

「トルコ編」に戻る
日本編

「日本編」に戻る
海外編

「海外編」に戻る

Valid HTML 4.01 Transitional