ベトナム国旗

ベトナム


Button to English Versionto English Version

Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

フエからホイアンへ

 フエからホイアンまで 5ドルのツァーバスを利用しました。8時にフエを出発したバスは、ランコー・ビーチ、ハイヴァン峠、チャム博物館、五行山などに立ち寄りホイアン着は15時でした。



チャム彫刻博物館

 千年以上前、ベトナムに栄えた王朝チャンパ。その芸術作品、石造彫刻を展示してあるのがこの博物館。プノンペンの博物館で見た彫刻と似た物も見かけましたが、それはこの王朝が アンコール王朝 とも関わりがあったから。

チャム彫刻博物館
 12世紀、チャンパ軍はメコン川を遡りシェムリアップに到達、無防備であったアンコールの都を落とした。そして4年間にわたって都城を支配し、財宝・寺院彫刻をベトナムに持ち帰ったといいます。

 その時の教訓が後に、難攻不落の都  「アンコール・トム」  の造営に結実したということなんですね。


 バイヨンの回廊浮き彫りにはジャヤバルマン7世(クメール軍)がいかにチャンパ軍と戦いそれを撃退したかが描かれています。アンコール・トムに行かれることがありましたら忘れずに見てきて下さい。

 この博物館の彫像の中で興味深かったのは動物彫刻の展示室。各種の動物をミックスしたようなユニークで微笑ましい作品が並んでいました。たとえば、体は象で足がライオン風とか、顔は竜のようだけれど体は牛のようだとか、どれもが丸っこくてずんぐりしていて漫画チックなのです。



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

五行山(マーブル・マウンテン)

 20人ほどのツァーバスの乗客のうちこの山に向かったのはたった4人。入場料40,000ドン也を払っていると土産物を載せたお盆を手にした女性たちが数人寄ってきました。彼女らはまるで打ち合わせでもしてあったかのように1人に1人つき先導をはじめました。

五行山
展望台からダナンの町の遠望

 この山には洞窟が多くほとんどの祠の中には仏像が安置されていました。彼女たち 「あそこにもブッダがいる」 「今度はこっち」 「あっ、そっちは行っちゃ駄目」 とガイド役。

 「1人で見て歩きたい」


 展望台へも胎内くぐりなみの暗く狭い穴をよじ登って行くのですが、ここで片手に懐中電灯、片手にクーラーを下げた新手の登場です。まあ確かにこの場所だけは、明かりがないと登れなかったかもしれませんから、後程水を買わせて(買わされて?)もらいました。


Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

洞窟寺院

 展望台を下りしばらく歩くとまたもや洞窟。暗闇の中を手さぐりで進むとスポットライトをあびたお堂の前に。 「ここにアメリカ軍の爆弾が落ちた。あれはその時開いた穴」

五行山内部

その穴から射し込む光とお線香の煙の奏でる不思議なハーモニー



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

ホイアン

 この町にはかつて(16〜17世紀)タイのアユタヤなどと並んで日本人町が造られ交易の中心として栄えていたといいます。街並みは木曽路や東海道の宿場町のような雰囲気でここがベトナムであることを忘れそう。



来遠橋(日本橋)

 当時を偲ばせる物はといえば屋根付きのこの「来遠橋」。この橋をはじめいくつかの旧家、寺院、博物館など様々な施設が観光客に解放されています。各施設の入場料は10,000ドン。 4枚つづりの観光チケットと地図は市内数個所に設けられたチケットブースで手に入ります。これを片手に、さあ町に出てみましょう。

来遠橋(日本橋)
 町には焼き物をあつかった骨董屋(土産物店)が多くて、古い物好きの私としては見ないように歩くのが大変なほど。(ベトナムは骨董品の持ち出しに厳しいのでご注意を)

 入場見学のできる「101番」、「77番」などの旧家に入ると家主が「あそこがジャパニーズ・スタイル」と梁の近くを指差します。「確かにここに日本人が住んでいたんだ」 と実感。


 この日は停電で、夕闇がせまると家ごとにロウソクが灯され一挙にタイムスリップ。明治初期、日本を訪れた外国人もこんな風景を見、感慨にふけったのでしょうか。


Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ

「セラミック博物館」

 古い商家を利用したこの博物館の入り口には、ベトナムの焼き物を世界の国々へと運んで行った船の模型がおかれ当時に思いをはせる手助けになってくれています。

セラミック博物館
 貝殻のついた皿や茶碗の並ぶコーナーでは、日本の大学の協力で沖合いに沈んだ船からセラミックが引き上げられたことがパネル展示で紹介されていました。

 古い家屋の復元や保存にも携わっているようで、こういう海外での技術協力は一国民としましても誇らしいことです。

 感想 : 本音をいいますと博物館に展示されている焼き物より、旧家の室内や骨董店の店先に置いてある物の方が良いものが多かったように思いました。



Control Buttons 最初へ 前へ 次へ 最後へ


「ベトナム編」の続き


ベトナム編

「ベトナム編」に戻る
日本編

「日本編」に戻る
海外編

「海外編」に戻る

Valid HTML 4.01 Transitional